So-net無料ブログ作成
検索選択
メサの人々 ブログトップ

メサの人々 The Mesa people ゼロ・ポイント、そしてゼロ・ポイントを通して新しい数々の現実性に向かう皆さんの架け橋を築き上げる [メサの人々]

メサの人々
The Mesa people

ゼロ・ポイント、そしてゼロ・ポイントを通して新しい数々の現実性に向かう皆さんの架け橋を築き上げる
Zero point and building your bridge through the zero point into the new realities


12 February 2012 - 6:04am
ペトラ・マルゴリス経由
Channeler: Petra Margolis



ひとりひとりの個人とそれぞれの魂は、何度も生涯を繰り返しながら、地球が提示せざるを得ないすべての物事を理解することができる、と自分が感じるまで、経験するためにそこに存在しているすべての物事を経験するために現れています。


それぞれの魂は、ひとつの別々の存在として現れています。


しかし時には特定の物事を経験するために、最良の経験を積むことができるひとつの集団に参加する意思決定をすることもあります。


何故なら、ひとつの集団のそれぞれの構成員は自分自身の役割を演じるようになるからです。


これは、今までいつも地球の創造の目的になってきました。


現時点において、そして今回以前の数々の瞬間の中で、魂が経験でき、また経験することを望むもののために、今まで数々の変化が起っていました。


長い時間をかけて、転生している数多くの魂達が、創り出された現実性にさらに執着するようになったため、人々は、自分達の地球上の経験の新しい段階を設定するために自分達の存在の源泉となる場所に移動するための能力を失ってしまいました。


地球の周りの密度は絶えず変化していて、それは密度の周期性を通していつも動いています。


皆さんはこれを、ある山に登ることとして理解することができます。


そこでは空気が次第に薄くなり、密度が次第に低くなり、皆さんが頂上に辿り着いた時、その密度はほとんど存在しないような状態になっています。


皆さんが今までとは逆に山を降り始める瞬間に、大気は次第に濃くなり、密度は次第に高くなって行き、一度皆さんが一番低い場所に辿り着いてしまえば、その密度は最も高いものになっています。


これは皆さんが現時点で存在している時の瞬間であり、皆さんは、次の山に登る前に現在の山の最後の部分を降りようとしています。


その最も低い場所と最も高い場所は、ゼロ・ポイントと呼ばれています。


上のように下にも、という箴言(しんげん)がありますが、最も低い場所と最も高い場所の中に、密度が無く、覆いが無く、皆さんと皆さんの霊の中の存在の間に何も無い始まりの場所があります。


このいわゆるポータル、出入り口は、皆さんの身体を通してひとつのさらに高い次元の内部に存在しています。


何故なら、皆さんという存在の内部の密度が、物質的な身体がこのポータル、つまり出入り口を通して外部に向かうことを許しているひとつの異なる水準まで引き上げられる必要があるからです。


皆さんがこのポータルに近付いているため、数々のエネルギーの内部で変化が起っています。


何故なら、ポータルの解放には、3次元内部で利用できるようになるために3次元の内部の一定の周波数が必要になっているからです。


それぞれの個人が山を降りていて、最も低い場所に辿り着き、再びその山を登り始めているため、ひとつの架け橋を築き上げることが必要になっています。


これが次元間の架け橋であり、それはさらに高い次元の現実性に向かって移動する準備を整えている人々が、その現実性の内部の地球上の現実性を経験することを許します。


地球が大宇宙の脊椎に沿って移動していて、皆さんの数々の宇宙の内部で自然な変化の周期性が発生しているため、この瞬間に皆さんの惑星に現れている数々のエネルギーの内部でこれが明らかにされていることを、皆さんは確認することができます。


最も低い場所と最も高い場所は、地球が大宇宙の脊椎を通過するまさにその場所になっています。


それは、この世界の地球自身は大宇宙の脊椎の周りを渦巻波動に従って動いているからです。


以前の時代には、小さな数々の集団がこうした開いているポータルを通して次元上昇をしていました。


何故なら、ゼロ・ポイントの中のその架け橋と結び付けられていた部分の内部でその架け橋を見付け出すために、彼らは自分達の知識を利用してきたからです。


地球は今まで、こうした数多くの周期を経験してきましたが、それぞれの周期の範囲内で、小さな数々の集団が次元上昇をしてきました。


今回の周期と以前の周期との違いは、次元上昇を計画している人々の数になっています。


ゼロ・ポイントは、異なる数々の水準やあるいは数々の次元を許すと同時に、皆さんの根源としての存在に完全に次元上昇をして戻ることを許します。


それは、ひとつの新しい水準または次元に次元上昇する時に、皆さんは地球上に留まり、皆さんが新しい水準あるいは次元上で経験することを望んだものを、最後までやり遂げることを意味しています。


