So-net無料ブログ作成
アルクトゥルスの主、集団、存在達 ブログトップ
前の20件 | -

アルクトゥルスの集団 : 2017年7月9日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]

 

アルクトゥルスの集団

The Arcturian Group

 

 

201779

JULY 9, 2017

 

 

July 9th, 2017

 

マリリン・ラッファエーレ経由

Via Marilyn Raffaele

 

JULY 9, 2017

 

 

 

親愛なる皆さん、わたし達はもう一度、愛の中で手を差し出して、それを望むすべての人々を祝福し、癒し、そして情報を伝えます。

 

この奮闘と混乱の時の中で、皆さんは、皆さんの意識の最も高い水準から、その中で憩い、そこを出て生きる方法を学ぶことが必要になります。

 

数多くの皆さんが、自分自身の無限の完全性を認識する神ではなく、皆さん自身によっていわゆる試されています。

 

 

皆さんは、ひとつの選択に直面しています;わたしは実際にわたしが真実について認識しているものを信じているのか、あるいは信じていないのか?

 

印象や報道に基づくと、わたしは怖れているはずだが、しかしわたしが内部で認識する真実に基づくと、もしも外部の状況が幻影だとすれば、何故わたしはその状況に反応すべきなのか?

 

今までも、またいつでも、実質的な死は存在しない

 

こうした言葉は一部の人々には衝撃的に響くことになりますが、しかし、自分達の霊的な進化に真剣なあらゆる人が、考える必要があることです。

 

神は存在するのか、あるいは存在しないのか、そのどちらかです。

 

 

わたし達は、愛を情緒として話そうと思います。

 

一体性は、人間の水準では、ひとつの結び付きの形として経験されます。

 

それは、時間と伴に、個人の意識状態に応じて、異なる数百のやり方で解釈されるようになってきました。

 

分離への信念のせいで、この結び付いているエネルギーは、選択的で、ただ特定の人々だけと存在するようになってしまっています。

 

 

その興味または反感という人間の状況の中で、ひとりの個人は、別の人に向けて、普通は、過去のお互いの人生経験や、無意識ながら活発な(細胞の記憶の)幾つかの交流のエネルギーまたは別の時代に起因するひとりの個人の知識に対処しなければならない、と感じるかもしれません。

 

これが、カルマと呼ばれるものの源泉です。

 

カルマは、数多くの人々が考えるような、過去の幾つかの行いに対する撤回できない罰ではなく、むしろ、依然として活発で浄化されることが必要な古い数々のエネルギーの存在感です。

 

 

エネルギーは同じエネルギーと一致することを模索するため、数多くの人々が、カルマをある種の返済と考えます。

 

今後それは、今起こっているもののように見えることになるでしょう。

 

2人の人々の間のカルマの解消は、一方または両方が進化して、もはや比較的低い共鳴エネルギーが存在しないさらに高い意識状態から生き始める時に、機械的に起こります。

 

ただそれへの信念を持ち、それを支える法則を持たずに、そのエネルギーはもはや単純に存在することはできません。

 

 

しかしその一方で、このさらに高い水準でも、まだ解消し一掃することができない数多くの古いエネルギーが残っています。

 

3次元の信念体系の中で充分に生きている人々は、エネルギーとカルマを理解せず、そのため、自分達の概念や信念に応じて-しばしば暴力的な行動または険悪な敵対を通して、カルマの個人間の諸問題を解決しようと模索します。

 

これは、ただ、ある生涯のある時点で解消することが必要になるひとつのカルマ的な状況を続けて活性化するのに役立つだけです。

 

 

これは、世界的な混沌として簡単に観察されるものです。

 

霊的に目覚めていようといまいと、あらゆる人が、現時点で地球上に降り注いでいるその光の周波数の強さを経験しています。

 

共鳴しているこうした高いエネルギーは、意識的な自覚に、さらに高い数々の周波数を統合するためには」浄化されなければならない個人的そして集団的なエネルギーを顕在化させ、そしてそのエネルギーを、意識的な自覚に運びます。

 

 

強力かつ聖なるエネルギーは今、すべての水準で経験されています;物質的に、情緒的に、精神的に、そして霊的に、自己強化への目覚めに向けて準備が整っているすべての人々を引き寄せるために、役立っています。

 

他の人々への無視の無知の上に栄える者達は、これを好むことはなく、そのため、その幻影を広め、促進します。

 

親愛なる皆さん、目覚めてください。

 

 

今後霊的な旅は、人々を、その人々が実際に好まない人間関係や状況に頻繁に引き寄せることになるでしょう(引き寄せの法則)。

 

その人々は、疑問を持ち始めます;わたし達は何を考えていたのか?

 

ほとんどの人々は、その状況を創り出した類似したエネルギーは、過去に起因する細胞の記憶の中で蓄えられて活性化しているエネルギーだったことに、気付きません。

 

 

しかしその一方で、むしろカルマ的なこの強力な移行の時期の中で、数多くの不愉快な状況は、残っている何らかの課題を完了させて、次元上昇の準備として古い全ての問題点を解消するという目的のために、関与するすべての存在達によって創り出され、同意された、誕生前の契約の完璧な展開です。

 

 

深く埋め込まれた特定の古いエネルギーの解消をもたらすことを目的にして、今後ひとつの魂は、しばしばその問題を反映するひとつの家族へと生まれることを選択することになるでしょう。

 

これは、個人が以前の数々の生涯の中で行ってきたようにそれを無視するか深く埋め込むことを認めることなく、それを活性化するために役立ちます。

 

例えば;生涯から生涯へと何度もある信念体系または宗教に深く関与してきたものの、自分達はそれを克服する準備が整っていると感じる誰かは、自分達がそれを訓練して、次にそれを評価して、最終的にそこから離れることができるように、今後も依然としてその特殊な信念体系の中で活動しているひとつの家族を選択することになるでしょう。

 

 

他の数々の生涯の中で低く評価され虐待されてきたひとりの個人は、この低い自己強化を活性化して最終的に自分自身を強化しながらそれを乗り越えるために、今後頻繁に、ある虐待的な家族へと転生することを選択することになるでしょう。

 

こうした意思決定の型は、今ではその個人が数々の生涯を通して持ち運んだ物事に対処してそれを一掃することができるほど強く進化していることを確認しながら、誕生前にそして指導霊達の援助を受けて、行われます。

 

 

あらゆる人が、転生の前に、今後自分達が解き放つ準備ができているあらゆる古い概念や信念を解消するために必要となるその状況にとって適切な人々を適切な時に寄せ集めることになる、ひとつの課題に関する契約を創り出します。

 

そのさらに高い自己が、選択したその課題を活性化することを目的にして、適切な時期にあらゆる物事を寄せ集めながら、そのパズルの必要な部分を編成します。

 

 

誕生前の計画に気付いていない個人は、役に立つあらゆる手段を通して、さらに高いひとつの水準でその特定の状況を満たす方法に気付くことなく、避難場所を探し求めることになるでしょう。

 

こうした状況は、親と子供、兄弟姉妹、夫と妻、親族、隣人達、友人達、そして知り合いやさらには地域性の間にさえ存在することがあります。

 

存在することの真実に関する自覚は、苦闘している人々を助けることができない、あるいはしないことを意味するのではなく、皆さんがそれを行う時には、皆さんが外見を超えて理解し、同情ではなく起こいやりの水準から援助することを意味します。

 

 

そのためご存知のように、現実性の中では、偶然はなく、犠牲者も存在しませんが、それでもそれは、人間の目に、特にその経験を持つ人々には、確かにそのように見えます。

 

ありとあらゆる魂は、全体的に気付かずにこの事実に無関心な人々でさえ、自己としての自己の真実に目覚めることに向けたひとつの霊的な旅の途上にいます。

 

例外が何もない理由は、あらゆる人は、神の顕在化であり、他に何も存在しないからです。

 

 

皆さんは霊的な存在であり、さらに高いひとつの水準で何かを解消していることを信じながら、ある危険な状況に留まらないことが、重要になります。

 

関与する他の人々は、単純に何らかのやり方でもさらに高い解決の方法に同調できないのかもしれません。

 

いつも皆さんの直観を信頼してください。

 

 

ただ一方の個人だけが意欲的な時でも、皆さんは、カルマ的な結び付きを一掃することができ、両方が必要な訳ではありません。

 

その意欲的な参加者がもはや関与しないことを選択する時(それほど怒っている訳ではなく、愛の感覚の中で)、彼は自分自身をその古い共鳴から引き上げて、もはやそれと同調していません。

 

これはしばしば、深い霊的な真実を意識的に自覚せずに行われますが、ひとつの意識状態を達成し終えた者が、人々を新しくさらに高い水準の状況を満たした状態に導きます。

 

 

カルマ的な状況が続くのは、ただ一部の偽りの信念に留まり、それを養うことを選択することによって行われるだけです。

 

それを所定の位置に維持するエネルギーを持たなければ、そのエネルギーは単純に解消します。

 

もしも別の個人または個人達がその信念の中で進み続けることを選択するなら、その当事者が再び関与しない限り、既に進み続けることを選択している者に影響を与えることはありません。

 

 

重要になるのは、その人々の間に強力な善と悪の経験を形成するエネルギーの符号を一掃することです。

 

数多くの人々が、数々の生涯の中で繰り返し、特定の人々に対して、結果としてその個人にはある種の束縛になる符号を運びます。

 

それはしばしば、ひとりの親と子供、愛する人々、家族の人々、そして友人達と同時に敵達の間で起こります。

 

 

皆さんの指導霊に支援を求めながら、そうするという皆さんの意図を口に出すことによって、そして静かで干渉されない時間の中で、皆さんの太陽神経叢のチャクラに入って行き、穏やかにどのような符号をも取り除く光で満たされた皆さんの手を視覚化することによって、皆さんは数々のエネルギーの符号を簡単に取り除くことができます。

 

その時、その光を他の個人に愛を込めて手渡しで返し、その隙間を黄金の光で満たしてください。

 

 

霊的に進化したひとりのエネルギーの活動家もまた、皆さんのために符号の除去を行うことができますが、しかし、エネルギーの働きためにひとりの個人を捜し出す時には、いつも皆さんの直観を利用してください。

 

数々の技巧を学び終えた人ではなく、まだその人々の背後の真実に関する充分な理解と意識を持ない人を除いて、進化した自覚の水準から働く高い共鳴を持つ人を、選択してください。

 

 

情緒は、3次元のエネルギーの中で経験される人生の、ひとつの大きくそして紛らわしい部分です。

 

既に性的な誘因が愛を意味するようになっています。

 

嫌悪は、相手が何か劣っていることを意味するようになっています。

 

否定的な情緒に関する困惑は、しばしば人々を療法士達の所に送ります。

 

そこではその療法士達は、人々を頻繁に分析し、その人々を、むしろどのような信念でもそれを創り出してきたその核心部分に連れて行く状況により一層深く陥れます。

 

 

これは、もしも皆さんがそれに導かれるとすれば皆さんがこの種の支援を探すことができないこと、療法士達が誠実に人々を支援しようとしていることを、意味する訳ではありません。

 

支援は、すべての意識状態に対して、すべての水準で提供されますが、しかし、皆さんはもはやその人々が用いる3次元の沢山の発想や技巧と同調していないため、霊的にさらに深い働きの準備が整っている人々にとって、それが霊的な遅延を創り出すことがあります。

 

ひとりの療法士の支援を求めるように導かれる人々のために、進化した意識を持つ者に導かれることを求めてください。

 

世の中には数多くの人々がいますが、しかしその人々は、それを告げ広めることはありません。

 

 

情緒を管理するために薬を服用することは、それが理解され一層されることを許すというよりも、むしろただ単に、その原因を覆い隠して、それをさらに深い内部に押し遣るために役立つだけです。

 

3次元の信念体系の中で頻繁に起こっている状況のようにではなく、実際に必要にならない限り、薬物は回避されるべきです。

 

摂取されるすべての化学物質がそのエネルギー場に影響を与え、そして薬物に関する大量の情報は、拝金主義と正規性に関する偽りの概念に基づいています。

 

 

選択によって摂取された薬物は、霊性と完全性に関する偽りの感覚を促進し、結果として、中毒、霊的な遅延、そして頻繁にひとつの生涯と計画された数々の課題の浪費になります。

 

真実に目覚めている人々にとっては、さらに高い周波数の統合のために適切な器官を創り出しながら、身体を清潔で澄んだ状態に保つことが重要になります。

 

 

抵抗し、憎み、あるいは当惑することなく、情緒がそれを表現し、経験することを、許してください。

 

情緒が、皆さんの信念体系や今は澄んだ状態になる準備が整っている蓄えられた細胞の記憶に対して皆さんに警告を発するために役立つことを認める時に、皆さんのありのままの姿の刻面として、その情緒を愛してください。

 

もしも皆さんがこうしたメッセージを読んでいるなら、もはや皆さんは、目覚めていない人間ではありません。

 

そのため、皆さん自身をそのように考えるのは、止めてください。

 

皆さんは、順調にさらに高い次元の周波数に向かう皆さんの道の上にいて、もはや真実の探求者ではありません。

 

 

皆さんの意識状態が、外部に向けて反映します。

 

もしも皆さんが、誰か、何か、あるいは何処かとのひとつの困難な状況を経験しているなら、それを、依然として皆さんが維持する一部の偽りの信念を一掃しようとしているひとつの合図として、認識してください。

 

皆さん自身にこう尋ねてください;わたしは、わたしをこのように感じさせる何を信じているのだろうか?

 

今後これが、さらに深い調査を必要とする現状を、皆さんに指し示します。

 

 

既にわたし達が何度も話しているように、愛は一体性のエネルギーですが、しかし、人の個人的な意識状態に応じて解釈されます。

 

一度ただひとつのものだけが存在するということが理解されてしまえば、皆さんは、日々の生活のあらゆる問題点を解消することができます。

 

その時これが、新しくより進化した意識状態が展開する余地を作りながら、皆さんが依然として維持する何らかの分離の概念を理解して一掃することを、皆さんに許します。

 

 

今後皆さんは決して再び皆さんを傷付けてきた誰かに対するひとつの反応を経験しないというようなことを、あるいは皆さんは今そのせいで霊的な失敗者だということを、予期しないでください。

 

浄化と癒しは、皆さんがあらゆる人の神性についての真実にこころを開く時に起こりますが、しかし物性の密度の内部では、その癒しが充分に統合するには、時間が掛かります。

 

 

皆さんの無条件の愛の内部と外部への活動は、決して相手の行動と信念に影響を与える可能性はなく、そのため皆さんの人生の中の問題となる人々が変わることに目を向けないでください。

 

その人々の目覚めは、その人々の仕事であり、皆さんの仕事ではありません。

 

 

皆さんが真実と自覚の中で成長するにつれて、今後皆さんは、特定の人々や状況が単純に皆さんの人生から消え去ることに気付くことになるでしょう。

 

この理由は、もはや皆さんが、関与する人々の皆さんを傷付けることを許すより低く共鳴する言葉や行動に同調しないからです。

 

皆さんは今、皆さんがさらに高い愛と真実の数々の現実性の中で生きて移動する一方で、その異教徒の憤怒を妨げることができます。

 



わたし達は、アルクトゥルスの集団





201779

We are the Arcturian Group

7/9/17


http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-july-9th-2017/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2017年6月25日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]

 

アルクトゥルスの集団

The Arcturian Group

 

 

2017625

JUNE 25, 2017

 

 

June 26, 2017

 

マリリン・ラッファエーレ経由

Via Marilyn Raffaele

 

JUNE 25, 2017

 

 

 

1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、皆さんが今見て聞いているものを、怖れないでください。

 

何故なら、こうしたものは、変化する宇宙の象徴、既に間もなく目覚めることを選択している皆さんが参加する必要がない別の世界の部分になる古いエネルギーの瀕死の苦悶を意味するからです。

 

すべての人々が、既に次元上昇する選択肢を与えられています。

 

ほとんどの人々はこれに気付いていませんが、さらに深い水準では、あらゆる人がそれを選択しています。

 

 

この時期に目覚めることを選択しない可能性がある家族や友人達を怖れるか、あるいはそれについて心配しようとはしないでください。

 

彼らのその無限の叡智の中にいるさらに高い自己は、今後3次元型の経験から離れた場所に行く準備が整う前に、彼らがより多くの3次元型の経験を必要としていることを、認識しているかもしれません。

 

あらゆる個人が、ある時点で、さらに高い自覚の水準へと次元上昇することになり、それは必然的なことです。

 

人間の本質は、神々しいものであり、人間は幻影的な信念という経験を永遠に生きながら時間を費やすように運命付けられていません。

 

 

親愛なる皆さん、怖れないでください。

 

何故なら、皆さんは今も今までも、皆さんが鏡を覗き込む時に皆さんが確認するもの、あるいは皆さんはそうだと伝えられ信じさせられたものではないからです。

 

今は新しい時代、目覚めの時、皆さんは実際に創造主とひとつであり、従って創造主であるすべてとひとつであるという認識を、喜ぶ時です。

 

 

アルクトゥルスの集団は、平和について話をしたいと思います。

 

威力と義務を通して創り出された署名済の書類から現れる平和の概念ではなく、本当の平和、ただ意識的に内面に存在する時にだけ外部に現れることができる、ひとつの安らぎのことです。

 

平和は、物質的なものではなく、霊的なものです。

 

 

真の平和は、3次元の意識状態が何も認識せず、従って決して-分離の感覚に基づいた-条約、戦争、支配、そして罰則を通してでは首尾良く創り出すことができない、ひとつの安らぎです。

 

何故なら、こうした方法論を通して創り出された平和は、二元性と分離に基づくものであり、二元性の中の信念はいつも反対側を持つ一対として明らかになる信念のために、遅かれ早かれ善の味方悪の味方に引っ繰り返ることになるからです。

 

紛れもない安らぎは、ただその安らぎがそこから形成される実質が-意識として-存在する時にだけ、明らかになります。

 

 

平和は、愛の自然な表現、一体性の内部ですべてがひとつだという、その認識です。

 

何故誰かが安らぎ自体を憎み、傷付け、騙し、欺き、殺し、苦悩させるのでしょうか?

