So-net無料ブログ作成

アルクトゥルスの集団 : 銀河の郵便局 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの集団
The Arcturian


銀河の郵便局
The Galactic Post Office



Arcturian Transmissions to our Inter-Galactic Emissaries Part 3
Wednesday, October 29, 2014 Posted on Oct 31, 2014

スザンヌ・リー経由
Channeled by Suzanne Lie



GalacticMail.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイアの真の周波数である故郷に向かう大切なガイアを支えている私達の親愛なる光の使者の皆さんへ。


 


その通り、やや長いひとつの導入部ですが、しかしわたし達にとって、時間はなく、言葉の分離もありません。

 

皆さんは皆さんの今という一瞬を選択して、わたし達のメッセージを感じようとするでしょうか?

 

今後皆さんは、言葉ではなく、わたし達の一体性のこころそのものから皆さんにわたし達のメッセージを送る無条件の愛の搬送波で、わたし達が既に記述したものを感じることになるでしょう。


 


わたし達がどれほど皆さんを愛し、支えているか、それを感じてください。

 

皆さんはわたし達の無条件の愛と不変な導きに値すると一度皆さんが認めてしまえば、今後皆さんは、わたし達のメッセージの周波数の波形を広げることができるようになるでしょう。

 

こうしたメッセージが皆さんの高いこころとさらに高い意識状態に入り、それで皆さんがこうした波形を皆さんの3次元の言語体系に翻訳できる状況を、ぜひ認めてください。


 


わたし達は、さらに高い自己の中の皆さんの自己であり、わたし達の最愛なる志願者達が指導者になる訓練をする過程を進めています。

 

皆さんが皆さんの次の現実性に向けて急速に向上する時、さらに高い数々の次元とその3次元の地上の身体の中で、その真の自己との間を結び付けることができる地に足を付けた人々の特定の集団が存在することが、今後は不可欠なものになるでしょう。


 


その結果こうした志願者達は、その地上の身体の自己を経由してそのメッセージを共有して、居住者達を変容させているガイアに向けてそれを送ります。

 

今後一部の皆さんは、人類、幾つかの動物または自然力を導くことになるでしょう。

 

今後自然力は、ガイアの地、風、炎、そして水の変容を支援して、3次元の惑星を変えることになるでしょう。


 


わたし達の鯨目の仲間の一員達は、今後水のすべての世界の指導者達になるでしょう。

 

親愛なる皆さん、その通り、皆さんの今という瞬間の内部には、地上の水の数々の世界があります。

 

今後大地の管理者である人類と水の管理者である鯨目が協力して、その真の振動に戻る母なる地球の過程で地球を支援することになるでしょう。


 


皆さんが個人的な次元上昇の過程と惑星の次元上昇の過程を結び付ける時、皆さんはガイアを支援するだけではなく、またガイアも皆さんをさらに多く支援することができます。

 

惑星の次元上昇の秘訣は、すべての生命との統一意識です!

 

それは、今まで皆さんが皆さんの敵として把握してきた人々も含めた、すべての生命を意味します。


 


あらゆる人が内面の光を持ち、それがどれほど小さく見えようとも問題ではありません。

 

もしもその人々内面の光を持たなかったとすれば、その人々は死んでいるでしょう。

 

たとえ皆さんがそれに気付かない可能性があるとしても、皆さんの意識が皆さんの地上の身体の内部に留まることを許すものは、皆さん自身の内面の光です。


 


わたし達の次元間の使者である皆さんが、皆さんの先天的な能力に目覚めて、皆さんの多次元的な自己のさらに高い表現と並行して奉仕する時、今後皆さんは皆さんの高められた意識に戻る一方で、依然として皆さんの地上の身体を身に着けているでしょう。


 


わたし達は、この仕事が皆さんの3次元の意識に困難に見える様子を理解します。

 

わたし達が、皆さんの多次元的が自己と結び付き、その結び付きに留まる方法を思い出す際にわたし達が皆さんを支援することを認めるようにすべての皆さんに勧めているのは、これがその理由です。


 


 


***


親愛なるアルクトゥルスの集団、


わたしは上記のわたし達内的な次元の使者達へのメッセージを完了させることができませんでしたが、しかし既にわたしは今瞑想をしていて、わたし達が中断した話を続けたいと思います。

 

どうか、あなた方がわたしの瞑想の中でわたし達に伝えた内容を思い出すために、わたしを支援してください。


 