あるいは、完全な次元上昇、皆さんの根源としての存在に戻ることは、この世界の現実性を離れて、何処か他の場所の経験を始めることを意味することになるでしょう。


しかし、その山への登攀(とうはん)がもう一度始まるため、地球上に残されている人々が内部の根源としての存在へ目覚める際の支援を目的として、数多くの人々が地球に極めて近い場所の内部に滞在することになるでしょう。


時間と伴に、小さな数々の集団が次元上昇ができるようになりましたが、その知識は次第に利用できないようになって行きました。


その知識は、司祭達、数々の秘密結社、そして数々の小さな宗教集団によって保護されました。


それぞれのゼロ・ポイントの間の周期は約13,000年になっています。


このため皆さんは、こうした数々の集団がさらに小さなものになるか、あるいは時には数多くの彼らの建造物の内部に彼らの知識の手掛かりを置き去りにしたまま完全に消え去るかのどちらかになってきたことを理解することができます。


数々のピラミッドは彼らが置き去りにした手掛かりのひとつの具体例です。


次元上昇についての知識が一部の集団によって歪められてきたため、またこうした手掛かりは皆さんの地球の現実性の外部からの干渉を受けてきました。


その手の集団は、現時点の状況のように、すべて異なる理由のために地球の現実性にとても執着しています。


今までは、その知識についてより多くのものを見付け出し、自分達自身のためか、あるいはその知識を歪めることを目的とするか、そのどちらかに利用するために地球を訪れてきた数々の集団が存在してきました。


そのため、彼らは地球に対して、しかしまた宇宙の内部でも、より多くの支配を手にすることができました。


また言うまでもなく、地球上には真実が明らかにされることを望んでいない数々の集団が存在しています。


彼らは、地球上の支配を続けることを望んでいるからです。


彼らの最も大きな問題は、その周期が宇宙の内部で自然に発生する過程になっていることです。


そのため、その場所に向かって移行している数々のエネルギーは、彼らが制御できないものになっています。


彼らが阻むことができるものは、この自然に発生する過程に関する真実に皆さんが気付くことです。


彼らは皆さんが皆さんの現実性として確認しているものを、大幅に歪めてきました。


彼らは今まで皆さんの歴史を大幅に歪めてきて、彼らは地球のあらゆる場所の古い遺跡の数々の発掘を通してさらに多くの情報に気付いてきたため、今でも彼らは依然としてその知識を歪め続けています。


彼らの支配体制は、数多くの周期の間、その効力を発揮してきましたが、彼らはその中で、ゼロ・ポイントのポータルに関する数多くの物事が認識されることさえも阻んできました。


彼らは、自分達自身のさらに高い数々の水準、さらに高い次元、そして時には遥か根源の存在に向けた次元上昇のためにそのポータルを利用することによって、支配し続けてきました。


彼らは、数多くの水準や次元を通して移動できる彼らの能力を通して人間の進歩を眺めることができたため、彼らは今までこれをさらに大幅な支配を手にするために用いてきました。


皆さんの地球の現実性の外部に存在する一部の集団の援助はもちろんのこと、彼らは、ただ支配権を握ることを必要としている彼ら自身の目的として、人類を支配する完璧な方法を見付け出すために、数多くの周期の間、協力してきました。


皆さんは現時点において、地球それ自体が既に地球自身の自己の内部で根源の存在に向けて移動し続けるという意思決定を行っているため、皆さんは人間に利用できるそのポータルに対するひとつの追加要因を経験しているところです。


人類はより低い密度の水準に向けて山を登り始めているため、人類は、ひとつの全体として5次元の水準に向かうポータルを通して次元上昇をして、既に今まで以上に高い水準になっている地球の現実性を自分達で経験するための準備を整えています。


一部の皆さんはその水準を超えてさらに高い次元水準へ向かうか、あるいはそれさえ超えて皆さんが皆さん自身の根源の存在に到達する場所に向かうか、そのどちらかに向かって次元上昇をする準備を整えています。