 

それはただ、平和をもたらすために他者を支配しようとする権力を適切な行為と理解する、進化していない個人的そして集団的な意識状態に属する密度の高いエネルギーというだけのことです。

 

平和があらゆる個人の生得の権利である理由は、それが地球規模でも個人的にでも、真の現実性になるからです。

 

 

親愛なる皆さん、ただ一体性だけがあり、そしてその一体性が皆さんです。

 

ただ一体性の物質的な形だけを確認する人間の目は、分離を信じます。

 

しかしすべての生涯は、ただ存在する実質、遍在し、万能で、博識な神聖なるひとつの意識の個人的な顕在化に過ぎません。

 

 

神聖なるものとしての真の同一性の容認は、人間は、何らかの手段によって保護されなければ善悪に関するあらゆる経験に従属する単なる物質的な身体に過ぎない、という信念と伴に現れる怖れと疑いを乗り越えて、ひとりの個人を移動させます。

 

この認識は、ただ二元性と分離(地球という学校)の言い成りのままに行われた数多くの経験の後になって現れるだけであり、それが最終的にその疲弊した魂が自分達の真の自己に対してこころを開き抱き締めることに通じます。

 

その時こそ、それに伴ってその精神の安らぎ、あらゆる人が捜し求める平和をもたらしながら、真の安らぎというひとつの意識が広がり始めます。

 

 

真のそして長続きする(物質的、精神的、情緒的、霊的な)安らぎの根本は、意識的な一体性の実感です。

 

毎日さらに数多くの人々が、しばしば自分達が感じているものが何かということを意識的に認識することなく、さらに深い一体性の感覚を経験しています。

 

その数を増やしている人々、他の人々やしばしば見知らぬ人々や動物達のための幾らかの許容性の中で、自分自身を犠牲にすることを選択する人々の活動を、目の当たりにしてください。

 

こうした行動は、普通は自発的なものであり、考えられることなく、あらゆる人が内部に持ち運んでいるその愛の核心部分に起因する極端な要求のほんの少しの瞬間の中で、現れています。

 

 

現時点において、この地上には数多くの非常に進化した魂達が存在し、他の人々に対するひとつの実例になると同時に、自分達の光を集団に付け加えています。

 

その魂達は、カルマを解消する、あるいは愛の課題を学ぶことを目的にして現れる必要はありませんでした。

 

何故なら、その魂達は、既に地上で、あるいは他の数々の惑星上で、この働きを行っていたからです。

 

 

この強力な変化の時に人間の援助の必要性を確認しながら、こうした魂達は、愛を込めて支援することを選択しました。

 

皆さんは、人生のすべての歩みの中で外見的に普通の物事を行っているこうした魂達を確認することができ、そして今後はその魂達がさらに深い自覚的意識を必要とする数々の状況にその意識をもたらそうと努力する時に、愛に溢れながらもしばしば強烈なエネルギーによって、その魂達を認めることになるでしょう。

 

皆さんはその魂達をしばしば直観的に強力だと感じますが、しかし人間の目には、普通に見えます。

 

 

愛の活動は日々生じますが、しかし皆さんは、主として大部分の報道媒体からの否定的な情報を提供されます。

 

報道は、簡単に皆さんを古いエネルギーに連れ戻すことができます。

 

そのため、皆さんの報道への関与を制限することが重要になるのは、これがその理由です。

 

皆さんの周りで続いている物事を意識することは素晴らしいことですが、しかし、それに同調しないでください。

 

それは、皆さんが幾らかの低く共鳴している個人のエネルギーと同調し、そして気付くとエネルギーの吸血鬼という言葉が生まれた姿であるエネルギーが枯渇した状態になっている場合と、同じ発想です。

 

 

すべての状況の中で、そしてすべての人々、場所、物事、そして出来事と伴に、皆さんのエネルギー場を、澄んで光に溢れた状態、そして出現する可能性がある何らかのより低く共鳴するエネルギーと同調しない状態に、維持してください。

 

より低く共鳴しているエネルギーは、そのエネルギーについてのひとつの重苦しい感覚を持ちます。

 

それは、一部の場所の中や特定の人々が簡単に感じるものです。

 

それは皆さんが与える力以外の力を持たないため、それを怖れることなく、それに同調も同一視もしないように意識してください。

 

皆さんは、まさにそれを放置することを選ぶことができます。

 

 

ひとりの個人が探し求めるあらゆる物事は既に内部に存在することをその個人が実感するまで、その個人は個人達や物事から外部にあるものを探し求め続けることになるでしょう。

 

皆さんが別の人の比較的低く共鳴するエネルギーと同調する時、皆さんは、無意識の内に皆さん自身のエネルギーを提示します。

 

ただ一体性だけがあることを、忘れないでください。

 

皆さんは愛に溢れ共感を持っているという信念の中でさえ、皆さんは、枯渇していると感じ、その理由を不思議に思う皆さん自身に気付くことがあります。

 

意識的に意図しないで、その者達は、皆さんのエネルギーを利用してきました。

 

 

共感-(わたしはあなたの痛みを感じる。嗚呼、あなたはどれほど苦悩してきたことか等々)。

 

思いやり-(わたしは理解する。おそらくあなたはこれをすることができた等々

 

何故なら、ただ一体性だけが存在し、同調が簡単に起こるからです。

 

助言者や療法士等々として働く人々は、これを忘れないように、自分達の作業領域とエネルギー場を頻繁に清潔にすることが、特に重要になります。

 

皆さんが何らかの物事と同調する時、皆さんは、そのエネルギーとひとつになります-人々、場所、物事、発想等々です。

 

これが関係性-進化し低く共鳴している両方の状態の人々のその働き-の背後にある秘密であり、その人々のエネルギーは同調しています。

 

 

霊的に気付いている人々のために、今はある種の微調整が起っています。

 

現時点まで、真剣な探求者達は、余り反動を受けずに自分達のある種の古いエネルギーのやり方を続けることが許されてきましたが、しかし既に地球の共鳴がかなり浄化されているため、あらゆる人の信念の隅々は一掃されていて、既にその霊的な鎖錠はとても短くなっています。

 

 

かつて重要ではないと考えた小さな数々の出来事や活動を、非常に重要なものであり、皆さんが理解しないある種の罪悪感をもたらすかもしれない、と考え始める時には、これを思い出してください。

 

これがそうなる理由は、既に皆さんのエネルギー場は次第にさらに高い光の周波数により順応した状態になり、皆さんが同調から外れている場合を簡単に感知できる状態を引き起こしているからです。

 

 

ある特定の時点で、霊的な旅は剃刀の刃の上を歩いているようなものになる、と言われてきました。

 

これが、今皆さんが行っていることです。

 

あらゆる物事を人間の精神で解明しようとする試みを、手放してください。

 

何故なら、それを行うことはできないからです。

 

今の皆さんであるわたしがその計画を認識するという事実を、信頼してください。

 

 

皆さんが探し求めるその平和、真の安らぎになってください-皆さんはその準備が整っています。









http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-june-25-2017/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの存在達 : 下位空間が意味するもの [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの存在達
The Arcturians



下位空間が意味するもの
What Is Meant By SUBSPACE




June 16th, 2017
June 17, 2017

スザンヌ・リー経由
Via Suzanne Lie

What is Meant by SUBSPACE–The Arcturians through Sue Lie
6-16-17



アルクトゥルスの存在達とスー・リー

The Arcturians and Sue Lie

 

 

わたしは、空想科学の番組が大好きですが、それはしばしば下位空間について話します。

 

したがってわたしは、それが意味する内容を正確に明らかにするために、わたし自身がひとつの運動に関わろうと思います。

 

まず、わたしは辞書に向かい、以下を見付けました:

 

 

下位空間は、全体的に別の空間の中に含まれたひとつの空間、あるいはその要所または諸元素がすべて、別の空間の中にあるもの。

 

空想科学小説において、下位空間は、しばしば光の速度より速い速度での伝達に用いられる、ひとつの仮想的な時空連続体を象徴する。

 

 

他の幾つかの定義もありますが、しかしそれは数学や物理学の博士号を持つ人のために記述されたものであり、わたしに対してではありません。

 

 

別の定義はこうでした:

 

 

直線的な下位空間は、通常その文脈がそれを他の種類の下位空間から区別するために役立つ場合に、単純にひとつの下位空間と呼ばれる。

 

 

下位空間

Subspace

 

 

無料百科事典のウィキペディアから

・ひとつの明らかな空間のすべての特性を踏襲する、ひとつの空間

・下位空間の位相幾何学で与えられた、ある位相的な空間のひとつの部分集合 

 

科学小説の中で

・下位空間(空想的)あるいは超空間、仮想的な並行宇宙

・下位空間(スタートレック)、光より速い意思疎通と移動を促進するひとつの仮想的な時空特性

 

 

数学はわたしの十八番ではないため、上記の定義は、ただわたしが理解に触れることができたものに過ぎません。

 

従って、わたしはアルクトゥルスの存在達に、わたしが理解できるひとつの言語でわたしにそれを説明するように求めました。

 

以下は、わたしが受け取った内容です。

 

 

 

親愛なるアルクトゥルスの存在達、

下位空間とは何を指しているのでしょうか?

 

 

 

親愛なるスジール、

 

わたし達は、再びあなたと親しく話すことができて、喜んでいます。

 

最近、あなたはあなたの新しい家と新しい生活に順応しなければならず、あなたが新しい物事を取り入れることができるエネルギーがほとんどない状態になっています。

 

わたし達は、あなたが寛いで、あなたのお気に入りの宇宙の旅に関する幾つかの空想的または事実の物語を探訪するあなたの幾らかの時間を手にしていたことを、喜んでいます。

 

 

何故あなたが、第二次世界大戦以降のカルフォルニア州グランデール出身のひとりの少女であるあなたが、何故これほど宇宙と宇宙の旅に取り憑かれるのか、あなたはいつも不思議に思っていませんでしたか?

 

その答えは、あなたは憶えていたからです。

 

しかし、たとえあなたがあなたの5次元の現実性に関する数多くの事実思い出せたとしても、今回の転生におけるあなたの脳は、数学と科学的な調査へと傾斜していませんでした。

 

 

従って、あなたのこころと魂の内部であなたがいつも認識していたものを立証するために、あなたは大量の調査を実施してきました。

 

それが、あなたがあなたの多次元的な星の家族と直接意思疎通する方法を学ぶまたは思い出す支援をしました。

 

 

あなたは今、あなたの好奇心がどれほど増幅されたのかを実感しています。

 

あなたは、わたし達や他の人々の星の家族と結び付く方法を、学ぶと同時に、他の人々に教えています。

 

このようにして、その人々は、伝統的な3次元の地球の手段を通した何年もの研究と調査が必要になる答えを把握することができます。

 

 

しかしその一方で、わたし達は今あなたに、あなたは実際にそれほどあなたの自己を信頼できますか?、と尋ねます。

 

 

スーは答える。

 

わたしは本当にそれほど私自身を信頼できるでしょうか?

 

わたしは、わたしがあなた方アルクトゥルスの存在達やわたしの星の家族の他のメンバー達を信頼する限り、わたしの質問に答えて貰うことができる、と考えます。

 

 

しかしその時、どちらの質問に答えるべきかを認識すると同時に、まさに何時手放して、わたしが受け取っている情報を聞くまたは記述するかを認識する過程が生じます。

 

わたしが他の人々をさらに良く支援して、その人々の多次元的な意志疎通を拡大することできるように、この状況をさらに良く理解するために、どうか今、わたしを支援して貰えないでしょうか? 

 

 

アルクトゥルスの存在達が答える。

 

 

その情報があなたの3次元の考え方から遥かに遠いものである時、あなたは、あなたが尋ねている内容よりも、あなたが受け取っている内容に意識を集中することが必要になります。

 

これが、下位空間とは何か?、というあなたの質問に当てはまります。

 

 

今まで科学者達が調査してきましたが、しかしほとんどの場合、下位空間を経験したことはありません。

 

しかし、下位空間は、あなたの3次元の脳あるいは4次元の脳でさえ、直接的な経験を踏まえずに理解できるひとつの概念ではありません。

 

わたし達は、あなたが最善の描写を頻繁に提供する数多くの空想科学小説の映画に注目することを理解します。

 

 

この理由は、数々の映画は、その映画の中の役者の経験を提示できるからです。

 

もしもあなたがあなたの意識をその役者と融合できるなら、その時あなたは、その脚本がその役者に話させている内容を広げて、あなたの意識を、その役者がその役割の中で良い演技を演じることを目指して経験していなければならない情緒と感覚に移すことができます。

 

 

また、あなたが役者達が良い演技を演じることに注目する時、あなたはその役者達が演じているその役柄を強調することができます。

 

次に、あなたはさらに簡単に、自分達が体験しているその経験をあなたに送っている、あなたの多次元的な自己の他のメンバー達を思い出し始めることができます。

 

 

そのメンバー達は、どのようにしてあなたにこの情報を送っているのでしょうか?そのメンバー達は、下位空間を経由して、それを送っています。

 

それは、光の速さより速い速度での伝達に用いられる、仮想的な時空連続体を象徴します。

 

 

 

もしもあなたの多次元的な自己の異なる表現の意思疎通が下位空間を経由して送られない場合、それは、あなたの多次元的な自己があなたに送り返した最初の答えを受け取るために、ひとつの生涯全体か、あるいはそれ以上の時間が必要になります。

 

 

あなたの想像上の友人達は、実際には、現実性のさらに高い周波数に共鳴したあなた自身の自己ですが、あなたがかなり昔の1990年代に最初にそれを実感した時のことを、あなたは憶えていますか?

 

その当時、あなたは多次元性に関するどのような概念も持ち合わせていませんでした。

 

 

しかしその一方で、ゼータ達によるあなたの幼児期の拉致は、宇宙線の内側で生きている存在達がいたことを、あなたに対して完璧に明確にしました。

 

残念ながら、あなたのこの情報との最初の出会いは、余り楽しいものではありませんでした。

 

しかしあなたは、宇宙船に乗っている子供達が自分達の未来について学ぶために目の前に腰をおろしている学びの樹といったような、幾つかの恩恵を受けました。 

 

 

言うまでもなく、その子供達が学ぶことができるすべては、その子供達の起こり得る未来でした。

 

主にゼータ・レティキュリだったこうした存在達は、人類に慣れ親しんでいた訳ではなかったため、彼らの数々の物語は、余り正確なものではありませんでした。

 

 

また“Xファイルとして認識されているTV番組が、人類が現実として受け入れる準備が整っていなかった真実に大幅に基づいていたことを良く理解することも、役立ちます。

 

しかしその一方で、その番組は、拉致された人々に、否、あなたは気が違っていない。その通り、それはまさに実際に起こったという、ある程度の確認を与えました。

 

 

今、2017年の中で、物事は既に大幅に変わっています。

 

宇宙船への訪問は今、淡褐色の茹で団子のように見えた小さな存在達によって拉致されたというよりも、あなたのさらに高い次元の自己表現についてさらに多く学ぶための絶好の機会、と考えられます。

 

 

その茹で団子の存在達は、大いなる変化が進行していたひとつの恒星域である、ゼータ・レティキュリの出身でした。

 

その変化のせいで、ゼータの居住者達は、自分達は絶滅してしまうのではないか、と深刻に懸念していました。

 

彼らのほとんどは、既に生殖不能であり、従ってひとつの解決策を模索していました。

 

 

ゼータ達が生殖不能になった理由は、ゼータ達の惑星が非常に長い間攻撃にさらされていたため、ゼータ達が深い惑星の洞穴に移動する必要があったからです。

 

ゼータ達は確かに生き残りましたが、しかし数多くのゼータ達は、生殖不能になりました。

 

ゼータの拉致は、ナチスのゼータ達が実験の目的のために人間を利用した第二次世界大戦の中で、始まりました。

 

 

言うまでもなく、その真実が“XファイルTV番組の中でかなり詳しく説明された後でさえ、こうした拉致について誰ひとり認識しませんでした。

 

しかしその一方で、既に人類は、唯一これほど数多くの特集記事がその真実を上手に隠した、自分達が信じることを望むものを信じることだけは、いつも長けていました。

 

 

幸運なことに、人類は、この多元宇宙の中で自分達はひとりではなく、しかも人間である自分達は、多元宇宙の中で存在し得るすべての生命体の中で最も進化している訳ではない、という事実に、ゆっくりと目覚め始めています。

 

 

自分達は一人ではないと認識することは、より一層数多くの人類がそこにいるのは誰かという自分達の怖れを解き放ち、実際に自分達の銀河の家族についてますます興味を持つ状況を許しています。

 

 

背が高く、金髪の人間のように見えるプレアデスの存在達は、人類が受け入れるには最も簡単な種族です。

 

実際に、より一層数多くの人間達が、もしかしたらプレアデスの存在達は実在するかもしれない、と認め始めています。

 

実際に、数多くの人間達が、プレアデスの存在達とアルクトゥルスの存在達あるいは何れかの存在達と同時に、わたし達の銀河の家族のメンバー達との交信を始めています。

 

 

下位空間の主題に戻ると、こうした内的な次元の意思疎通は、下位空間の中で、最も頻繁に起こります。

 

下位空間は、全面的に別の空間の中に含まれるか、あるいはその要所または諸元素がすべて別の空間である、ひとつの空間です。

 

空想科学小説の中で、下位空間は、しばしば光の速度より速い速度で意思疎通するために用いられる、仮想的な時空連続体を象徴します。

 

 

皆さんの日常の意識状態の中で、下位空間は把握されず、普通は信じられることさえありません。

 

しかしその一方で、数多くの空想科学小説の映画は、人間達が自分達の故郷の惑星地球の範囲を超えた現実性の定義を超えて拡大する支援をしています。

 

 

また、より一層数多くの人々が、3次元の地球と地球の4次元のオーラを超えた現実性の周波数と共鳴する、自分達自身の多次元的な自己と意志疎通することを思い出しています。

 

 

もしもあなたがひとつの生きている存在として地球を考えるなら、おそらく地球はひとつのオーラと同時に、地球の銀河として認識されるひとつの家族を持つことを理解することは、簡単なことです。

 

まさに、ひとつの人間の家族に属する人間の構成員達が非常に異なることがあり、ひとつの太陽系または銀河の家族の惑星の構成員達もまた非常に異なることがあるように。

 

 

幸運なことに、より一層数多くの人間達が、下位空間の意思疎通を経験し、こうした下位空間のメッセージを精神的そして情緒的な認識の形に変換する方法さえ思い出しています。

 

それでその人々は、そのメッセージを実際に交信し、それを他の人々と共有することができます。

 

 

あなたの銀河の家族のメンバーであるわたし達は、さらに高い次元や遠く離れた惑星さらには銀河出身の存在達を認める勇気に既に気付いている人間達に、とても感謝しています。