 


親愛なる使者達、


わたし達は喜んで、皆さんの現在の意識状態に対するわたし達のメッセージを繰り返します。

 

その意識状態は、皆さんの以前の意識よりもわずかに低い状態です。

 

しかしその一方で、この意識状態を経由して、皆さんは物質的な数々の世界と同時に数々の神聖なる世界の両方をさらに良く経験することができます。


 


わたし達は、わたし達の親愛なる使者達に、今という瞬間はすべての皆さんが皆さんの真の多次元的な自己に目覚める時だと、伝え続けました。

 

皆さんの銀河と天の仲間の一員であるわたし達は、皆さんを現役勤務に召集し続けています。


 


現役勤務という言葉によってわたし達が意味することは、皆さんが今という瞬間に、皆さんが転生する前に皆さんの自己のために創り出したその任務を積極的に実践するということです。


 


しかし、わたしの任務は何なのか?と皆さんは尋ねるかもしれません。


わたしはそれを思い出すことができない。


 


わたしの親愛なる仲間の一員達、それで結構です。

 

皆さんは、皆さんの3次元と4次元の意識の中で皆さんの任務を思い出す必要はありません。

 

皆さんは、今という瞬間がそれを達成した時まで、皆さんのさらに低い意識の状態に対するその秘密を忘れるほど、充分に賢明でした。


 


既に皆さんは、数々の嘘と幻影に溢れたひとつの現実性の中で暮らし続けています。

 

従って、皆さんの任務を純粋な状態に維持するために、今まで皆さんは、皆さんの現世の意識からそれを隠してきました。

 

わたし達は、より一層多くの皆さんが、既に5次元とそれ以上の次元に向けて皆さんの意識を拡大していることを確認します。


 


従って、皆さんは毎日、皆さんのさらに多くの任務を思い出しているところです。

 

それは何時も、皆さんが皆さん自身の光の身体の内部でありふれた風景の中に隠れることができるまで、皆さんが皆さんの自己を思い出さないように意図されました。

 

それはどのようにして可能だったのでしょうか?

 

こうした比較的低い認知は、ただガイアの物質的な世界に基準調整されているだけです。


 


今、わたし達の大切な志願者達である皆さんは、皆さんの5次元の意識に目覚め続けていて、皆さんは漠然とまたは明確に、そしてその両方で、この巨大な変容の今という瞬間の間に皆さんが地上の身体に入る選択をした理由に気付き続けています。


 


皆さんがこうしたさらに高い考え、情緒、そして認知を持ち始めている理由は、皆さんの意識が5次元とそれ以上の次元に向けて、そしてその次元から、揺れ動いているからです。

 

今までわたし達は、皆さんがこの姿を選択して以降、できるだけ沢山皆さんを保護すると同時に、皆さんがわたし達を把握できる時に皆さんを導くために、皆さんに光を当て続けてきました。


 


既に皆さんは、数多くの名前によってわたし達を認識し、わたし達はそのすべてを喜んで受け入れます。

 

わたし達は、3次元のひとつの自我に妨げられることはありません。

 

そのためわたし達は、今まで皆さんがどの手段によって皆さんの意識をさらに高い数々の世界に向けて拡大してきたのかは気にしません。

 

皆さんは皆さんが着用している粘土の身体以上のものであることを既に皆さんが思い出していることを、まさにわたし達は喜んでいます。


 


皆さんがわたし達に対して皆さんの意識を広げるにつれて、皆さんの意識はさらに深く拡大します。

 

既に皆さんが気付いているかもしれないように、皆さんの意識が拡大する時、皆さんはさらに高いひとつの視点から、皆さんの現実性を確認し始めます。

 

かつて不可能だった物事が皆さんの人生の目標になり、そしてかつて皆さんを健忘症の泥沼に引きずり込んだものは、日々衰えているところです。


 


皆さんの意識を低下させ、皆さんを幻影に直面させた数々の出来事は、変化を怖れる者達によって念入りに計画されました。

 

こうした者達は、他者を支配しようとする権力の波長分布の内部にいて、ただ他の人々に対する優位な支配の権力を感じることによって、その者達自身の力を測定するこができるだけです。


 


こうした道に迷った者達は、毎日さらに多くの権力を失い続けています。

 

さらに高い4次元と5次元に向けて意識を広げるあらゆる皆さんが、その者達の心霊的な権力の及ぶ範囲を遥かに超えています。

 