以前の時代の時のように、外部の架け橋の構築は、ある程度皆さんの宇宙内部の数々のエネルギーの自然な前進になっています。


皆さんの宇宙は、地球上の特定の場所と結び付いています。


その架け橋の構築は、ひとりひとりの人間のひとつの個人的な過程です。


皆さんが次元上昇することを決断した水準に左右されながら、皆さんは内部にその架け橋を構築します。


5次元に向かう架け橋は、既にあらゆる皆さんひとりひとりの内部に存在しています。


何故なら、現時点の地球の周りに存在している数々の自然なエネルギーを通して、それが活性化されているからです。


さらに進んだ数々の水準に到達することを望んでいる誰もが、さらに深い内部の水準に到達するために、この架け橋に取り組むことが必要になるでしょう。


今後も、依然として今現在のようにその影響力と支配は残ることになるでしょう。


そしてこの支配体制は、現時点において、そして皆さんの宇宙の内部で、皆さんの現実性を超えて拡大しています。


支配している存在達が今もこれからも人間が次元上昇をすることを阻もうとしているだけではなく、また地球が次元上昇をすることも阻もうとしているからです。


何故なら、彼らは以前それを行い、以前の時代にはそれに成功していたからです。


現時点で、彼らは全人類が次元上昇する準備を整えているために不利な状況に陥っています。


過去に起ったような単なるひとつの小さな集団ではないからです。


ゼロ・ポイントは、ひとつの大きな利点です。


それは、時が制止して、時間と空間を通してひとつの開口部が形成される瞬間になるからです。


ゼロ・ポイントとゼロ・ポイントとの間の次元上昇は、ゼロ・ポイントの数々のエネルギーに付随する有利性が利用できない状態になっているため、より多くの働きが必要になります。


現時点でこれほど多くの情報が現れているため、皆さんは今後、今現在起っていることや皆さんが必要としているものについて皆さんを誤解させるために大量の情報が用いられていることを理解するようになるでしょう。


最も大きな問題は、現時点で皆さんはその山を降りている途中のため、皆さんが皆さんの現実性の最も高い密度の部分に向かって進んでいることです。


これは流入している数々のエネルギーによって弱められていますが、しかし数多くの人々にとって、これはその人々が眠ったままの状態になることを意味しています。


何故なら、人々は数々のエネルギーの密度のために目覚めることができなくなるからです。


これはまた、現時点で目覚めている人々の人数によって弱められているところです。その数は、かつてなかったような莫大な人数になっています。


皆さん自身という存在、あるいは皆さんを導くためにこの世界に留まっている存在達のどちらかを通して送られたどのような情報でも、その密度のために到達することが困難な状況になっています。


そしてその情報を明確に理解できる状態で通過させるためには、それぞれの交信者による莫大な量の精神的な努力が必要になります。


そして伝えられている誤った情報の量が今までで最も多量な水準になっているため、それはまた、それぞれの交信者の相当優れた判断力が必要になっているからです。


数多くの皆さんが、その大量の情報に対してかなりの不快感を抱いていることを、わたし達は理解しています。


何故なら、現時点で数多くの交信者達を通してその情報が伝えられていて、数多くの人々が既に目覚め、5次元の水準に向かう皆さん固有の架け橋が皆さんひとりひとりの内部で活性化されているからです。


これはまた、ほとんどの交信者達が現時点でただ3次元と5次元の間の更新だけを行っていることを意味しています。


それは、彼らが自分自身の内部のそういった水準を交信しているか、あるいはそういった水準からの存在達と交信していることを意味しています。


その次元の大部分が、外部の世界、地上の現実性やその現実性内部の数々の変化と結び付いています。


現時点において、5次元のための新しい現実性が創り出されていて、実際の数々の変化は、人間が5次元の内部に存在するまでは前面に出てくることはないでしょう。


5次元の内部に存在すること、そしてその変化は、説明することが困難なものです。


数多くの皆さんが、現時点ではこの現実性の部分だけを経験しているからです。


5次元は、より密度が低い現実性であり、皆さんも次々と低い密度の周期に向かってまたもう一度その山に登り始めるようになるため、それがそれぞれの人間の内部の目覚めをもたらすことになるでしょう。


そして以前の数々の時代にそこに存在していた知識が、次々と利用できるようになるでしょう。


皆さんの歴史的な数々の聖地の内部に隠されている数々の手掛かりは、さらに簡単に理解できるものになるでしょう。


皆さんは皆さん自身という存在の内部のひとつの場所に存在するようになるからです。


それは、より低い密度水準の場所であり、皆さん自身という存在を通して、その情報は簡単に翻訳されるようになるでしょう。


現時点のように、今まで皆さんの地球の古い数々の時系列が取り除かれてきて、今は過去に創り出された数々の歪みの一部を整えて綺麗にするために、それが結び付けられています。