 

 

この次元間の意思疎通が今、より一層頻繁に起こっている理由は、数多くの人類のメンバー達が最初の接近遭遇の経験を持ち始めているからです。

 

 

最初の接近遭遇には、正しい方法も間違った方法もありません。

 

従って、さらに高い次元の現実性を探求している数多くの勇敢な先駆者達は、自分達の意識を、こうした下位空間のメッセージを捕捉するほど充分に拡大する方法を学び、それを自分達の生来の地球の言語に翻訳しています。

 

 

しかしその一方で、より一層数多くの人間達は、居住されている数多くの惑星があり、その中でその存在達は、ほとんどの人間よりも遥かに進化しているという事実に対して、自分達の精神を開いています。

 

わたし達がほとんどの人間と言う理由は、数多くの人間の皆さんが、実際に地上でひとつの物質的な身体を身に着けて、ガイアとその惑星の次元上昇を支援することを選択した、銀河の存在になるからです。

 

 

わたし達が今、とても単刀直入なやり方で皆さんとこの情報を共有できることを、わたし達は喜んでいます。

 

実際にわたし達は、より一層数多くの人間達が、自分達は3次元の身体を身に着けてガイアの惑星の次元上昇を支援することを選択した多次元的な存在であることを思い出している、と喜んで話すことができます。

 

 

わたし達は、皆さんがスジールの最新の交信に関する書籍を楽しむ準備が整っている、という事実を皆さんと共有できて、幸せです。

 

皆さんがその本を読むことを楽しむ時、また皆さんは、皆さん自身のさらに高い次元の自己の表現と同時に、皆さん自身の銀河の家族を思い出すことになるでしょう。

 

 

人類が自分達自身の多次元的な自己を思い出す時、人類は愛を込めてその着陸を、特に長い間待ち望んだ自分達の銀河の家族との再統合を、受け入れることができるでしょう。

 

 

皆さんの銀河の家族であるわたし達もまた、わたし達の再統合を楽しみにしています。

 

その間にも、どうか、皆さんの意識を下位空間の交信に基準調整された状態に維持してください。

 

それを通して皆さんと皆さんの銀河の家族は、皆さんの先天的な多次元的な自己の内部で、再統合することができます。

 

 

神の祝福を

Blessings

 

 

アルクトゥルスの存在達と皆さんの銀河の家族

The Arcturians and your Galactic Family



http://sananda.website/the-arcturians-via-suzanne-lie/









翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの存在達 : 2017年6月4日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの存在達
The Arcturians

2017年6月4日
June 4th, 2017



June 5, 2017

マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele

June 4, 2017

 

新しくそしてより真実の意識状態へと目覚めているあらゆる人に助言し、その人々を支援することは、わたし達の愛に溢れる作業です。

 

しばしばその混乱が、数多くの人々が試みたものの本当の考えは現実性として受け入れられた概念に過ぎなかったという事実の発見に起因するにもかかわらず、皆さんはそれに関する素晴らしい仕事を行っています。

 

すべての変化の第一歩は、自覚です。

 

 

ガイアとそのすべての人々は、さらに高くさらに真実の理解の仕方へ向けた大規模な移行のエネルギーを経験しています。

 

その構築者達は脱落を続け、そしてこの状況は、準備が整っていない人々にとって痛手になることがあります。

 

何故なら、あらゆる人が密度の重い3次元の信念体系の中で数百もの人生を生きてきて、それを現実性として受け入れているからです。

 

それが幻影的な二元性と分離の概念から形成されたことに向き合って、それを引き受けることは、かなり受け入れがたいものになることがあります。

 

 

目覚めの初期の段階は、しばしば罪悪感や羞恥の感情を引き起こします。

 

この理由は、新しい自覚で過去の幾つかの行動を思い出す時、その行動は否定的で利己的なものだったように認められるからです。

 

これが起こる時、そしてもしも起こるなら、皆さんがその時に皆さんの最も高い正しいという感覚から行動していたという事実を優しく受け入れてください。

 

それは、誰もが行うことが求められるすべてです。

 

そして、罪悪感と後悔は、自己の偽りの感覚による識別に基づく情緒であることを、精神に呼び掛けてください。

 

 

それと同時に、今、羞恥と後悔を引き起こしているこうした数多くの過去の経験は、実際に事前に計画された相互関係、関与するすべての人々の霊的な成長にとって重要な機会だったことに、気付いてください。

 

それに抵抗するのではなく、それをなかなか消えない偽りの信念を指摘している完璧な合図と理解しながら、それが起こる時の情緒に注意してください-いったいわたしは、わたしをこのように感じさせる何を信じているのか?

 

 

今は、メリーまたはジムのような個人的な自己の感覚ではなく、わたしが今在るように、神聖なる存在としての皆さん自身について考え、その正当性を信じ、それを受け入れ始める時です。

 

その通り、世界は皆さんを人間として理解し続けることになるでしょう。

 

そして皆さんは、皆さんの人間の活動に取り掛かり続けることになるでしょう。

 

しかし皆さんが皆さん自身を今在るように受け入れて認識するまで、皆さんは永遠に探求の旅を続けることになるでしょう。

 

数々の旅は、漠然と続くようにではなく、ある場所に通じるように運命付けられています。

 

 

ただ個人的な自己の感覚だけにしがみ付き続けることは、最も高い意識状態の達成を阻みます。

 

数多くの人々は、一体性の発想を知的に受け入れますが、しかしただの人間であり、離ればなれであり、神とひとつである価値がないと考える偽りの自己の感覚に頑なにしがみ付き続けます。

 

数多くの人々、特に宗教的な教条に染まっている人々は、一体性の発想を依然として神への冒涜だと見做します-イエスの磔刑という結果で終わった同じ蒙昧な信念です。

 

 

根源とひとつであり根源として在るすべてである自己、そして自己の識別は、霊的な進化の次の水準であり、ひとりの真実の学究として、すべての人生はひとつの神聖なる生命の表現であるという事実を受け入れる段階を意欲的に選択するまで、人々は、霊的な自覚においてさらに高く進むことはできず、その代わりに何処にも辿り着かずに永久に探し求めるひとつの輪転に留まり続けます。

 

 

皆さんが皆さんの日常に取り掛かる時、あらゆる経験を利用して、今在る自分の認識を実践してください。

 

例えば、皆さんが皆さんの財布に目を落として、そこに何も無いことに気付く時、今後その正確な事態を完璧に創り出すためにしか役立たないわたしは一文無しだ、と独り言を口にする代わりに、こう話してください-その通り、わたしはその不足という外見を確認し、認めはするが、しかし、今在るわたしは持続した自己でありまた維持された自己であり、従ってわたしは豊かな実質そのものだ

 

次に、わたしは持たないの代わりにわたしは持つに基づいて、皆さんは強力な創造者であるという認識の中で時を過ごしながら、その流れを進めてください。

 

 

その流れは、もはや皆さんが利用しないまたは必要としないそういった物事を物質的に手放して、一文のお金でも寄付しながら、すべての水準で起こることがあります。

 

聞いて欲しがっている誰かに耳を傾けようとして情緒的に時間を取ることや、別の人についての真実を精神的に認識することをしながらです。(お金だけではなく)すべての物事に関してわたしは不足しているからわたしは持っているへと意識を移行する鍵は、すべての良き物事は、皆さんからではなく、皆さんを通して流れることを、明確に理解することです。

 

個人化された良き物事は、内部の神の泉を制限します。

 

 

突然天から降ってくるお金の籠を期待しないで、神は豊かさを与えるのではなく、むしろ神は豊かさとして存在し、従ってそのすべての姿の中でわたしは豊かさとして存在することを認識しているひとつの意識へ、その皆さんの一体性の実現という果実へと移行し、それを経験する皆さんの道の途中にいることを、認識してください。

 

必要となるあらゆる物事の実質は、既に自己の内部に存在することを認識している、ひとつの意識です。

 

 

皆さんは、探し求めることから霊的に存在することを切り離して、わたしはわたしが探し求めるあらゆる物事である、という自覚に向けて移動する準備が整っています。

 

皆さんは既にその仕事を終えていて、今はそれを乗り越える準備が整っています;もしもわたしがまさに充分に真実を認識できるなら、今後良き物事がわたしのところに現れる

 

微妙ながら非常に重要なひとつの違いがあるこうした2つの言明について、考えてください。

 

 

それは、(たとえ幾つかの人間の足取りそのものを選択する必要がある場合でも)ひとつの立場から、皆さんにできる限り最善の姿で、あらゆる状況を生きる能力です;わたしは実質であり、エネルギーであり、そしてそのすべての姿の中で完全で欠くものがない現実性そのものである。

 

その理由は、わたしとしてそれ自体を顕在化し表現している今在るわたしは神聖なる存在であり、神であり、根源だからだ、という真実であり、幾つもの概観にかかわらず、わたしはその真実の中に立つ、という立場です。

 

 

真実は、目覚めていない人々にはいつも無知で素朴なように見えますが、しかし準備ができている皆さんは、皆さんの自覚を生きながら、外に出向いて独立することが必要になります。

 

これは、皆さんはまだ充分に達成したことがないため突然これ以上の不調和が存在しなくなることを意味する訳ではなく、既に皆さんは、世界に従属してではなく、世界の中で存在する、その過程を始めていることを意味します。

 

 

数々の生涯を通して持ち運ばれた古い数々のエネルギーは、正体を見透かされ、浄化され、解き放たれていて、皆さんは、皆さんのありのままの姿と役割に関する現実性を信頼してより一層頼りにし始めるため、今後外部の状況の中で、これが反映され始めるようになるでしょう。

 

 

日々の生活に属する外見的に普通の物事を、それが象徴する真実へと継続的に言い換えることは、新しい解釈のやり方に向けて、その精神を広げ、養成します。

 

そのまま放置されて、人間の精神は、単純に個人的な意識と合意による意識の中で既に存在するものを利用します。

 

精神は、ひとつの自覚的意識の大通りです。

 

完全に3次元の信念体系の中で生きる人々のほとんどの経験は、顕在化へと変換された、習慣的で蒙昧な考える精神の、おしゃべりの表現です。

 

 

皆さんは、神聖なる存在です。

 

皆さんは、根源とひとつです。

 

皆さんは、長年の研究、授業、書籍、そして儀式の後ではなく、今、完全で無傷です。

 

進化は単純に、一体性の無自覚から完全な自覚と一体性の経験へ向けた、移動の旅です。

 

 

これは、皆さんがひとつの授業を受け、一冊の本を読み、あるいは皆さんが行うように指導された具体的な瞑想を行うことが決してできないことを意味するのではなく、どちらかと言えば皆さんはそれが皆さんを霊的にすることはできないとう理解でこうした物事を行うこと、しかしむしろ皆さんが既に霊的であることの実感へ向けて皆さんをさらに深く目覚めさせる可能性があることを、意味します。

 

 

霊的な進化がひとつの過程にならなければならない理由は、物質的な身体はおそらく光のエネルギーの充足性にいきなり耐えることができないからです。

 

今まで幾つかの瞬間的な移行はありましたが、しかし今はほとんどなく、ひとりの個人が既に他の数々の生涯から充分に準備を整えた状態の時に、あるいは既に充分に進化した霊的な存在が世界を支援しようとして人間の姿を身に着ける時に、それは起こります。

 

 

物質的な身体のあらゆる器官のあらゆる細胞が、他の数々の生涯から、その器官または機能に関連した細胞の記憶を持ち運びます。

 

こうした古いエネルギーは、幻影に基づいていますが、しかしそれにもかかわらず、本質を見抜かれて解き放たれるまで、あるいはその中でそのエネルギーが、その物質的、精神的、情緒的、あるいは霊的な影響力からその個人を自由にする無に向けて単純に消滅する、そういったひとつの意識状態が獲得されるまで、依然としてひとりの個人に共鳴し、影響を与えます。

 

 

真実のエネルギーはその現実性ですが、しかし幻影のエネルギーは、依然としてほとんどの世界にとって支配的な統治を維持します。

 

何故なら、蒙昧な信念が形として外部に明らかになり、物質的な目が確認できるものになるからです。

 

啓発は、ひとりの個人が真実を理解し受け入れるほど充分に進化した時に、神の恩寵によって現れます。

 

こうしたメッセージを読む皆さんは、その準備が整っています。

 

あるいは皆さんは、それを読むことも理解することさえありません。

 

 

ただ単純に真実について考え、それについて話し、そしてそれを確認するのではなく、真実に向かって進み、真実になる時は今です。

 

ひとりの個人が、自分達が探すあらゆる物事は既に内部にあることを認識した後で外部に向かって探し続ける時、その人々は、しばしばその理由を尋ねながら、自分自身を、これからも二元性と分離として明らかになり続ける古いエネルギーに閉じ込めます。

 

何故なら、あらゆる人が自由意志を持ち、選択はいつも高く評価されるからです。

 

皆さんは、一体性と、そしてその一体性が皆さんとしてそれ自体を明らかにしていることの正当性を信じますか、信じませんか?

 

 

回避が数々の生涯の間存続できる理由は、数多くの点で、それがより簡単なことになっているからです。

 

総意の意識の存在感があり、それが3次元の数々の選択を支えます。

 

最初は真実を生きることが難しい理由は、その日全体を通して個人の考えを移行することは絶え間ない変化を選択し、しばしば周りの人々からの断絶の感覚が現れて、孤独感に通じることになるからです。わたしは、このように物事を理解する唯一の個人だろうか?

 

 

この断絶の感覚が一時的な理由は、その感覚がそれを所定の位置に維持する法則を持たず、単純に依然として共鳴している古い分離のエネルギーの表現に過ぎないからです。

 

 

真実を生きる最初の段階は、大抵の場合、個人の思考過程の修正に向けた膨大な努力を行いながら、皆さんが慣れている心地良いながら幻影的なやり方で、習慣から考えて行動しています。

 

時間、粘り強さ、真剣な実践(良いユーモアの感覚は言うまでもなく)と伴に、ただメリー、ジョー、あるいはジムとしてではなく、わたしとして生きることが、今後次第に、達成された、努力なく経験される意識状態になって行くでしょう。

 

 

根源の無限の完全性の中に唯一根源は存在します。

 

その根源が皆さんとして存在するものです。

 

その根源として存在してください。

 

 

 

 

わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group




6/4/17


http://sananda.website/the-arcturians-via-marilyn-raffaele-june-4th-2017/









翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2017年1月13日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2017年1月13日
JANUARY 15, 2017


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele

JANUARY 13, 2017



親愛なる仲間達、こんにちは。

 

わたし達は、皆さんがこうした急激に変化してきる時期の中で直面しているすべてに気付いて、皆さんともう一度歓談しようとして、愛の中で現れます。

 

数多くの皆さんが、さらに高い次元の数々のエネルギーを統合する過程の中にいます。

 

その過程は、その浄化の過程と結び付けられた物質的そして情緒的な問題が表面化するにつれて、皆さんを枯渇して当惑したと感じたままにすることがあります。


 


 

あらゆる人が、現時点で地球に流れ込んでいる新しくさらに高い光の周波数の影響を感じています。

 

そういった物事に興味を持たない人々でさえ、その影響を回避することはできません。

 

普通、現時点で起こっている物事の霊的な特質を理解しないこうした親愛なる人々は、自分達は物質的、情緒的、あるいは精神的なひとつの問題を抱えている、と考えながら、自分達の信念体系に従って自分達の経験を解釈します。


 

 


わたし達は、皆さんの達成された意識の状態が他の人々に影響を与える姿について、話をしたいと思います。

 

愛はその最も純粋な姿において、同調する時に別の存在をこの共鳴を持つ存在の水準まで引き上げることができる、純粋な光のひとつの高い振動エネルギーです。

 

あらゆる物事の神性を認識する存在です。


 

 


無条件の愛に溢れるひとつの意識の共鳴は、数多くの人々をその自覚さえないまま光の活動家にしながら、それと接触するすべての人々が、物質的に、情緒的に、精神的に、そして霊的に感じることができるものです。


 

 


それにもかかわらず、数多くの人々が、自分達の本当の姿と役割や、あるいはその人々が放つエネルギーが、ひとつの全体として惑星の普遍的なエネルギーを与えると同時にその周りの人々に影響を与えることに、気付かないままです。

 

皆さんの考えや信念に気付く、あるいはしも皆さんが人々に大声で話さないなら皆さんの考えは誰も傷付けていないと考えることに気付くことが重要になるのは、これがその理由です。


 

 


これは、真剣な霊性の探求者は決して否定的な考えを持つことはあり得ない、と言っている訳ではありません。

 

何故なら、それは不可能だからです。

 

皆さんの頭に入る方法を見つけ出そうとする招かれざる考えは、非個性的なものです。

 

皆さんの個人的な興味や懸念に一致する考えが皆さんの考えに入る方法を簡単に見つけ出す理由は、エネルギーはいつも同じようなエネルギーと同調しようとするからです。

 

ひとつの考えは、皆さんが意識的にあるいは過去の生涯に起因するかの何れかで持ち運ぶ、幾つかの心配や怖れのエネルギーを象徴する可能性があります。


 

 


皆さんの頭に湧き上がる考えは、皆さんがそれを皆さんの考えだと主張するまで、非個性的なものです。

 

もしも皆さんが最もそれを予期しない時に幾つかの否定的あるいは暴力的な考えが皆さんの精神に浮上して現れるとしても、皆さんは霊的な出来損ないであると考える理由など何もないのは、これがその理由です。

 

浄化の過程は、しばしば窮屈になった信念や考えを表面化させます。

 

衝撃または抵抗で反応する必要はなく、単純にそれをその通りに認めて、それに力を与えず、先に進んでください。


 

 


考えは、ただそれが与えられた現実性と力を持つだけです。

 

人間の精神は、ただ既に総意の意識の一部になっているもの、既に認識されているものを利用できるだけです。

 

新しい発想、発明、芸術、科学、科学技術、そして深い霊的な洞察等々は、それがある場所の内部のさらに深い創造的な水準から泡立ち、そしてその受け手によって明らかにされて、総意の意識の不可欠な部分になり、すべての人々が利用できるものになるはずです。

 

これが、進化が起こる姿であり、皆さんのあらゆる洞察が次元上昇している世界意識の共鳴に追加されている姿です。


 

 


皆さんが行くどの場所にでも皆さんが皆さんの意識状態を持ち運ぶ理由は、意識が皆さんの内容になっているからです。

 