その結果、皆さんがその者達に無条件の愛を送る時、皆さんはその者達を完全に混乱させます。


 


今までその者達は、その人生をその者達が手にするあらゆる人々とあらゆる物事に対する全面的な支配を持つことを基準にしてきました。

 

皆さんはその者達の挙動のマトリクスを混乱させ、そしてその者達は、対応する方法を認識しません。

 

幸いにも、より一層多くのその者達が、その光を見上げて、この固有の経験の源泉に気付き始めています。


 


怒りと支配の中で生きる人々は、密かに愛と友情を切望します。

 

その者達は、今まで利己的になり、他の人々に意地悪くなるように訓練されてきました。

 

従って、その者達に無条件の愛と親切を送ることによって、皆さんはその者達を再教育することができます。

 

皆さんは、個人的にこれを行う必要はありません。

 

そして今後その者達は、この支援を受け取っている方法と誰から受け取っているかという事実を、決して知ることはないでしょう。


 


今後その者達の一部は皆さんの無条件の愛の癒しの力に抵抗することになりますが、しかし他の者達は、喜んでその力を受け止めることになるでしょう。

 

わたし達のとても勇敢な数多くの志願者達が、既に内部からその闇と連携することを選択していることを、皆さんは確認します。

 

今までその者達の一部は、その者達が癒すことを選択しているその闇そのものの内部で、一時的に路に迷ってきました。

 

しかし今後その者達は、さらに高い数々の次元に戻されて、完全に癒されることになるでしょう。


 


わたし達は今、皆さんに闇について伝えます、何故なら皆さんは、変化のための数々の巨大な変化が存在するひとつの今という瞬間に現れ続けているからです。

 

今後一部の皆さんは、さらに高い数々の次元の現実性に向けてその道を照らし出し、一部の皆さんは変化の巨大な混乱に秩序を持たせる際に支援することになり、そして一部の皆さんは闇の者達を癒す方向で努力する決断を終えているでしょう。


 


皆さんの世界は巨大な変化の先端にいるという理由から、今まで怖れ、戦争、飢饉、そして人口の物質的な病気を経由して支配してきたその闇の者達は今、非常に脅えるようになっています。

 

その者達は内面で、その者達の支配がひとつの結論に達している事実を認識しています。

 

そしてその者達が唯一戦うことができないものが、皆さんの無条件の愛です。


 


今まで目に見えぬ形で皆さんの現実性を支配してきた者達に皆さんが(怖れと怒りの代わりに)無条件の愛を送り続ける一方で、また皆さんは、他のあらゆる個人、場所、状況、そして物事に、無条件の愛という壮麗な贈り物を与え続けています。

 

わたし達の皆さん、その通り、物事は、今までそれを利用してきた人間の本質と伴に生きています。


 


皆さんはすべて、わたし達の浄化チームの一員になるように呼び掛けられています。

 

今後皆さんは、無条件の愛で皆さんの現実性からより低い現実性の周波数を解き放つことによって、その周波数を一掃することになるでしょう。

 

わたし達は、何故わたし達はその周波数を解き放っているのか?わたし達はその周波数を征服するべきではないのか?という皆さんの集団的な質問を聞きます。


 


わたし達は、親愛なる多次元的な仲間の皆さんに、征服することは、今までその者達が皆さんに行ってきたことだということを気付かせます。

 

もしも皆さんが、今まで皆さんに行使されてきたその闇を今までその闇を送ってきた人々に戻すなら、皆さんは既にその闇とのひとつの同盟を創り出しています。

 

それは、その者達の最もいかがわしい策略です。

 

皆さんがその者達を支援しない限り、その者達が行うことができないひとつの物事は、皆さんをその者達のように行動させることです。


 


もしも皆さんが、その者達が皆さんに行った物事をその者達にするなら、その結果皆さんはその者達のように行動していることになり、そして既にその者達は、皆さんをその者達の闇の蜘蛛の巣に捕らえています。

 

皆さんが皆さんの地上の身体を身に着けている間、物質的な世界は非常に重要に見えます。


 


皆さんの物質的な認知は、毎日皆さんの現実性により一層多く入り続けているさらに高い周波数の光の数々の流れを把握することができません。

 

皆さんの物質的な感覚は、わたし達の不断の導きを聞くことも、わたし達の変わらぬ無条件の愛を感じることもできません。


 