その歪みは、皆さんに誤った情報を与え、現時点で起っていることから皆さんの気を逸らすために実装されていました。


これが、皆さんの歴史や皆さんがゼロ・ポイントを通過する前に現時点で達成しておかなければならないものに関して、より明確な情報が前面に出てくる結果をもたらすことになるでしょう。


現時点のゼロ・ポイントにおいて、ひとつの新しい次元内部のひとつの新しい水準で、ひとつの新しい時系列が始まっています。


そしてそれが、新しい地球の現実性の内部の新しい数々の創造を許すことになるでしょう。


その新しい時系列の内部で必要とされるものの一部は、その新しい時系列の内部に存在するようになるでしょう。


そしてこれが、数々の時系列が取り除かれる必要がある理由のひとつになっています。


何故なら、これが再出発を許すようになりますが、しかしそれは、この時系列内部に既に存在している知識と情報で行われるからです。


皆さんは今現在この新しい時系列内部で皆さんの数々の望みや願いを設定しているため、この新しい時系列は現時点で皆さんが創り出しているものになります。


地球がゼロ・ポイントを通過する瞬間に古い時系列は停止し、5次元の内部で新しい時系列が開始することになるでしょう。


皆さんがマヤ暦の終了と、終末の時に関する数々の物語を確認しているのは、これがその理由です。


それらは、始まっている新しい時系列を表現するものであり、新しい時系列は異なる時間と空間の連続体を持つことになるでしょう。


これは、新しい時系列と現在の時系列内で創造されているものが、皆さんが現時点で経験しているものとは異なるものになることを意味しています。


数々のエネルギーがさらに流動的になり、皆さんの地球の身体、つまり物質的な身体は、より低い密度になって異なる感覚を経験するようになるため、時間は異なる方法で経験されるようになるでしょう。


皆さんは再びその山を登っている時、約13,000年の新しい周期がもう一度始まりますが、しかしこの周期の中で、皆さんはその間ずっとさらに低い密度の数々のエネルギーに向かって移動することになるでしょう。


これは、数々の変化がさらに急速に現れることを意味していますが、しかしわたし達は、それは依然として最も薄い覆いの状態の場所に向かう約13,000年の期間になっていることを、皆さんに気付いて貰いたいと思っています。


わたし達が、ゼロ・ポイントが皆さんに役立つ点と、皆さんがゼロ・ポイントに近付いている現時点で皆さんができることに皆さんの注意を向けさせているのは、これがその理由です。


わたし達が皆さんの内部の努力を非常に強調してきたのは、これがその理由であり、そのため皆さんは、数々の周期のこの時点を上手に利用することができます。


そこでは、皆さんが現時点の地球の現実性を超えて進むために利用できる発展性が存在していますが、しかしまた、完全に地球の現実性から脱出して、未来のすべての現実性を皆さんの根源の存在に向かうすべての道に戻す可能性も存在しています。


その架け橋は、皆さんが現時点で選択している水準に達するまで、皆さんの内部に築き上げられています。


わたし達はメサ民族です。


そしてわたし達は今までわたし達が通過し、経験してきたわたし達の次元上昇のメッセージを説明してきたので、わたし達は、皆さんにお別れの挨拶を送ります。


わたし達はわたし達自身の現時点における地球の現実性の内部の創造に戻るため、失われたさらに多くの数々の種族が、近い将来皆さんと接触を持つようになるでしょう。


Transmitted to Petra Margolis
February 12, 2012
www.ascendedmasters.org

http://lightworkers.org/channeling/152666/mesa-people-zero-point-and-building-your-bridge-through-zero-point-new-realities

翻訳:森のくまさま...ありがとうございます。


箴言【シンゲン】

 

しんげん ×箴言】
 
1.戒め言葉教訓意味をもつ短い言葉。格言。「集」
2.旧約聖書の中の一書。道徳上の格言や実践的教訓を主な内容とし、英知による格言・金言勧告が集められたもの。ソロモンその他の賢人の言葉と伝えられる。知恵の書



登攀【トウハン】


はん 【登×攀】
 
[名](スル)⇒とうはん(登攀)



nice!(2)  コメント(2) 
メサの人々 ブログトップ