皆さんの共鳴は、皆さんが自覚しなくてもそれを受け入れる力がある別の人を引き上げ、そのこころを広げることができるか、誰かに対して皆さんのことを嫌いにさせることがあります。

 

何故なら、エネルギーは同じようなエネルギー(一体性)と同調しようとするからです。

 

援助を求めながら皆さんのエネルギーに引き寄せられる可能性がある人々を支援する時に、皆さん自身を思いやり深くまた同情しない状態に維持することが、重要になります。


 

 


ひとりの個人が同情を始める時、人は支援を求めている人のエネルギーと同調し、しばしば疲れ果てている自分自身に気付きます。

 

その一方で、思いやりは他の人々の困難に関するひとつの自覚であり、導きの提示になりますが、しかしより低次の共鳴エネルギーに入ることも同調することもありません。


 

 


これは、助言者や療法士等々として働き、特定の人々と一緒に働いた後でしばしば著しい疲れと憂鬱を感じる自分自身に気付くすべての人々にとって、特に大切な要点になります。

 

皆さんは、皆さん自身のエネルギー場を光に溢れた状態にして、もしも皆さんが個人的にこれを行うなら、依頼者の間の皆さんの作業空間を清潔に維持する方法を学び、皆さんが接触するあらゆる人の神聖なる本質をいつも忘れないことが必要になります。


 

 


こうした時期に、怖れと否定性の考えに同調するのは、とても簡単なことです。

 

世界中の外部の状況は、数多くの人々が3次元の信念に従って確認するものを解釈する時に、その人々が怖れを抱く状態を引き起こしています。

 

人間の精神は、ただ既に自覚的意識の中にあるものを利用できるだけです。

 

既に認識されているものであり、従って皆さんが怖れを取り除く時に、起こり得る悲惨な状況に関する発想を皆さん自身に引き寄せるのは、簡単なことです。


 

 


皆さんが数々の考えを受け入れて、それを皆さんのものにする時、皆さんはその考えに、その中になくそれ自体が持たないひとつの人生を割り当てます。

 

怖れが現れる時には抵抗を示したり皆さん自身を叱責したりせずに、皆さん自身にこう伝えながら、単純に愛情深く皆さんのエネルギーを移行させてください。


嗚呼、わたしはあなたを認め、そしてもはやこれに巻き込まれない...” 皆さん自身の言葉、今後皆さんの自覚を否定性から真実に移行させるために役立つ言葉を、用いてください。


 

 


皆さんが今という瞬間の中に留まる間に、外見に関係なくただ神だけが力であることを思い出しながら、皆さんの考えが皆さんの認識する真実に生命を吹き込むようにしてください。

 

皆さんがこのようにそれぞれの日を生きる時、皆さんは、意識は外部の状況が創り出される実質であるという理由から、ある時点で外部の状況全体に移行を引き起こす普遍的な世界意識に、光を添えています。

 

これは一夜にして起こることはありません。

 

それは、ひとつの過程です。


 

 


数多くの人々が同じ意図で協力する時、そのエネルギーは非常に強力なものになります。

 

それは、その集団の目標が3次元的なものか霊的なものか同課にかかわらず起こります。

 

それは、変化のためのひとつの勢力になることができるまたはできない数多くの人々の、結び付けられたエネルギーです。

 

エネルギーは中立的であり、その方向付けられるやり方が数々の結果を決定します。

 

それは、黒魔術が出現したやり方です。


 

 


皆さんは、意識です。

 

皆さんの身体は、その逆ではなく、皆さんの意識の中に存在します。

 

皆さんは、ひとつの身体の内側の意識ではありません。

 

皆さんの意識は、地上にいる間の皆さんの要求や数々の課題に必要な身体を形成しました。

 

皆さんがこれを自覚する時、皆さんは、皆さんがもはや皆さんは皆さんの身体に翻弄されると語る世界の信念に、それほど依存しないことに気付くようになるでしょう。


 

 


皆さんの世界全体は、皆さんの意識の内部にあります。

 

天候、近くまたは遠くの友人達、家族、信念です。

 

あらゆる物事が意識の中に存在し、意識の外部には何も存在しません。

 

それぞれが、こう尋ねる必要があります。


わたしはわたしの意識の中に何を受け入れるのか?

 

わたしは何の信念、何の概念、何の考え等々を保有するのか?


 

 


皆さんの至高の善にとってどのような姿が必要になるとしても(それが必ずしも皆さんが皆さんの至高の善になると考えるものとは限りませんが)、今後真実と光に属する霊的に進化した意識が外部に明らかになるでしょう。

 

意識の大通りである精神は、それぞれの個人の意識状態を利用し、次にそれを外部に明らかにします。

 

皆さんの意識は、皆さんの世界の実質です。

 


 


人類が数々の霊的指導者から、あらゆる物事は内部に存在する、と何度も繰り返し伝えられてきたのは、これがその理由です。

 

目覚めていない人々にとって、この発想は馬鹿馬鹿しく、素晴らしいが非常に実現困難な考えだと感じられて、洗練された知性によって単純に無視されます。

 

実際には、この深遠な真実は、進化の旅の根幹、無視することができない真実です。


 

 


皆さんは創造者ですが、これを認識していませんでした。

 

眠りに就いている人類の意識は、悠久の時の間、皆さんが今その中にいる皆さん自身に気付くその世界を形成してきました。

 

姿として明らかになり、それ自体を今世界が存在する場所に築き上げている意識です。

 

苦闘の数世紀と進化する自覚を通して、人類は今、幻影を乗り越える準備が整っています。


 

 


皆さんの真実の意識は、あらゆる今という瞬間の中で、個人的にそして地球規模で、世界を変えることができ、変え続けています。


 

 

 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group

1/15/17


http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-january-13th/








翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの存在達 : 起こり得る次元上昇の局面 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの存在達
The Arcturians


起こり得る次元上昇の局面
Possible Phases of Ascension



1-4-17
January 8, 2017

スザンヌ・リー経由
Via Suzanne Lie

Possible Phases of Ascension – The Arcturians through Sue Lie
The Arcturians through Sue Lie



Oneness7sig.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした局面は、皆さんが時間として認知するものの内部で重なり合うことを、どうか注目してください。

 

さらには、今後あらゆる人がこの過程のあらゆる周期を通り過ぎる訳ではなく、一部の皆さんは、異なる順番でその過程を経験することになるでしょう。


 


わたし達がここに提示するものは、ひとつの起こり得る次元上昇の道筋です。

 

ガイアは自由意志の惑星であるため、すべての皆さんは皆さんの自由意志を利用して、皆さんの次元上昇の変型を創り出すことができます。

 

従ってわたし達は、ひとつの可能性がある現実性として、以下に次元上昇の道筋を提示します。


 


ガイアの惑星上のひとりひとりの皆さんが、この道筋の流れに入ることができます。

 

今後数多くの皆さんがそうなり、そして数多くの皆さんがそうならないでしょう。

 

ひとりひとりの皆さんが、闇と他者を支配しようとする力の手に落ちてしまった者達でさえ、呼び掛けられます。

 

しかしその一方で、今後皆さんがこの呼びかけを認め、聞き、確認し、あるいは受け入れるかどうかにかかわらず、皆さんの意識の周波数は、命令します。


 


このメッセージは、今あらゆる皆さんが次元上昇できることを意味するのでしょうか?

 

その答えは、一度皆さんが皆さんの具体化の理由を完備して、ガイアの惑星の次元上昇でガイアを支援するためにひとつの地上の器官を選択するという皆さんの経験を完備していれば、あらゆる人がいつも次元上昇できた、というものです。


 


自分達が惑星を離れることを望むという理由から個人的な次元上昇を探求する人々は、自分達が惑星の次元上昇で支援するためにガイアに現れることを選択したことを既に忘れてしまっているため、次元上昇することはないでしょう。

 

それ故にその人々は、自分達の多次元的な自己を拡大して、3次元の周波数まで下げることを選択しました。


 


この今という瞬間の中で地上のひとつの器官を身に着ける皆さんの選択のひとつの構成要素として、皆さんは、人生の総括を経験しました。

 

その中で皆さんは、皆さんの過去、現在、そして未来のすべてを眺め、しばしばそこを訪れました。


 


皆さんの5次元とそれ以上の次元の視点からすると、皆さんは時間と空間の制約を持たないことを、どうか忘れないでください。

 

従って皆さんは、今まで皆さんが経験し、今後経験することになり、そして今経験している3次元のすべての転生を、観察することができます。


 


皆さんが今までガイアの上で選択してきた数々の転生を観察し研究する時、皆さんは、皆さんの3次元の地球への数多くの訪問の中で学んできたすべてを修正するように求められます。

 

その時皆さんは、皆さんが学んできたもの、まだ皆さんが学んでいないもの、そして皆さんの次回の転生の中、つまり皆さんの次元上昇の過程の間に皆さんが学びたいと思うものを決めることを、要求されます。


 


数多くの皆さんが、もはやひとつの物質的な転生を選択することによって学ぶことを必要としなかったものの、しかし、ガイアの惑星の次元上昇でガイアを支援するために、ひとつの地上の器官を選択することを望みました。

 

実際に、他の数々の惑星や恒星系出身の数多くの高位の霊的指導者達、クマラの指導者達、天使達、そしてさらに高い次元の存在達が、ガイアの惑星の次元上昇でガイアを支援するために地上のひとつの器官を身に着けることを選択してきました。


 


こうしたさらに高い存在達のすべてが、ガイアとして認識されている勇敢な惑星を支援することを栄誉にします。

 

ガイアは、ガイアの人類が因果の過程を通して学ぶことができるように、時間と空間に二極化され、そして自由意志の惑星になるという大いなる挑戦を引き受けてきました。


 


言い換えると、地上で学ばれる最も大いなる課題のひとつは、皆さんは、皆さんの人生に影響を与えるあらゆる物事の原因である、というものです。


 


ガイアは、個別性の分離に基づいたひとつの自由意志の惑星でいることは、非常に危険な可能性があることを、認識していました。

 

しかしその一方でガイアは、ガイアを支援する大切な姉妹惑星の金星を手にしています。

 

しかしその一方で、ガイアの兄弟の火星は、惑星火星を他を支配しようとする力のひとつの雛型として利用してきた闇の者達との数多くの問題を抱えていました。


 


しかしその一方で、一度金星がガイアの次元上昇を支援してしまえば、その次元上昇のエネルギー場は、火星と共有されるようになるでしょう。

 

わたし達は皆さんに、惑星は生きている存在であることを気付かせます。

 

その意識を5次元とそれ以上の次元の周波数範囲まで拡大する皆さんは、今後皆さんのこころと精神の中で、その事実を認識することになるでしょう。


 


皆さんが、そのこころと精神の内部で、ガイアはひとつの生きている存在であることを認識する時、皆さんはもはや3次元の科学という幻影に拘束されません。

 

この科学は、アトランティスの崩壊以降、イルミナティーの過酷な命令に従ってきました。

 

ガイアは、レムリアの崩壊、そして次にアトランティスの崩壊でかなり傷ついたため、ガイアは依然として回復期の状態です。


 


わたし達が皆さんにこのやり方で話している理由は、数々の惑星は生きている存在であることをわたし達の次元上昇している人々が理解するのは、今という瞬間になるからです。


太古の文化や自給自足の文化のすべては、その事実に気付いていました。


 


残念ながら、イルミナティーが人類を洗脳するにつれて、こうした文明的な人々は、惑星は自分達が望む何らかのやり方で自分達が利用して破壊することができる惑星である、と考えるようになりました。

 

幸いにも、より一層数多くの人間が、ガイアは自分達の生きている母なる惑星であることを、自覚し続けています。


 


惑星はひとつの生きている存在であるという自覚は、皆さんの個人的な次元上昇をガイアの惑星の次元上昇と共有できるほど、皆さんの意識を充分に拡大します。

 

この個人そして惑星の次元上昇のエネルギー場は、すべての生命のための無条件の愛に基づいています。


 


すべての生命は、惑星地球と、最も高い山から最も小さな虫に至ると同時に最も偉大な指導者達から新生児に至る、地球上のすべての存在を含みます。

 

地上のすべての生命は、ガイアの地球の身体の一員です。

 

ガイアは、より進化している者またはより進化していない物事に、優先順位を決めません。


 


進化はガイアにとってひとつの定数であり、数多くの絶頂と同時に数多くの谷を含みます。

 

実際に、皆さんが皆さんの意識をさらに高い現実性の次元へ向けてより多く拡大できるほど、皆さんはより多く最も小さな虫を経験し、尊重することができます。


 


どちらかというと長い序論を受けて、わたし達アルクトゥルスの存在は、皆さんに起こり得る次元上昇の局面を提示するつもりです。

 

わたし達が、起こり得る局面と話す理由は、進化している人類は闇の者達が創り出してしまった数多くの制約を絶えず突破し、押しのけ、通過しているからです。


 


イルミナティーは、現代の人類の粘り強さと勇気にかなり驚きます。

 

またイルミナティーは、人類の統一意識にとても怯えます。

 

統一意識は、肯定な考え、情緒、発想、そして行動が対数的に進歩することを許します。


 


ガイアに専念してひとりの個人から2人の人々や3人の人々のように拡大している内面の力の代わりに、この内面の力は、一人の個人から2人の人々、4人の人々、8人の人々、16人の人々等々に拡大されます。

 

しかしその一方で、あらゆる上り勾配の旅にかなり似て、次元上昇は、その過程が最も困難になるのは、始まりの時です。


 


次に、皆さんがその痕跡、植物、動物、地球、空、雲、虫と結び付く時、もはや皆さんは、旅をしていません

 

その代わりに皆さんは、その旅になっています。

 

皆さんが皆さんの意識をあらゆる個人、場所、状況、願い、あるいは物事の内部に結び付けるあらゆる時に、皆さんの意識は“5次元のオペレーティング・システムに向けて拡大します。


 


5次元は、皆さんの継続中の全面的に新しい生命のためのオペレーティング・システムに向けた進歩を活性化します。

 

皆さんの日々の、さらには平凡な考えや情緒が5次元の今ここに共鳴し始めるにつれて、数多くの時間の遅延と問題が、皆さんの精神的そして情緒的な処理の空間から離れます。


 


今後皆さんは時間と空間という3次元の法則を圧倒する状態になっているため、この現実性の5次元の処理への変成転換は、最初に通過する人々にとって、困難なものになることがあります。

 

皆さんの現実性の認知は、今後もはや時間と空間によって導かれることはなくなるでしょう。


 


その代わりに、今度皆さんの認知は、周波数の中とガイアの変化の混沌を通して見下ろしている皆さんのさらに高い自己の今ここの周波数比率によって導かれるようになるでしょう。


 


従って皆さんは、地に足がついていない状態という次元上昇の症状を頻繁に感じるかもしれません。

 

あるいは皆さんは、他の人々が理解できないやり方で現実性を把握するかもしれません。

 

こうした症状の理由は、普通は皆さんが以下の状況を過ごしてきたことがその理由です:


 


長年に及ぶ研究


長年に及ぶ他の人々への奉仕


長年に及ぶガイアへの奉仕


長年に及ぶ皆さんの闇の直視


長年に及ぶただ此処を抜け出したいという皆さんの願望の解放


長年に及ぶ光との意思疎通


長年に及ぶ皆さんの多次元的な経験の文書化と共有


長年に及ぶ変化して皆さん自身と他の人々を無条件に愛そうとする始動


長年に及ぶ皆さんのさらに高い自己との結び付きと意志疎通


長年に及ぶこうした経験の他の人々との共有


長年に及ぶひとりの指導者になり他の人々を教える状態


 


皆さんの最も大いなる挑戦は、夜明け前が最も暗い状況です。


次に、今後皆さんが呼び出されるひとつの最後の伝授があります:


皆さん自身を無条件に愛せよ


皆さん自身を無条件に許せ


皆さん自身を無条件に受け入れよ


 


次に皆さんは、皆さんの敵や他の人々を支配しようとする力の集団の構成員達を含めて、すべての生命を無条件に愛し、許し、受け入れることが求められるようになるでしょう。

 

もしも皆さんが高位の霊的指導者達のすべての人生を調査するなら、彼らは、その中で自分自身と他の人々を無条件に愛し、許し、そして受け入れることが必要だったこの道筋のひとつの変型を選択したことを、確認することになるでしょう。


 


一部の現代人は、自分達は現代世界に転生したため、過去のすべての高位の霊的指導者達によって提示された次元上昇の道筋に従う必要はない、と考えるかもしれません。

 

皆さんの過去の高位の霊的指導者達は、自分達が具体化を選択したその時間と文化に従って、この次元上昇の道筋のひとつの変型に従いました。


 


それはこの今という瞬間の中では同じものですが、しかし異なる文化は異なるやり方で現実性を把握します。

 

従って、彼らは少し異なるやり方で、次元上昇を把握します。

 

しかしすべての文化にとって、数多くの過去の規則は、今からは更新されて、惑星の次元上昇の固有の状況に適合することが必要になるでしょう。


 


世界は、過去2000年の間に大幅に変化しています。

 

惑星の次元上昇の数多くの起こり得る現実性が、現れて、そして去りました。

 

ただ少数の人間だけが、こうした起こり得る現実性を認めることができました。

 

そしてさらに数少ない人間だけが、その次元上昇の道筋に従うことができました。

 

しかし今、何かが非常に異なっています!