絶えず皆さんに打ち寄せ、そして皆さんを通して打ち寄せる多次元的な光と無条件の愛の知識がなければ、皆さんはひとつの敵対的な惑星の上で追い詰められている、そしてひとりだと感じます。

 

わたし達の最愛なる皆さん、わたし達がこうした伝達をわたし達の天と銀河の仲間達である皆さんに直接送っているのは、これがその理由です。


 


今までこれほど数多くのわたし達の志願者達が、癒すために現れた物質的な現実性に混乱し、一時的に負けてきました。

 

従ってわたし達は、わたし達のエネルギーを、依然として皆さんの自己に目覚めている皆さんとの連絡に捧げています。


 


惑星の次元上昇の過程は、ひとつの長距離走にかなり似ています。

 

余りにも早く始めた人々は、かなり疲れて進み続けることができません。

 

しかしその一方で、その競争の背後に追随するワゴン車があり、これ以上前に進むことができない人々を拾い上げます。

 

今後休む必要がある人々は、その競争に再び参加することができるまで、癒されることになるでしょう。


 


その競争の中で一貫して進み続けることができる人々は、これはその人々が勝つ必要があるひとつの競争ではないことを、既に学んでいます。

 

その代わりに、これはその人々が完了することを望むひとつの競争です。

 

この競争を完了するために、その人々は自分自身を調整する必要があります。

 

その人々が疲れる時は休み、その人々が空腹な時は食べて、そしてその競争の中で他の人々と仲良くすることが必要になります。


 


これは、皆さんが完了することを望む、皆さんの自己に戻るひとつの競争です。


その競争から脱落してそのワゴン車に拾われた人々について、心配しないでください。

 

その人々は、一度休んでしまえば、この素晴らしい集団の努力に復帰することになるでしょう。

 

こうした人々は、その人々が皆さんの時間の長い期間全体を維持することができるその速度にまだ気付いていません。


 


親愛なる仲間の皆さん、わたし達は、皆さんの地上の身体に良く配慮すること皆さんに気付かせます。

 

人間の地上の身体は、皆さんの真の光の身体と比較すると非常に脆弱であり、そして食料が与えられ、綺麗にされ、休みを取らせ、愛と笑いで育まれることが必要です。

 

親愛なる仲間の一員達、最後として、皆さんは皆さんの地上の身体を定期的に慎重に注意を向けなければならないことを、わたし達は皆さんに気付かせます。


 


内部の奥深くでは、皆さんの物質的な地上の身体の脊柱は皆さんの多次元的な光の身体であることを、どうか忘れないでください。

 

わたし達は、皆さんが明確に受け取ることができるように、この内的な光の身体に向けてわたし達のメッセージを送ります。


 


そして、皆さんが瞑想する時間を持つ時、皆さんは皆さんの光の身体へと進み、わたし達が今問う瞬間の内部で皆さんに絶えず送るそのメッセージと同時に、無条件の愛と無条件の光を読み出すことができます。


 


わたし達は、皆さんの地上の身体が時間と空間に拘束されることを良く理解します。

 

皆さんが瞑想をして皆さんの意識をさらに高い光の周波数へと拡大することができるひとつの空間に向かうその時間を持つ時、今後皆さんは唯一わたし達の数々のメッセージを受け取ることができるようになるでしょう。


 


瞑想をした後、皆さんの意識は充分に拡大されて、皆さんの自己の内部を振り返り、皆さんの多次元的な自己が既に皆さんの5次元の光の身体の中に投函してある何らかの個人的なメッセージを受け取ることになるでしょう。

 

このようにして、皆さんの光の身体は、ひとつの郵便局に似ています。

 

皆さんはその中で、皆さんの自己のさらに高い表現が既に時間と空間を超えたところから配達してある何らかのメッセージを拾い上げます。


 


わたし達はいつも皆さんと一緒にいることを、どうか忘れないでください。


皆さんはいつも、わたし達と連絡を取っています。


何故なら皆さんの銀河と天の仲間であるわたし達は、いつも皆さんと一緒にいるからです。


 


数多くの祝福を、


 


わたし達は皆さんの真の自己に属する、アルクトゥルスの一員です。


わたし達は、今後必ず皆さんの自覚的意識に戻ることになるでしょう。

 

何故なら、今後わたし達は決して離れることはないからです!





http://suzanneliephd.blogspot.com/2014/10/arcturian-transmissions-to-our-inter_29.html 

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。