 


より一層数多くの人類の一員が、人々と惑星はひとつだという太古の信念に戻ることができます。

 

より一層数多くの人類の一員が、自分達は5次元とそれ以上の次元に共鳴する多次元的なひとりの存在であることを、思い出しています。


 


さらには、より一層数多くの人々が、ガイアの地球は5次元と遥かそれ以上の次元に共鳴する多次元的で生きているひとりの存在であることを、思い出しています。

 

従ってわたし達は、皆さんや人々と惑星は、ひとりではないことを伝えます。


 


皆さんの多次元的な自己のさらに高い次元の構成員達は、皆さんを支援するために今ここにます。

 

そして惑星の自己のガイアのさらに高い次元の表現は、ガイアを支援するために今ここにいます。


 


まさにガイアの惑星の自己が5次元とそれ以上の次元の中に存在するように、皆さんの人間の自己は、5次元とそれ以上の次元の中に存在します。

 

今までこの太古の情報は、今後5次元とそれ以上の次元に次元上昇できない闇の勢力によって、皆さんから隠されてきました。


 


その手の人間型の存在達は、間違いなく人間ではないため、自分達の他の人々を支配する力自己への奉仕は、今後その存在達が5次元の光の身体へと次元上昇を許されることはないことを、認識しています。

 

またその存在達は、もしも自分達が5次元の光の身体を持たないなら、自分達は自分達の実質を5次元の地球に所属させることはできないことに気付いています。


 


その存在達の精神、ころろ、そして身体の低い周波数は、今後その存在達が5次元の地球を把握することさえ許されず、まして5次元の地球と統合することはできません。

 

こうした自己への奉仕の存在達のほとんどが、その転生のすべて、あるいはほとんどの間、他の人々を支配する力を手にしてきました。

 

従って、今後その存在達は、差し迫っている次元上昇の今という瞬間の内部で変わることはできないでしょう。


 


その存在達は、惑星地球の3次元の学級で、既に落第点を取っています。

 

実際に、その存在達は、惑星地球の4次元の学級も落第しています。

 

従って、今後その存在達は、惑星地球の5次元の学級に向けて卒業できることはないでしょう。

 

その代わりにその存在達は、気付くとさらに低い地球の4次元の最も低い周波数の中にいることになるでしょう。


 


しかしその一方で、その現実性もまたすぐに終わりになるでしょう。

 

従って、もしもその存在達が自分達の意識を少なくとの惑星地球の4次元の学級に高めないなら、今後それは限定された時間の間だけ開いたままになりますが、その存在達は、4次元のさらに低いアストラルの次元領域の中にいる自分自身に気付くことになるでしょう。


 


今後この4次元の学級が限定された時間の間だけ開いている理由は、“4次元の経験は、個人の意識状態に左右されるからです。

 

従って、4次元の意識状態さえ維持できない者達は、より低いアストラルの次元領域の深淵に転落することになるでしょう。


 


より低いアストラルの次元領域は、ガイアのゴミ捨て場になります。

 

ガイアは次元上昇の過程の中にいるため、今後ガイアのさらに低いアストラルの次元領域もまた、終わることになるでしょう。

 

その結果、依然として他の人々を支配する力の低い周波数に共鳴する者達は、今後別の惑星のゴミ捨て場に移動することになるでしょう。

 

イルミナティーの数多くの構成員達は、自分達自身の内面の光に気付かずに、何度も繰り返し転生を経験してきました。


 


幸いにも、イルミナティーの一部の子供達は、既に惑星地球の4次元の学級に卒業するほど充分に自分達の意識を拡大しています。

 

一部の者達は、最終的にさらに惑星地球の5次元の学級にまで次元上昇できるかもしれません。


 


こうした一部のイルミナティーの子供達は、自分達はイルミナティーを内側から癒すことができるかどうかを確認することを志願した、親切で愛に溢れた魂達でした。

 

その子供達はその目標を達成することはできませんでしたが、しかし今後その子供達は、自分達のイルミナティーの家族のほとんどが失敗することになる次元上昇の経験を把握し、参加することさえできるようになるでしょう。


 


次元上昇の過程は、3次元の時間に一致していないことを、わたし達は皆さんに気付かせたいと思います。

 

普通、次元上昇は、皆さんの3次元と4次元の考え、感覚、認知、経験、そして時間領域から出るひとつの緩慢な過程です。


 


わたし達の大切な次元上昇をしている皆さんは、惑星の次元上昇を開始してそれに参加する方法を、進みながら学んでいます。

 

一部の皆さんは、金星の惑星の次元上昇にも参加することができました。

 

そして今後皆さんは、その経験を思い出すことを求められるようになるでしょう。


 


他の皆さんは、レムリアとアトランティスの次元上昇に参加しています。

 

わたし達は、皆さんが皆さんの最も深い記憶に戻って、そういった転生も思い出すことを求めます。

 

皆さんがこうした経験を思い出す時、どうかできるだけ広くその経験を共有してください。


 


より一層数多くの人類が、ガイアの5次元に向けた共鳴の高まりによって地球の特定の地域が破壊から救われた姿を思い出すにつれて、今後人類は、次元上昇の過程に関してさらに多くの情報を得ることになるでしょう。


 


結びとして、数多くの次元上昇した存在達がガイアの中核の中で生きることを、わたし達は皆さんに気づかせます。

 

より一層数多くの高位の霊的指導者達、(サナト・クマラのような)クマラ達、天使達、そして地球外生命体達が、ガイアの中核との不変の接触の中で自分達の5次元の本質を維持する、次元上昇したレムリアの人々やアトランティスの人々に参加しています。


 


この理由のためにこそ、ガイアの核心部分は既に5次元と共鳴しています。

 

同じように、皆さんの人間型の身体は、皆さんの次元上昇への閃光を待ち望んでいる皆さんのクンダリーニ(皆さんの最初のチャクラの眠っている蛇)の力の内部に、皆さんの次元上昇の鍵を保有します。


 


皆さんは準備ができていますか?

 

内面に向かい、皆さんの答えを見つけ出してください。


 


アルクトゥルスの存在から祝福を

Blessings from the Arcturians













翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2017年1月1日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]




アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2017年1月1日
JANUARY 1, 2017



マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele, January 1st, 2017



1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、わたし達は大いなる愛を込めて、そして新しい地球の年が始まる時のお祝いの中で、皆さんに挨拶を送ります。


 


今年は、あらゆる人にとって、古い世界の中に心地良く納まったままでいることを選択している人々でさえ、内部と外部の両方の変化の1年になるでしょう。

 

既に皆さんは準備の仕事を終えて、今は新しい世界を生きて経験する準備が整っています。


 


地上では、いつも怖れに対する誘惑があります-ガイアに対する怖れ、そして自己に対する怖れです。

 

一部の個人、場所、あるいは物事に関する過度の怖れは、その怖れにそれ自体がどこにも持たない力を与え、エネルギーを増やし、幻影の中で生き続けます。

 

これは一部の人々にとって受け入れることが難しいかもしれませんが、もしも皆さんにとってそうなら、それを観想的な瞑想に持ち込んで、理解を求めながらそれに働き掛けてください。


 


この新しい年の中で、皆さんは、数多くの人々が自分自身の強化を始めて、物質的、情緒的、霊的にさらに強くなっている姿を確認することになるでしょう。

 

理不尽な声明、規則、行動は、逆に最も臆病な人々さえも自分達の先天的な力を取り戻すことを許す行動に向かわせる働きをすることになるでしょう。

 

このようにして、皆さんが思い描き怖れる沢山の物事が今後起こらない理由は、強化された人々としての皆さんが、今後それを認めることがないからです。


 


古い世界のエネルギーは、もはや目覚めている大多数の人々を満足させません。

 

人々の意識がその統治体制ですが、しかし大多数の人々はまだこれを自覚せず、その代わりに自分達のために意思決定する、他の自己宣伝の得意な人々に目を向けてきました。


 


ひとりずつ、個人は目覚めて、自分達だけのために喜んでそれを主張する者達に無知のせいで与えたその力を、取り戻しています。

 

ほとんどの人にとって、個人的な力の分断は他の数々の生涯の中で始まり、細胞の記憶を通して今回の生涯に持ち込まれています。

 

現時点の世界の夥しい混沌は、実際に目覚めている個人的な力の表現ですが、しかしそれは、3次元の信念体系を通して解釈され続けています。


 


わたし達は、この新しい年の中で、地球、地球の人々、そして地球の生き物のために勇敢に立ち上がっている大多数の人々を確認します。

 

現状維持を保つ努力の中で腕力を通して進化の時計を逆行させたいと思う人々の活動によって、押し出されて立場を明確にしようとしている人々です。


 


親愛なる皆さん、皆さんは導かれるかもしれませんが、しかし現実性の中にはただひとつの力だけがあることを決して忘れないで、観察して行動を起こしながら、皆さんの意識の中の真実と光のエネルギーをいつも維持してください。


 


変化は、変化を喪失と解釈する人々を脅かします。

 

慣れ親しんで見慣れて必要だと把握するものの喪失です。

 

ひとりの個人が自分自身と他の人々の本質を自覚し始めるまで、その個人は善かれ悪しかれその個人の人生の中のあらゆる物事に力を付与し続けて、それに従って行動することになるでしょう。

 

しかしその一方で、否定的、破壊的、あるいは極端に不愉快な状況の中でさえ、親しみはより簡単に見えるため、変わるまたは先に進むことを拒絶する人々が残ります。


 


数々の変化が表れています。

 

それは今まで皆さんが望み、求めてきて、そして今は準備が整っているものです。

 

そのため、変化が起こる時、抵抗しないでください。

 

皆さんの本当の姿と役割の自覚を通して皆さんがさらに高い意識情愛に進化するにつれて、外部の状況は、余り重要ではなくなるでしょう。

 

何故なら、皆さんは今、外見はそれ自体でそれを維持する真の力を持たないことを、理解するからです。


 


唯一偏在し全能で全知の神聖なる意識の一体性の内部で無限に具体化された思想だけが、力です。

 

神聖なる意識は、変わることなく、断定的判断をせず、夢見られているものを配慮さえしません。

 

それは永遠に存在し、完璧であり、全体であり、完全です。


 


今は、今まで皆さんが理解して意識に組み込もうとしてこれほど懸命に努力してきた、真実の日常生活を始める時です。

 

継続的な探索と神の探求を止める時が既に訪れている理由は、皆さんは既に神に気付いているからです。

 

神は内部にいます。

 

新しい物事のあらゆる部分と日々の生活のあらゆる活動と伴に、毎日この自覚を実践してください。

 

神だけが力です。


 


すべての皆さんが、この強力な時期にここにいて、目覚めている世界に提示する沢山の物事を経験することを選択しました。

 

皆さんの光とエネルギー場の共鳴は、皆さんが接触を持つあらゆる人に影響を与えます。

 

一部の人々が拒絶されてそれに応じて行動することを皆さんが気付く時、皆さんは疑問に思うかもしれません。

 

その人々は察しますが、しかし皆さんのエネルギーと同調することができません。

 

他の人々はそのエネルギーに引き寄せられることになるでしょう。

 

これがその仕事です。

 

普通とは異なるどのような物事も話し行う必要がなく、皆さんの日常に取り掛かることです。


 


今後皆さんは、皆さんが認識するものを聞くことを望み、皆さんのエネルギーからそれが探し求めるものを皆さんが持つことを感知しながら、準備が整った幾つかの物事に気付くことになるでしょう。

 

皆さんが真実を与え始めることができる人々がいます。

 

皆さんがその人々は準備ができていてさらに多くの物事を求めていることを認識するまで、最初は些細なものです。


 


皆さんは何らかの方法で人々を支援していると考えて、まだ自分達の準備を整えていない人々に決して真実の真珠を与えないでください。

 

まだ真実の準備ができていないひとつの意識は、それを単純に無意味だと理解し、しばしば与えてにそれを投げ返すか、嘲弄してそれを踏みにじることになるでしょう。

 

信頼は、神聖で安全に維持されることが必要になります。

 

こうした状況の中で、皆さんの直観を信頼してください。


 


親愛なる皆さん、帽子が飛ばされないように押さえておいてください。

 

何故なら、この新しい年に、沢山の物事が起こるからです。

 

目覚めていない人間の集団は、人類の進化の過程を止めることはできません。

 

実際に、世界はひとつの霊的な宇宙であり、人々は神の息子達で満たされ、愛によって統治されることを、いつも忘れないでください。


 


親愛なる皆さん、わたし達の皆さんへの新年のメッセージは、物事がさらに良くなる前にさらに悪化するように見える時に、皆さんを誘惑する数多くの外部の様相にもかかわらず、真実を堅持するための、ひとつの注意喚起です。


 


神とひとつであるのが大多数の人々であることを、決して忘れないでください。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group


1/1/17

http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-january-1st-2017/










翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの評議会 : エネルギーの経路になる [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの評議会
The Arcturians


エネルギーの経路になる
Being Conduits for Energy



December 15, 2016
ダニエル・スクラントン経由
Via Daniel Scranton, December 14th



light-within.jpgこんにちは。わたし達はアルクトゥルスの評議会。

 

わたし達は、喜んですべての皆さんと結び付きます。


 


皆さんが受け入れることに自らを開く時、皆さんは、皆さん自身をさらに多くのエネルギーが流れる完璧な状態にしています。

 

皆さんが皆さん自身をエネルギーの経路として理解し、そしてエネルギーがいつも皆さんを通して皆さんに流れていることを皆さんが自覚する時、皆さんは、その経験と流れの管理を始めることができます。


 


皆さんは今、以前よりもさらに多くのエネルギーを利用しています。

 

そしてそのエネルギーは、特に皆さんの物質的な身体が操作できるとても高い周波数を持ちます。

 

そのためそのエネルギーを受け取ってそのエネルギーが流れることを許すことに自らを開くことによって、皆さんは実際にさらに多くのエネルギーを呼び出しています。

 

そして皆さんがさらに多くのエネルギーが流れることを許すほど、皆さんの能力はさらに大いなる物事を創り出します。


 


そのエネルギーに行く場所を与えることもまた、その過程の中のひとつの重要な部分になります。

 

もしも皆さんが皆さんのところに現れて皆さんを通過するエネルギーを流したいと思う場所を把握することができないなら、わたし達は、それが必要だと皆さんが認識する場所に、皆さんが単純にそのエネルギーを送ることを勧めます。


 


もしも皆さんが夢中になれるもの、あるいは皆さんが創り出すことだけでもできるものが何もないなら、その時は誰かに向けて、あるいは求めていながら受け取っていない人々のひとつの集団に向けて、そのエネルギーを流してください。

 

皆さんは、皆さんの報道媒体や皆さんのソーシャル・メディアを通して、いつでもこうしたすべての人々に気付きます。


 


皆さんは、そうなって別の人に役立ちたいと思うエネルギーの経路になることができます。

 

そして皆さんがそうする時、それは非常に心地良く感じることになるでしょう。

 

皆さんは毎日自らにひとつの目的を与えることができ、そしてその目的を最新のものにすることができます。

 

皆さんの人生は、一連の論理的な手順に従う必要はありません。

 

そして皆さんは、皆さんが皆さんのエネルギーを何らかの担体に向けて流す場所を変える必要もありません。


 


わたし達がただ単に勧めることは、皆さんはそのエネルギーを利用することができることを認めること、そして今後皆さんはそのエネルギーが皆さんを通して流れることを許すことによって恩恵を受けること、そして最終的に皆さんはそのエネルギーを集中させる場所、そのエネルギーを送る場所、そして今後恩恵を受ける人々を決めることができることを、認めることです。

 

皆さんの事実通りの姿である、その愛の経路になってください。

 

それで今後皆さんは、皆さんの人生がさらに大いなる意味とさらに大いなる目的を引き受けることに気付くようになるでしょう。

 

そして皆さんは、そのエネルギーの流れを楽しむようになるでしょう。

 

わたし達は、今後皆さんがそうなることを認識しています。


 


わたし達はアルクトゥルスの評議会。

 

そしてわたし達は、皆さんと結び付いて楽しい時を過ごしました。












翻訳★森のくまさま...ありがとうございました。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年12月18日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2016年12月18日
DECEMBER 18, 2016



December 19, 2016
マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele



親愛なる皆さん、わたし達は、今年もう一度、クリスマスのさらに深い意味を、皆さんが単純に人々や2000年前の出来事を祝うだけではなく、それを個人的に経験する意味を、皆さんに伝えたいと思います。


 


キリストになったイエスまたはヨシュアの誕生の物語は、あらゆる人間の物語です。

 

イエスは、その地上への転生のひとつとして2000年前に生まれた時に、既に高位の霊的指導者でした。

 

彼の意図は、高い密度と幻影に巻き込まれていたひとつの世界に、真実と光をもたらすことでした。


 


その当時、非常に少数の人々だけしか、彼の教えの深みを把握することができませんでした。

 

大衆は、まだ彼が教えた真実を充分に理解できるほど霊的に進化しておらず、それでその代わりに、彼をひとりのに仕立て上げて、真実を個人的に彼に押し付けました。

 

進化していない3次元の分離の考え方は、わたしという言葉を、ただその使者だけに言及しているものとして解釈しました。


 


その結果として、そのメッセージを見落とす一方で、その人間の崇拝を始めました。

 

あらゆる人間に関する真実となっているものとしての生き通しの神性を無視することを選択する際に、大多数の人々は、目覚めていない状態で単純に生き続けました。

 

この偽りの教えは、現在もまだ霊性の名の下にその使者を崇拝しそのメッセージを見落としている数多くの教会の中で存続しています。


 


これは、数々の世代を貫いて人類が進化する支援をするために転生することを選択し、その結果拒絶されるか神々として崇拝された、数多くの啓発された霊的指導者達の物語です。

 

真実は今までいつも、そして今後もいつも、個人的な信念体系を脅かし、たとえ現状が苦痛に満ちて生命を抑圧するものであるとしてもその現状を維持しようと試みて、結果としてその使者への怖れと暴力行為をもたらします。


 


世界は、まさに今これを目の当たりにしています。

 

さらに高い次元の数々のエネルギーが地球に注がれて世界意識が広がり始めるにつれて、二元性と分離の信念によって創り出され維持される幻影が砕け散り始めることになり、そこから恩恵を受ける者達を激怒した状態のまま放置して、その人々を所定の場所に留めます。


 


あらゆる個人が、その進化の旅の同じ時点で、もしも今回の生涯の中でないとすればその時は別の生涯で、ひとつの個人的なクリスマスを経験します。

 

人間の本質である神性は、霊的な即応性を持つ特定の時点で、キリストが個人的に誕生することを許す目覚めへ向けて突き抜けることになるでしょう。


 


世界は、それぞれの個人的な自覚的意識に従って解釈され経験される、ひとつの霊的な宇宙です。

 

激しく条件付けられたひとつの精神を通して善悪の信念で解釈するひとりの個人は、既に一体性の意識を獲得している個人とはかなり異なって行動して世界を経験することになるでしょう。


 


慣れ親しんだクリスマスの物語は、皆さんが認識するように、ひとつの霊的な活動の物質的な感覚です。

 

これはその出来事が起こらなかったことを意味する訳ではありませんが、しかしすべての物事と同じように、探索すべきさらに深い数々の層があることを意味します。


 


外見的に味気なく粗野な飼い葉桶は、キリスト意識の誕生が起こるために必要な意識状態を象徴します。

 

もはや3次元の概念や信念で取り乱していない、ひとつの意識です。


 


過去も今も、その宿屋に部屋はありません。

 

その宿屋は、人間の基準に従ってより適切だと考えられたひとつの場所(意識状態)になっています。

 

キリストが誕生できるのは、その場所のために二元性と分離の創造に力を与える偽りの信念を含まない意識状態の時だけです。

 

その宿屋は、既に満室です。


 


聖母マリアは、キリスト意識を産むことができる創造的な純化された意識状態になっていることを象徴します(神聖なる女性原理)。

 

ヨセフは、あらゆる自己が持つ愛に溢れながらもの強い監督者の部分(神聖なる男性原理)であり、母と新たに誕生するキリスト意識を外部の干渉から保護します。

 

二人は伴に、完璧に統一した状態になっている女性原理と男性原理を象徴します。


 


賢者達は、キリスト意識を認めて称えるために旅をした進んだ光の存在達であり、数々の贈り物と敬意をもたらします。

 

賢者達と謙虚な羊飼い達は、世界のすべての部分と社会のすべての水準の内部に存在する霊的な自覚を象徴します。

 

キリスト意識は、決して特定の人種、国籍、そして性差に限定されることはありません。


 


新たに誕生するキリスト意識は脆弱であり、強くなり成熟する時間が必要になります。

 

その嬰児は、それが充分に現れて実践される時が訪れるまで、近くに抱き締められて保護され、内部に安全に隠されることが必要になります。

 

充分に発達したキリスト意識が怖れを持たない理由は、それがキリスト意識自体を認識し、従って一体性の無条件の愛の中でそれぞれの瞬間を生きるからです。


 


親愛なる皆さん、クリスマスの物語は皆さんの物語であり、皆さんが3次元の意識から皆さんのありのままの姿を役割の真実の中で皆さんという存在を生き、移動し、経験することに向かけて旅するように、今皆さんが生きている物語です。

 

今後ある時点で、皆さんは個人的なひとつのクリスマスを経験することになるでしょう。


 


3次元の世界の中で、クリスマスはそれぞれの個人、社会、伝統、宗教的な信条、そして意識状態に従って変わる数々の概念に基づいています。

 

あらゆる人が、自分達の個人的な認識の水準を通して共鳴し、世界を解釈します。

 

気が付くともはや皆さんが同じように祝日の活動に共鳴しないとしても、驚かないでください。


 


過去において皆さんはその興奮を楽しんだとしても、慣れ親しんだ宣伝、音楽、そして感情的な販促活動は今、耳障りに感じる可能性があります。

 

この理由は、皆さんの共鳴がもはやそれに同調しないからです。

 

皆さんは、皆さんはクリスマス気分を喪失してしまったと考えるかもしれませんが、しかしそれはむしろ単純に、既に皆さんはクリスマスの季節の数多くのより物質的な側面から霊的にはみ出してしまっているからです。


 


義務ではなく選択によって、その季節を祝ってください。

 

歓びは、霊的な存在としての皆さんの先天的な権利であり、特権です。

 

パーティー、礼拝、贈り物の交換、音楽、あるいは依然としてクリスマスをその古い姿で理解する家族や友達と過ごす時間は、すべて無条件の愛を表現する機会です。

 

皆さんがこのお祝いの時期に誰にでも与えることができる最も素晴らしい贈り物は、その人々の真の姿に関する皆さんの認識です。


 


神聖なる認識という贈り物は、それが個人の達成された意識状態になり、その結果それは既にその個人として充分に統合されているため自覚的意識を持たずにそれが淀みなく流れる状態になるまで、意識的に与えられます。

 

彼が何処に行こうと、あらゆる言葉を通して流れて、そのエネルギーを受け入れる力があるあらゆる人に影響を与えます。


 


数多くの人にとって、その人々の大量の贈答は、依然として罪悪感と義務感から流れます。

 

小売業者達はこの意識を生き甲斐にして、もしも買って買って買いまくらなければ小売業者達が愛着を持つことはない潜在的な購買者を説得しようと努力して、感傷的な広告を通して販売を促進します。


 


もしも皆さんが気付くとこの種の圧力を経験しているなら、立ち止まって、皆さんの信念体系を分析してください。


わたしはわたしをこう感じさせる何を信じているのだろうか?

 

もしも皆さんが、もはや皆さんが共通したものを何ひとつ持たない人々またはもはや皆さんの経験の中にいない人々のために習慣から贈り物をすることを止めるとしても、空が落下することはないでしょう。


 


皆さんがこの季節に交換するあらゆる物質的な贈り物が、霊的な自覚のエネルギーを運ぶようにしてください。

 

物質的な姿をした霊の贈り物です。


 


すべての皆さんが本当のクリスマスを過ごしますように。


 


わたし達は、アルクトゥルスの集団



翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの評議会 : 2016年12月6日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの評議会
The Arcturians


2016年12月6日
December 6th



December 8, 2016
ダニエル・スクラントン経由
Via Daniel Scranton, December 6th



こんにちは。わたし達はアルクトゥルスの評議会。

 

わたし達は喜んで、すべての皆さんと結び付きます。

 

わたし達は、さらに深い意識状態に接触する皆さんの能力を喜んで加速します。

 

皆さんを皆さんのありのままの姿と役割の充分な認識にさらに近付ける際に皆さんを支援することは、わたし達の喜びです。

 

これから数週間の内に皆さんが主要な躍進を経験するようになることは、極めて高い可能性があります。

 

わたし達は、ひとりひとりの皆さんが皆さん自身の個人的な躍進に対する準備が整っていることを、確信しています。

 

そしてわたし達は、皆さんがその敷居を超える際に、熱心に皆さんさんを支えます。

 

そしてわたし達の支援を受け取ることは、皆さんの選択です。

 

わたし達は皆さんに、事実通りわたし達が皆さんのために手にする贈り物であるひとつの振動を提示します。

 

わたし達は皆さんに、ありとあらゆる皆さんの内部に存在する、共感し、同感し、認めることができる物事を、提示します。

 

何も認識することなく、単なるひとつの考えあるいはひとつの信念を変えることもなく、皆さんは皆さんの意識の拡大を加速することができます。

 

これは、考えを超え、信念を超えて進み、皆さんの本当の姿の基礎構造に向かいます。

 

わたし達は、その場所で、弛緩した物事に衝撃を与えることを求めています。

 

わたし達は、かなり大胆にわたし達の振動を提示することによって、そのようにします。

 

わたし達は、わたし達の伝達が流れることを許すことによって、そのようにします。

 

わたし達が皆さんにこうした贈り物を与える理由は、わたし達は、皆さんがそれを受け取ることができ、今後受け取るようになることを、認識しているからです。

 

わたし達は、皆さんの快諾を認識しています。

 

そしてわたし達は、皆さんの同意を求めます。

 

わたし達は、皆さんや皆さんの大霊と結ぶその契約によって、皆さんを支援することができます。

 

わたし達が、これは神聖に組織化される、と話す時、わたし達を信じてください。

 

皆さんが皆さんの自己全体としてわたし達のところに来ることができるように、今後わたし達は、すべての皆さんのひとつの標識、ひとつの基準点として、わたし達の振動を提示し続けることになるでしょう。

 

わたし達はアルクトゥルスの評議会、そしてわたし達は、皆さんと結び付いて楽しい時を過ごしました。











翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年12月4日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group 


2016年12月4日
DECEMBER 4, 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele, December 4th



1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、こんにちは。

 

わたし達は再び愛と理解の中で、そしてお互いの真実の願いと伴に、一体になります。

 

地球規模の自覚と個人の自覚が成長するにつれて、毎日が新たになります。

 

意識が展開し拡大する場合と同じように、その外部に向けた表現を行ってください。


 


皆さんが皆さんの日常を普通に始める時、数多くの皆さんが、共時的な経験を持ち始めています。

 

今、数々の解決策がさらに簡単に現れるように見えます。

 

そして以前は苦悩または不安を引き起こした数々の問題も、もはや重要に感じません。

 

こうした状況は、皆さんの拡大している意識の成果であり、真実の恩寵と調和に同調した状態になり始めています。


 


恩寵の経験は、皆さんが皆さんのさらに高い自覚の水準を実現して、皆さんが認識する真実が日常のすべての行動に、そしてその行動を通して通過するようにするにつれて、増え続けることになるでしょう。

 

皆さんが認識する真実が流れ出す姿を皆さんが認めるにつれて、さらに多くの恩寵が与えられます。


 


それを天空に達するひとつのエレベーターだと考えてください。

 

乗客が見学するまたは退出することを許しながらあらゆる階でその扉を閉じて開く、エレベーターです。

 

その光景がこれほど素晴らしく、興味深い人々や物事で溢れているように見えるため、皆さんはひとつの階で降りることに決めます。

 

その階であらゆる物事を把握するには数年かかります。

 

そして皆さんが把握する時、皆さんは永遠にそこに残ることに決めます。

 

何故なら、それは親しみがあり、心地良いからです。

 

今後皆さんがいつも必要とするすべてが、まさにそこにあります。


 


しかしその一方で、まさに皆さんがその場所に落ち着いている時、皆さんのさらに高い自己が(目覚めの呼び掛けとして)立ち寄り、まだ経験すべき数多くの階があり、皆さんが今いる場所から離れてそのエレベーターに戻らない限り、今後皆さんが決してそれを確認し経験することはないことを皆さんが自覚する状況を、強烈に引き起こします。


 


自分達に役立った特定の道筋または手段の中にしっかりと組み込まれている誰にとっても、自分達が目覚めてその手段を手放す時期が訪れることを理解することが、非常に重要になります。

 

その旅のある時点で、外部の典礼、儀式、そして手段への継続的な依存が、ひとつの障害物の機能を果たします。

 

さらに高い意識水準に移るためには、わたしは既にこの通りであり、従ってわたしが既にこの通りである姿になるためにわたしの外部の何も必要としないということを自覚して、外部の世界のどのような物事にも力を与えることを止める意欲が必要になります。


 


休んで楽しむ許可を皆さん自身に与えて、まったく何もしないか単純に楽しむことに、罪悪感を持たないでください。

 

最も神性に近いエネルギーは、歓びのエネルギーです。

 

今は、人類の大半の思考に伝染した禁欲的な信念を解き放ち、歓びにこころを開く時です。

 

何故なら、ただ無知な信念だけが、困難がその現実性になることを促進するからです。


 


人類は数々の生涯の間、努力と苦悩に慣れ親しんできました。

 

そのため数多くの人々が、ただある種の板挟みの只中にいる時にだけ、心地良さを感じます。

 

こうした親愛なる人々は、それを追求し、自分達の周りのあらゆる人に対してそれを扇動しながら、自分達の人生に取り組みます。

 

二元性と分離のエネルギーは、二元性と分離のエネルギーを引き寄せます。

 

必要のない否定的な経験です。


 


困難な経験は、しばしば幻影の中で眠りに就いたままで完璧な幸せのひとりの個人をさらに高い自己が目覚めさせることができる唯一の方法になりますが、しかしこうしたメッセージを読んでいる皆さんは、たとえ皆さんが旅のある時点で目覚め以上に浄化が目的になっている困難を経験する時でさえ、その意識状態を超えています。


 


目覚めていない3次元の意識状態の中で充分に生きているどのような人も、3次元の信念体系の中で浮遊しているすべての信念に対して影響を受けやすく、また受け入れる力を持ちます。

 

こうした信念は非個性的なものであり、ただ受け入れられた時に個人的なものになります。

 

以前の数多くの生涯が困難な人生だったため、たとえ今その個人が霊的に目覚めているとしても、しばしば自覚的意識のないまま、困難な経験のエネルギーが細胞の記憶の中に蓄えられたままになっています。


 


従って...


もしも異質で否定的な情緒、考え、あるいは身体的な経験が突然皆さんの人生に浮上するとしても、皆さん自身を失敗していると判断しないでください。

 

それを細胞の記憶の浮上として受け入れて、それをひとつの卒業として理解し、皆さんは今進化して、目を向けるほど充分に強く、それは数々の生涯の間皆さんが自分で引き摺り回してきた物事のエネルギーを永久に一掃していることを意味することを、理解してください。


 


アルクトゥルスの集団は、言語について話をしたいと思います。

 

言語は、集団または個人の意識状態を反映し、話され記述された言葉と同様に歌に乗っても流れます。

 

言語は、しばしば長い間陳腐化しながら習慣から続くひとつの意識状態を反映します。


 


言葉は、エネルギーを運びます。

 

言葉はエネルギーです。

 

数多くの光の存在達が、尋ねられた時に皆さんに伝える名前を持ち合わせません。

 

何故なら、その存在達は、自分達のエネルギーの特徴として認識され、話されるひとつの音ではないからです。

 

ご存知のように、直観が意思疎通の主要な姿になるにつれて、今後言語の必要性は少なくなるでしょう。

 

言葉は、信念、概念、発想を表現することに関する3次元の世界の方法であり、個人的なエネルギーの流れに乗って外部に流れます。


 


しばしばひとりの誠実な真実の研究者は(依然として3次元の意識状態の範囲で考えて)、霊的になることは、聖人達の描写にかなり似て組んだ手と天を見詰めた目を持って現れるどのような物事も、有り難く受け入れる静かで優しい小心者を意味する、と思い込むことになるでしょう。


 


進化は、それと伴に力の強化をもたらし、一般的な社会的信念に関係なく、個人が心地良く話し、静かに真実を生きることを許します。

 

それはまさに、どれほど多くの人々が、気付くと高密度エネルギーの信念を持つ人生のひとつの利害関係に縛り付けられたていたか、ということです。


 


時には、他の個人が関与できる言葉を用いながら、別の人にしっかりと話すことが必要になります。

 

しかしその一方で、必要な言葉が愛のエネルギーの流れに乗って前面に流れる時、その言葉は、特に受け手が理解できる場合には、ひとつの重苦しい効果よりもむしろひとつの高揚する効果を持ちます。

 

その仕事が他の人々を支援する人々、療法士、社会福祉士、刑務所作業員、看護師、医師等々は、これを理解するために、自分達の問題を整理することが重要になります。


 


皆さんが進化するにつれて、皆さんは、数多くの言語表現が単純に剥がれ落ちて、皆さんの言葉がより洗練されたものになることに気付くようになるでしょう。

 

この理由は、既に皆さんのエネルギーがさらに軽くさらに洗練されたものになっているからです。

 

皆さんは、意識的な決断がなければ、もはや皆さんは、他の人々に皆さんの信念または意見を納得させるために口論するどのような必要性も感じません。


 


3次元の世界は、今までいつもひとつの雑念の世界であり、個人の美点は自己の外部にある、という信念の結実でした。

 

既に現在の科学技術は、それと伴に無限とも言える様々な雑念をもたらしていますが、それでも数多くの意味で科学技術は世界の進歩に役立っています。

 

しかしそれが神になる時、それもまた、霊的な成長に対するひとつの主要な抑止力になります。


 


雑音と雑念が存在している中で穏やかで静かな魂の声を聴くことができない時、静かな観想、瞑想、そして霊的な研究の時期が必要になります。

 

科学技術的な娯楽の中で時を過ごすことに関して、両親が自分の子供達を監視することが、重要になります。

 

子供達は、霊的に広がるためには、何もしないか、自然や他の子供達と遊び接触する時間が認められることが必要になります。

 

まさに時間割や電子的な子守のない、子供達自身になる時間です。


 


時々、高いエネルギーを持つ個人が、自分達の意図が愛に溢れる議論だった時でさえ、他の人々を脅かすか、気付かずに他の人々の中に抵抗を引き起こす状況が起こります。

 

一部の皆さんは、他の人々がただひとつの講話または判断を聞く一方で、議論を期待している誰かに対して何かについて強調気味に話す経験をしたことがあるかもしれません。

 

もしもこの状況が皆さんに起こったことがあるなら、その個人は、皆さんの言葉にではなく、皆さんのエネルギーに反応していることを、認識してください。

 

より穏やかで優しく話す方法を学んでください。


 


政治的に的確でいるには、現在の世界の中では極端とも言える精神的圧力がかかります。

 

この概念は言葉の重要性を理解する最初の段階ですが、しかしそれはまだ、力は言葉の中にはなく、むしろその言葉の背後の意図のエネルギーの中にあることを認識する自覚の水準ではありません。

 

あらゆる物事はエネルギーであり、一輪の薔薇はそれが何と呼ばれようとただ甘美なままであり、そして偏見は、それを描写している言葉がどれほど流麗かまたは政治的に正しくても、偏見に過ぎません。


 


言葉は、古いエネルギーパターンを識別する際に役立つ、重要な手段になることがあります。

 

皆さんが予期せぬことに驚いた時、断片的なニュースを聞いた時、あるいは特定の個人を確認した時、その時に意識して考えずに不意に現れるそういった言葉や表現に、警戒を怠らないでください。

 

言語は3次元の内部では必要ですが、しかし一体性の自覚が知識と会話が直観的で静かになることを許すさらに高い数々の次元の中では、今後もはや必要ではなくなるでしょう。


 


今、そして訪れようとするあらゆる瞬間の中で、皆さんは絶えず拡大している皆さんの意識を表現することになるでしょう。

 

皆さんが話すあらゆる言葉が、これを反映するようにしてください。

 

もしも皆さんが気付くと情緒的に込み入ってしまっているなら、皆さんが話したいことを話す前に、皆さんが話しているその個人または人々は神聖なる存在であることを思い出しながら、一呼吸置いてください。


 


わたし達は、アルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group 


12/4/16


http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-december-4th/








翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年10月9日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group 


2016年10月9日
OCTOBER 9, 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele

The Arcturians via Marilyn Raffaele, October 9th



1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、こんにちは。

 

わたし達は新しい一日の光の中で現れて、その場所で皆さんと出会います。


 


どのような物事も、皆さんが過去において認識してきたように続くことは、期待しないでください。

 

この理由は、皆さんが慣れている物質的な世界は、もはや存在しない数々の信念のエネルギーから形作られたからです。

 

変化に抵抗するのではなく、変化にこころを開いて、変化を受け入れてください。

 

何故なら、実在する物事は決して失われることはなく、真実(現実性)に基づく数々の発想は、必要な時に今後いつも新しくさらに高い表現の形で、いつももう一度現れることになるからです。


 


アルクトゥルスの集団は、実際にひとつの霊的な発想、神聖なる意識のひとつの相であり、今さらに高い表現に移行している数々の概念であるその正義について、話をしたいと思います。


 


3次元の世界、二元性と分離に基づいた世界の中で、正義は通常目には目をという発想として考えられますが、数多くの宗教の信念体系は、自分達の参考のために聖書を使いながら、依然としてこの概念を教えます。

 

頻繁に無視される内容は、この引用は旧約聖書からのものであり、かなり昔にその当時の啓発されていない意識のために記述されたものである、という事実です。


 


見る目と聞く耳でそれを読む人々のために、数多くの物語の中に真実が隠されていますが、しかしほとんどの人々が、依然としてそれを文字通り解釈します。


目には目をの概念とその言葉は、主イエスがわたしは新しい契約をもたらすために現れたと教えた時に克服されたはずでしたが、しかしその当時の人々は、そして今の人々でさえ、まだこれを受け入れる準備が整っていませんでした。


 


正義は、エネルギーのひとつの均衡です。

 

ただひとつのエネルギーだけが存在するため、そのひとつはいつもそれ自体と一致した状態(一体性になった状態)を探し求めます。

 

それは、まだ一体性について認識しないひとつの世界の内部で、公正さとして経験されるものです。

 

それでもそれは、しばしば形而上学的な世界がカルマと呼ぶものを明らかにします。

 

カルマは、数々のエネルギーのひとつの均衡であり、数多くの人々がそうだと考える罰または報復ではありません。


 


カルマは、無知を通して個人によって形成され維持されるエネルギーの経験であり、しばしばその個人が自分達の創造を経験しそこから霊的に学ぶ準備が整うまで、数々の生涯の間中持ち運ばれました。

 

カルマは、今に至るまで、あらゆる魂の学びの旅の一部になっていました。


 


一度皆さんがその意識状態を超えて進化してしまえば、カルマは無関係になります。

 

皆さんが皆さん自身のために依然として維持する可能性があるカルマの懲罰に関するどのような概念も、手放してください。

 

何故なら今皆さんは、皆さんの達成された真実の意識を通して、さらに高いひとつの水準で数々の問題を一掃し、安定させ、解消することができるからです。


 


さらに高い正義の感覚に入ることは、正しい物事を行おうとする真剣な真実の追求者達にとって、しばしばひとつのジレンマ、二律背反の状況を提供します。

 

こころが広く霊的になろうとするその人々の熱意の中で、そして自分達は無条件の愛を実践していると信じる中で、その人々はしばしばそのジレンマを無視するか、あるいは関与する全ての人々のためになる光がもたらされるために必要になる臭い物には蓋をする行動を採る羽目に陥ります。


 


真の正義は、自分達の達成された意識状態が共感できるやり方(それは拘禁、執行猶予、あるいは単なる良い講義からの何かになることがあります)で、別の人を援助することを意味します。

 

もしもその個人の意識が単純にそのやり方と一致することができないなら、聖書を引用しようと、あるいは個人的な権利の先天的な価値を話しようと、何の役にも立ちません。


 


正義は、ひとつの霊的な活動、あらゆる個人の日々の人生の一面であり、法律や法廷に限定されません。

 

教師達、両親達、家族、そして友人達は、すべて最も些細な出来事から最も深遠な出来事に至るまで、正義を実践する数々の機会を経験します。


 


現在の世界の正義は、数多くの人々にとって、報復、憎悪、怒り等々のために容認できるひとつの言い訳のままです。

 

しかしその一方で、世界の意識は、あらゆる人が結び付けられている、皆さんが別の人に対して行い、確認し、信じるものを、皆さんは皆さん自身に対して行い、確認し、そして信じるという理解を、急速に受け入れています。

 

皆さんが権力に留まろうと苦闘しているひとつの古い信念体系と、一体性の内部のすべてを評価する新しい意識との間の強烈な衝突を目撃しているのは、これがその理由です。

 

大多数の人々は、決して神とひとつであることを怖れません。


 


正義は、その個人の必要性に応じて表現される、無条件の愛です。

 

さらに高い正義の感覚の範囲では、ひとつの汎用的なものになることはありません。

 

そして進化している魂としての皆さんは、これを反映するやり方で、正義を理解して受け止めるようになることが必要になります。

 

単純に罰として理解される正義は二元性と分離を反映しますが、しかし別の人の現在の意識状態を超えてその人の成長を援助するひとつの機会として理解される正義は、新しくさらに進化した気付きを反映します。


 


皆さんが苦悩している他の人々を観察する時、その誘惑は、それを引き起こしている人々に対する報復を望むことです。

 

その分離状態の信念は、数多くの生涯の間あらゆる人の信念の一部になってきたように、強いままです。

 

皆さんがこうした否定的な情緒を経験する時、それを埋め、否定し、抵抗しようとして努力しながらそれを避けようとしないで、単純にそれを現時点のありのままの皆さんの一部として認めてください。

 

その結果...


 


自己判官または批判を持たずに観察して、皆さんの信念体系の移行を始めてください。


わたしは他の人々について依然としてどのような信念を抱いているのか?

 

こうした信念の真実は、わたしが今真実として維持しようとして認識し言明するものの光の中で、真実なのか?誠実な検査の後で、なかなか消えない何らかの古い概念や信念にそれが持たない力を与えることなく、単純に皆さんの日常の物事に取り掛かってください。


 


繰り返しますが、わたし達は、特定の個人は社会から取り除かれる必要があり、非常に毅然とした行動がその人々に対する適切で愛に溢れた行為を構成する場合があることを、強調する必要があります。

 

進化していない意識の状態、完全に3次元のエネルギーの中で機能している意識状態は、単純にまだ一体性の概念を把握できないだけです。

 

すべての意識の水準で数々の解決策が提供される理由は、数々の解決策は実際に神聖なる完全性の物質的な感覚になるからです。


 


既にひとつの真の正義の意識を達成して、正義を執行する立場にいる人々は、自分達の前に現れるあらゆる個人の真の本質を認める(しばしばその人々はこれに気付いていませんが)ことができ、そしてその結果、その個人が学びと成長のために必要とするものに関して、直観的に導かれます。

 

その時その罰は、最も適切で今後さらに高いエネルギーが流れるようになることができる、最善のものとして反映します。


 


現時点では、3次元の信念体系全体が移行しています。

 

古い数々の発想が手放されていて、以前は決して考慮されなかった視点から、新しい発想が受け入れられ、認識され、そして実践されています。

 

一部の人々は、さらに高いひとつの正義の感覚を受け入れることができず、その人々に対する混乱と対立があります。

 

何故なら、その人々はまだ今のところ正義を罰と報復から切り離すことができないからです。

 

もしもひとりの個人が霊的に進化しようとするなら、すべての神聖なる発想のように、正義はそのさらに深い感覚の中で理解されることが必要になります。


 


さらに高い正義の感覚は、別の人が学び、成長し、そしてその行動から進化する支援するものです。

 

それは、その中でひとりの個人が、自己嫌悪に基づくことなくその個人がさらに大きな状況を理解する支援をするやり方で、彼または彼女と同時に他の人々に対する愛に対してそのこころを開き始めることができる数々の状況を創り出すことを含みます。


 


さらに高い正義の感覚を反映するひとつの単純な発想の具体例は、ホームレスの避難所の中で収容者達によって配慮と訓練のために犬を持ち込む個人達の中で確認することができます。

 

数多くの収容者達にとって、その収容者達が今まで無条件の愛を経験してきた最初の時になります。

 

収容者達は、収容者達が無条件の愛を自分自身で味わって実践し始めることができるより前に、最初に愛とは何かを体験し、理解することが必要になります。

 

この種の課程が、必要とされるものに応じて光のエネルギーがひとつの実践的なやり方で流れる姿のひとつの良い具体例であり、それを受け入れる人々をひとつの新しい場所に移動させて、その人々がもしかすると最終的に自分達は好感を持たれるという発想に対してこころを開かせるために役立ちます。


 


自己愛と容認の欠如が、ほとんどすべての犯罪と暴力の根幹です。

 

自分達はそれより劣っているまたは愛に値しないと信じるように教えられた個人達、あるいは細胞の記憶の中でこうしたエネルギーを持ち運ぶ個人達は、自分達は尊重される価値があることを証明しようとする努力の中で、自分達の周りのすべてに対して、物質的に、情緒的に、そして精神的に暴力的な攻撃を仕掛けます。

 

その人々は自分の子供達にこのエネルギーを渡して、それは世代から世代へと続きます。

 

また、自分達は神と人生に関するすべての正しい答えを持つ、こうした信念を他の人々に強要することは自分達の義務だ、と信じる人々もいます。

 

単純に、自分達は尊重される価値があることを証明しようとする、別の企てです。


 


地上の人生のすべての面についての場合のように、愛が唯一の解決策です。

 

一部の情緒的、芝居掛った愛の概念ではなく、本当の無条件の愛であり、それはあらゆる生きている存在の真の本質としての神性の意識的な自覚に過ぎません。

 

継続的に実践されると、この自覚は次第に皆さんの達成された意識状態になり、社会によって愛に値しないと見做されている人々の内部でさえ、皆さんがあらゆる個人の内部のその光を簡単に認める状態を許します。


 


既にひとつの慈悲の意識を獲得している裁判官達に賛成票を投じて、法の精神対法の条文を展開してください。

 

強さまたは権力が必要とされる時でさえ、広いこころで自分達の仕事を行う法と秩序に携わる人々を、支えてください。

 

目覚めていない少数の人々の行動のせいでそのすべての人々を同じ範疇に入れて、皆さんのために世界をさらに安全なひとつの場所にしようとして働いている人々を、機械的に非難しないで、


 


これが新しい意識であり、皆さんがそれをもたらそうとしてこれほど懸命に努力してきたものです。

 

一部の人々は、新しい数々のエネルギーは、自分達が傍観して問題なくあるいは悪者達または変化のない人生を楽しむことを意味するものになることを期待する一方で、自分達の心地良い信念体系を維持してきました。

 

皆さんはその代わりに、皆さんはその労働者になってしまっていることに、そして大多数の人々が好まない数々の変化を高く評価する熱に最も頻繁にうなされる人々になってしまっていることに、気付いてしまいました。

 

勇気を持ち続けて、皆さんはひとりの進化した魂として行うために現れたことを正確に行っていることを、信頼してください。


 


皆さんが、物事はそうなるべきである姿に関するあらゆる概念を手放しながら、それぞれの日が新しく新鮮になることを認める時、皆さんは徹底的に新しい数々の経験を急速に積み始めるようになり、そして皆さんの周りで続いている物事にもかかわらず、気が付くと直ぐに安らぎと歓びと豊かさがある状態になっているでしょう。

 

何故なら、既に皆さんはそういった物事がその現実性であることを認識しているひとつの意識を獲得しているからです。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group 

10/9/16


http://www.onenessofall.com/newest.html
http://sananda.website/the-arcturians-via-marilyn-raffaele-october-9th/





翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年9月25日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2016年9月25日
September 25th 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele

SEPTEMBER 25, 2016



わたし達は、数多くの変化が皆さんの世界に訪れていることを、歓びの中で皆さんに伝えます。

 

間もなく新しい数々の出来事が起ろうとしていますが、しかし3次元の考えと解決策でそれを期待することがないようにしてください。

 

変化は、しばしばとても繊細なやり方で、まるでそれが何も起っていないように見えるようにしながら、展開します。


 


現時点の大多数の情報源は、ただ3次元的な報道の概念だけを提供しています。

 

ほとんどいつも否定的で、古いエネルギーに同調しています。

 

大部分で、情報源は依然として、理解と認識に関するさらに高い方法に気付いていないか、興味を持ちません。


 


変化が避けられない理由は、世界の意識が変わり続けているからです。

 

今後今まで受け入れられてきた政治、宗教、科学、教育等の分野の範囲の数多くの概念と信念が消滅を始めて新しくさらに高い思考水準に広がって行く姿を皆さんが観察する時、皆さんは、これを実感することになるでしょう。


 


ひとつの目覚めた魂としての皆さんの仕事は、皆さんが皆さんの日常に取り掛かる時に現れる物事にかかわらず、真実の中で憩いながら、ひとりの観察者になることです。

 

世界の中にいながら世界に属さない方法を皆さんが学ぶ時、他の人々のせいまたは他の人々によって行われたあらゆる物事は、その人々の意識の状態のひとつの反映であり、しかし表面的な物事にもかかわらず、その人々の真の本質は神聖であることを、皆さんは直ぐに認めます。

 

何故なら、他に何もないからです。


 


神だけが存在します。この認識が、霊的な進化に対する鍵です。

 

それは、繰り返される生涯の間のすべての悪い場所の中で、今まであらゆる魂が探し求めてきたものです。

 

世界の大部分が今、外部への感覚の中で良い物事を探し求めることを止める準備ができていて、彼らが探し求め続けてきたあらゆる物事は、既に内部にあることを良く理解しています。


 


次元上昇とは、その時人がその中で、ただ一体性だけがあり、一体性は無限の姿と多様性の中で永遠にそれ自体を表現していることを認識している場所から世界とあらゆる物事を確認し始める、さらに高いひとつの意識水準の達成のことです。

 

今後あらゆる魂が、数多くの次元上昇を経験することになるでしょう。


 


わたし達は、力について話をしたいと思います。

 

何故なら実際に、今はそして今までいつも、ただひとつの力だけが存在しているからです。

 

数々の生涯を通して二元性と分離のエネルギーの中で生きてきて、人類は、一部は良く、そして数多くはそれほど良くない数々の力を受け入れて、経験するようになりました。

 

これが順番として怖れの意識を生み出しました。


 


一般的に世界は、依然として数多くの力(大きなものになっているその病弊)の価値を信じ、そして怖れるようにとして条件付けられています。

 

それが真実として意識に受け入れられる時、それは今後外的に明らかになり、特定のに正当性を貸し与えることになるものです。


これに関する戦争、それに関する戦争の促進のすべては、単純に一般的な意識に埋め込まれた特定の信念に過ぎません。


 


3次元の信念体系の中で、個人的な力は通常は何かに対する力として理解されます。

 

一部の個人、場所、あるいは状況であり、そして頻繁に幾つかの支配の姿として明らかになります。

 

それはひとつの精神的な態度であり、物質的、情緒的、そして精神的な活動に基づいた個性は、しばしば別の人物に強要されます。

 

時に良い物事のために、そして時にそれほど良くない物事のために。


 


霊的な力は、ひとつの根源の資質、ひとつの意識状態であり、一度達成されてしまえば、外部の環境にもかかわらず揺るぎない内的な強さとして明らかになるものです。

 

それは、他のどのような経験にもかかわらず、わたしはわたしであるから、安全であるという、ひとつの内面の強さになります。

 

霊的な力は、そう語る能力を持ち、強さと力で語られまたは行われることが必要なことを正確に、しかしいつも愛に溢れ敬意あるやり方で行う人々のその言葉と行動の中で、簡単に認められるものです。


 


あらゆる探求者が、彼または彼女が依然として力として維持するもので自分達の信念体系を調べなければならない時が訪れます。

 

その理由は、皆さんが力を与えるどのような対象でも、今後皆さんのための力になるからです。

 

一体性ではないひとつの力への信念は、結果的にいつもひとりの個人、場所、あるいは物事が皆さんを支配するというある種の怖れになります。


 


皆さんが依然として依然として力として維持している可能性がある人々、出来事、環境、そして経験の内容に気付くためには、深く誠実な自己調査が必要になります。

 

しかし怖れを乗り越えることを希望している誰もが、自分達が怖れている内容と理由を積極的に認識することが必要になります。

 

ほとんどの怖れは、深く埋め込まれまま数々の生涯を通して持ち運ばれて、保護され(それがまさに自分のありのまま姿)、所定の場所に維持され、ひとりの個人の細胞の記憶の中でエネルギー的に蓄えられて、解消されるまで留まります。


 


普通過度の怖れは、過去または現在の一部の心的外傷を引き起こす経験に基づいています。

 

その経験のエネルギーは、日々の暮らしの幾つかの普通の経験によって活性化されるまで、普通は休眠した状態で横たわります。

 

その時そのエネルギーの並びが、他の人々には馬鹿げて不要に見える脅えたやり方で個人が行動する状態を引き起こす、心的外傷を受けた時の情緒を活性化します。


 


皆さんが一部の個人、場所、または物事に関する抵抗または実際の怖れを感じる時、自分自身に、わたしは、わたしにこのように感じさせる何を信じているのか?、と尋ねてください。

 

それで皆さんは、皆さんの反応を引き起こすその個人的な信念にたちまち気付くことになるでしょう。

 

その時皆さん自身に、真実の光りの中でわたしは今これを認識しているが、これは本当だろうか?、と尋ねてください。


 


依然として皆さんが力を与えているものを把握することは、怖れを乗り越える際の最初の一歩になります。

 

一度現在の状況に対するひとつの信念を確認してしまえば、その時は所定の場所でそれを支えるまたは維持しようとするものは何ひとつなくなるため、それにと伴う怖れは解消するはずです。

 

その時その状況に対する実際の解決策は、もしもそれが必要とされているなら、明らかなものになることができます。


 


皆さんは、特定の人々、場所、または状況との遭遇を楽しむか、あるいは怖れ続けるかもしれませんが、しかし忌避と3次元の解決策は、自分達の霊的な旅の次の段階の準備が整っている誰にとってももはや機能しません。

 

その好ましくない経験は、怖れを引き起こす人々、場所または状況に関する個人の信念の誠実な内面の精査を通してさらに高いひとつの水準でひとつの選択が行われるまで、続くことになるでしょう。


 


一部の人々は、さらに深い検討による外部の支援が必要になるかもしれません。

 

専門家、ひとりの親友、そしてまた守護霊や教師達にいつも支援を求めることです。

 

意図がその鍵になります。

 

その目標は、決して隠蔽されるべきものでも一部の怖れと一緒に生きる方法を学ぶべきものでもなく、その信念体系の深さを測定して、闇雲に力を付与することになっていたどのようなものでも表面化させることです。


 


時間と伴に、今後皆さんは、そういった怖れをもたらした人々、場所、そして状況が、もはや皆さんを支配する力を持たないことに気付くようになるでしょう。

 

皆さんは、他の個人が自分自身に対する敬意を持たない時でさえ、お互いを尊重するひとつの場所から生き始めます。

 

皆さんは、既にその力を手放すように惑わされることのないひとつの意識状態まで進化を遂げているため、必要な時に皆さんの真実を話すことを怖れません。


 


誰ひとりとして、皆さんのために皆さんの人生を明らかにすることはできません。

 

そして皆さんがそうなりたいと考えない限り、皆さんの外部のどのような物事も皆さんを支配することはできません。

 

皆さんは、皆さんの経験の創造者です。

 

何故なら、皆さんは意識であり、単なる物質的な身体ではないからです。

 

皆さんは、皆さんの意識を通して聞き、確認し、味わい、そして匂いを嗅ぎます。

 

精神は物質として現れます。

 

一度皆さんが根源との一体性というひとつの意識を獲得してしまえば、世界のは皆さんに触れることはできません。

 

何故なら、皆さんはもはや数々の力のエネルギーに同調していないからです。


 


わたし達は、今後もはや皆さんの人生の中で不快で怖しいか否定的な経験が起ることはない、あるいは、皆さんは今まさに他の人々の苦悩を無視することができる、と話している訳ではありません。

 

わたし達がまさに伝えることは、あらゆる人生の目的は、夢から目覚めることだ、ということです。

 

一体性の力に属するひとつの意識を理解してそれに基づいて生きること、そしてその一体性の力が皆さんである、ということです。


 


3次元の世界は、信念のエネルギーによって形成されて所定の位置に維持されている、一部は良くて一部は悪い数多くの力がせめぎ合う、ひとつの世界です。

 

今は、こうした誤った力の顕在化にエネルギーを与えることを止める時です。

 

皆さんがするように、今後皆さんは、また真実の光りの中に立ち、生き、そして活動している同じ考えを持つ他の人々を引き寄せている自分自身に、直ぐに気付くことになるでしょう。

 

今後皆さんの啓発されたエネルギーが皆さんの意識状態と同調する人々や経験を皆さんに引き寄せて、今後人生経験は変わり始めることになるでしょう。


 


目覚めた魂は、唯一の真の力は神聖なる意識である、という実感を通して、もはや犯罪組織、政治集団、軍、裕福で力のある人々または蒙昧な人々に、たとえこうした人々が二元性と分離の催眠術から行動する時でさえ、力を与えることはありません。


 


目覚めた魂は、もはや金銭、容姿、あるいは持ち物のような物事に力を与えません。

 

自分達の中では、こうした物事は、唯一内部から流れることができる霊の資質である幸せ、充足、安らぎ、あるいは喜びをもたらす力を持たないことを、認識しているからです。


 


その目覚めていない状態で、人類はこれからも自分自身の外部に充足を探し続けることになるでしょう。

 

何故なら、そこが自分達がいるべき場所だと信じるからです。

 

読者の皆さんは、そこが何処かを認識し、そしていつも内部に留まり続けてきました。

 

実感が深まって皆さんの達成した意識状態になるに連れて、根源の資質が、皆さんが以前は外部の世界から探し求めた豊かさ、健康、健全な人間関係等々としてどうしても外部に現れてしまいます。


 


皆さんの経験の中で品位が現れる時、今後それは、世界としては皆さんにとって正しいと言いたいものではないかもしれませんが、皆さんにとって個人的に正しい数々の形となって現れるようになるでしょう。

 

外科医はより良い犬のトリマーになる方法に関する考えを明示することはなく、また犬のトリマーも幾つかの新しく革新的な外科手術法のための考えを与えられることもないでしょう。

 

完全性と全体性を備えた一体性に属するひとつの意識は、今後その時点で皆さんにとって満足できる必要となるあらゆる姿を身に着けて外部に姿を現すようになるでしょう。


 


誤った信念は、ひとりの個人が身に着けることを選択することがあるペンキのようなものです。

 

ひとりの個人のペンキは、協調的で興味深い色彩でとても素敵に見えることがある一方で、別の個人のペンキは、暗く、不調和で、見るに耐え難いものになることもあります。

 

啓発されたあらゆる個人の仕事は、決してそのペンキは実際に神聖なる意識の完璧なひとつの表現ではなく、これからもそうなっているその個人ではないことを、間違いなく認識することです。


 


進化は、皆さん自身や他の人々から積み重ねられたペンキを取り除くという骨の折れる仕事です。

 

今までその一部は数多くの生涯の中で塗り直されてきて、その結果今後はそれを取り除くためにさらに多くの努力が必要になるでしょう。

 

徐々に時間をかけて積み重なったそれぞれの些細なものが洗い流されて、その仕事を遥かに簡単にしながら、真の自己が物質的に、情緒的に、精神的に、そして霊的により一層明らかになります。


 


真実が皆さんの意識状態になるまで、皆さんがひとつの幻影の世界を癒している皆さん自身に気付き始めるという意識的な考えを持たずに、あらゆる状況中で皆さんのありのままの姿を忘れないでください。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group

9/25/16

http://www.onenessofall.com/newest.html





翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年9月11日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2016年9月11日
SEPTEMBER 11, 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele



親愛なる皆さん、これほど数多くの人々が依然として記憶し哀悼するひとつの出来事を偲ぶこの日に、挨拶を送ります。

 

無駄なことは何ひとつ起らないこと、そして物質的な身体が消滅した人々は、生まれる前に、他の人々を目覚めさせるために役立つ幾つかの出来事の一部になることを選択しました。

 

たとえ人々のこれほど突然の故郷への帰還が取り残された最愛なる人々にとって途方もない悲しみと喪失感を創り出したとしても、決して誰ひとりも死にません。


 


こうした親愛なる人々は、無頓着で幾分保護されたひとつの社会をその暴力が引き起こす戦慄と苦痛に目覚めさせると同時に今まで隠されてきた数多くの問題に対してその眠っている目を開く支援をする目的のために、このようなやり方で役立つことを選択しました。

 

この出来事は、平和のために必要な数々の活動と正当な防御の名を借りて他の人々に同じ苦悩を引き起こしてきた合衆国という国にとって、ひとつの重要な授業でした。


 


911と呼ばれるその出来事は、平和の意味と、暴力が遥か遠くで視野の外にある時でさえ決して祖国に平和を生み出さない姿に関する、ひとつの新しくさらに高い自覚をもたらしました。

 

何故なら、遥か遠くの場所やわたし達対彼らなどはなく、ただ一体性だけが存在するからです。


 


平和は進化したひとつの意識状態であり、従って3次元の考え、立案、計画、そして策謀を通して決して現れることはなく、これからもないでしょう。

 

真の平和は、ただその実質、ひとつの平和な意識が存在して平和として外部に明らかになる時にだけ、生じることができるものです。


 


平和は、光の活動家としての皆さんの仕事です。

 

皆さんは目覚めていて、従って日々の暮らしのあらゆる状況に一体性の光を持ち込みます。

 

あらゆる個人の内部に存在する唯一の力であり、唯一の存在感であり、唯一の現実性である根源に関する自覚です。

 

余りにも数多くの人々が、依然として他の人々が和解することを待ちながら傍観しています。

 

良い意図にもかかわらず(実際にこれを理解するほんの少数の指導者達はいますが)、それを形成するために必要な実質、ひとつの平和な意識がなければ、真の平和は外的に明らかになることはありません。


 


数多くの指導者達と同時に個人達も、平和を望む振りをする一方で、どれほど数多くの人々がその過程の中で傷付けられるかということに関する配慮を持たない利己的で独善的な目標を達成することを目的として、ひとつの暴力的な意識から行動しています。

 

彼らは、自分達が行っていることは人類の善に役立っていると自分達自身や他の人々に伝えることによって、自分達の行動を正当化します。

 

終りを迎えるのは、見せ掛けの平和のための過去の時代です。

 

何故なら、自分自身に誠実ならなければならないのは当事者達であり、そしてその現状である無へと解消することを許されるのは、過去の廃れた概念になるからです。


 


世界の数多くのいわゆる平和のための活動はそうではなく、単純に説明の言葉で偽装された3次元の目標に過ぎません。

 

今後それは、少なくとも大多数の人々からの抵抗を引き起こすことになるでしょう。

 

しかしその一方で、世界は目覚めながら、もはや古い方法は機能しないことを急速に自覚するようになっています。

 

平和の努力の促進とそれに関する偽りの情報が続く理由は、暴力と戦争から利益を得る人々がいて、眠っている社会がそれを許す限りその偽りを続けることになるからです。


 


目覚めている世界は、急速に倦み飽きていて、もはや暴力と戦争の宣伝活動に共鳴しません。

 

それに関する魅力と称賛は、恩恵を受ける立場にいる者達によるそのすべての熱狂的声援、旗振り、そして促進にもかかわらず、それに充分に関与している人々によってさえ、痛み、苦悩、そして死といったその現状の姿として確認されはじめています。


 


世界が完全に3次元的だった時、戦争と暴力は数々の紛争に対するひとつの自然で容認された解決策である、と、大多数の人々によって確認され、理解されました。

 

わたし達は、と戦闘する役割の中で愛を込めて自分達の生命を与える人々の数々の犠牲を、過小評価しません。

 

こうした親愛なる人々の大多数は、他の人々に対する愛というひとつの立場から今まで積極的にそれを行い、今も依然としてそれを行っています。


 


戦士のエネルギーは、ひとりひとりの皆さんが他の数々の生涯の出来事を通して既に経験し統合している、強力で肯定的なエネルギーです。

 

戦士のエネルギーを暴力として考えずに、強さ、力、そして恐怖心の無さとして考えてください。

 

依然として戦士のエネルギーを経験して統合すること必要としている人々は、今後平和、真実、そして愛の戦士として、これを経験する機会を持つことになるでしょう。


 


今に至るまで、世界は平和をただ戦争の不在だけとして理解してきました。

 

しかしその一方で、人類があらゆる物事に関してさらに高い自覚の水準に進化するのは、今であり、今日であり、新しい時代です。

 

これを行うためには、二元性と分離の意識に基づいた数々の手段、信念そして活動が、新しくさらに高い意識状態の範囲で再評価されることが必要になります。

 

既に窮屈になっているものを象徴する解決策を保有することは、ただ単に今後もはや機能しなくなる数々の発想と解決策に個人達を縛り付けたままにするために役立つだけです。


 


数多くの人々が、世界は自分達がいつもそれを認識してきたようなままでなければならない、それは変わるべきではない、と考えます。

 

進化は、ひとりの個人が自分の本当の自己の現実性に目覚めることを目的にして、それぞれの個人のさらに高い自己によって導かれた、無限に継続するひとつの過程です。

 

ひとりの個人が自分達の自覚の中の次の段階のために霊的に準備が整った時に、進化は起ります。

 

一部の人々は急速に目覚め、他の人々は目覚まし時計が必要になりますが、しかし今後すべての人々が、もしかすると今からの数多くの生涯の一部の時点で、真実に目覚めることになるでしょう。


 


世界は強烈な漸進的な変化のエネルギーの只中にあり、そして皆さんはすべてこれを感じています。

 

外部の世界の中で起っていることにもかかわらず、皆さんの中心を固守してください。

 

放送電波を通して浮上しているすべてのニュースまたは噂話について知る要求を手放して、見た目の善し悪し両方は幻影的なものであるため、その両方の背後にある現実性を確認することを、実践してください。


 


その現実性とは何でしょうか?

 

ただ根源の属性だけが現実性であり、こうしたものは永遠に神聖なる法則によって適切に保たれています。

 

平和、豊かさ、歓び、完全性、全体性、知性、創造性等々は、ただあらゆるひとの内部で認められずに横たわっているその神性の側面の一部に過ぎません。

 

親愛なる皆さん、皆さんの神性を主張してください。

 

何故なら、皆さんは準備が整っているからです。


 


地上には、進化した意識状態になっているか、現時点でその状態に参加している数多くの若い人々がいます。

 

その人々は、既に愛を込めて地球の進化的な次元上昇を支援することを選択しています。

 

その人々の光は、新しい確認のし方や考え方の中で、世界中に反映しています。

 

何故ならその人々は、依然として古いエネルギー維持している人々が行う同じやり方で物事を確認することはないからです。


 


両親達、教師達、そして家族達は、快活な小さな子供達や十代の若者が、二元性と分離に属する信念や古い物事のやり方を黙認しないで、その子供達の周りにいるしばしば自分達のやり方は唯一の正しいやり方だと信じる人々に狼狽を引き起こしている状況に、急激に気付くようになっています。 


 


新しい身体の中にいるこうした古い魂達のメッセージに耳を傾けて、それに注意を払ってください。

 

そして子供達は若く、皆さんは皆さんが最も良く認識していると考えるという理由から、その子供達を服従の檻のなかに無理に閉じ込めようとしないでください。

 

その通り、子供達は仕組みと指針が必要ですが、しかし子供達はひとつの新しい世界意識と平和な世界を生み出す支援をするためにここにいるため、子供達は何よりもまず、愛されて敬意を持って耳を傾けられることを必要としています。

 

もしも皆さんがその子供の親、教師、あるいは保護者であるなら、今後皆さんは子供達を認めて、皆さんは祝福されていることを認識するようになるため、皆さんの直観を信頼してください。


 


平和を実践してください。

 

皆さんからの幾つかの愛情を待ち焦がれている犬を撫でてください。

 

その日中を通して嫌悪の他に何も受け取らない可能性がある路上生活の個人に笑顔を向ける一方で、その個人のカップの中に1ドル入れてください。

 

親交にたいする絶望的な要求の他に何も話し続けることのない孤独な隣人に、寛大になってください。

 

例え協力する人々や皆さんのために働く人々がどれほど不快に見える可能性があるとしても、敬意と感謝を持ってその人々と接してください。すべての気質の形態に対して、寛大になる方法を学んでください。


 


外部に漂っているこうした外見的に小さな活動のエネルギーが、平和を創り出します。

 

何故なら、平和は無条件の愛でしかなく、無条件の愛がある場所には、平和にならざるを得ないからです。

 

これは、必ずしもひとりの気に触る個人が利己的で気に障る状態を止めるようになることを意味する訳ではなく、また一部の人々が他の人々から離れて暫く時間を過す必要性を排除する訳でもありません。


 


3次元の信念体系の無意味さを提示される時、目覚めた個人は、黙認することも無視することもなく、あるいは神はすべてであり、それは重要ではないと闇雲に口にすることもありません。

 

その個人は、自分が確認するものを否定することなく、認める一方で、同時に根本的な真実を認めます。


 


具体例:皆さんは1件の交通事故に行き当ります。

 

皆さんは、嗚呼、これはすべて幻影だと言ってその場を離れることはなく、その代わりに、皆さんは2元性(悪対善)と分離(他の運転者から離れたそれぞれの運転者)に基づいたエネルギーの表現を目撃していることを自覚します。

 

その時皆さんは、皆さんにできる限りの支援する方向に進みます。

 

今まで、世界の中にいて、世界に属さないということが言われています。

 

これを、ひとりの霊的に目覚めた個人として毎日の経験を生きるための、皆さんの座右の銘にしてください。


 


霊的に進化したひとつの意識状態は、外見的にどれほどありふれた状態に見えるかどうかにかかわらず、あらゆる状況に光をもたらすために反射的に役立ち、どのような問題に対しても完璧な解決策として明らかになります。

 

このようにして皆さんは、穏やかに、静かに、神聖に、そして意識的に考えることなく、世界意識に平和を添えます。


 


平和は、一体性の中で安らいでいるひとつの意識状態であり、しばしば外見的に霊的な物事に関する興味または知識を持たない、既に依然の数々の生涯の中でこの意識状態を獲得している個人達の中で確認されます。

 

その個人達は、行動または具体例、意識の中で充分に確立されたその安らぎを通して役立つために、現時点でこの地上に存在します。


 


数多くの人々が、気が付くとこうした個人達に引き寄せられる理由は、彼らの意識が、その周りの人々に感じられるひとつの穏やかなエネルギーを放射するからです。

 

数々の時代を通して、こうした進化した数多くの魂達は、人々が他の個人から探し求める同じ資質をその人々自身も携えていることを理解しなかった上に今も理解しないその人々によって、意識せずに崇拝されて、望ましくない霊的な権威ある立場に押し遣られてきました。


 


より一層数多くの人々が目覚めて、無条件の愛のエネルギーを放射し始める時、世界全体の共通意識は、平和に向けて穏やかに移動することになるでしょう。

 

これが皆さんの仕事です。


 


わたしたちはアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group 

9/11/16

http://sananda.website/the-arcturians-via-marilyn-raffaele-september-11th/




翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団:2016年8月28日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2016年8月28日
August 28th, 2016




Posted on August 29, 2016
マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele



1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、わたし達は、自分はどういう訳か道に迷ってしまったと数多くの人々が考える状況を引き起こしている、混乱と情緒を観察します。

 

霊の旅は、皆さんが過去にその旅を認識していたやり方はもはや追求と探索のひとつの道筋ではなく、わたしは既にわたしが探し求めてきたあらゆる物事であることを自覚し、受け入れ、生きているひとつの活動になっているため、既にそのやり方からは変わっています。


 


進化の過程は、ひとりの個人に喪失感を残し、もしも人々が今起っている物事に関する考えを何も持たないとすれば、自分達の居心地の良く、しかし幻影的な基盤が消滅し始めるため、戦慄さえ残します。

 

親しみのある世界を処理するやり方がもはや正しいと感じない理由は、人類の新しい意識状態が、人類が慣れていたものとは異なって共鳴しているからです。


 


霊の進化は、ひとりの個人が新しい意識水準に対する準備が整うに従って、さらに高い自己によって導かれます。

 

もしもその個人が自分の即応能力を意識的に自覚していない、あるいはその上霊的な問題に興味を持っていないとすれば、その個人の霊の成長のために必要な経験が始まるため、結果として多大な当惑と動揺が起ります。


 


3次元のひとつの世界のための数々の解決策は、その意識にとって完璧であり必要なものでしたが、しかし今はこれほど数多くの人々が3次元のひとつの意識状態から既に移動しているため、過去の数々の解決策は、もはや共鳴しません。

 

真実(癒し)の基礎から築き上げられたその解決策は移行して、さらに高くより良い表現の形へと向かっています。

 

しかし二元性と分離(戦争)に基づく人々は、もはや自分達を存続させるエネルギーが存在しなくなるため、単純に今後消滅することになるでしょう。


 


もしも道に迷っているという感覚が皆さんの経験になってきて、依然として今もそうであるなら、皆さんは皆さんの道に迷っていない、つまり霊的に後退していないことを、認識してください。

 

達成された意識の進化のそれぞれの水準は、永遠に皆さんのものです。

 

皆さんは、決して古い意識状態に戻ることはできません。

 

数多くの人々が、今後それがひとつの人間関係の問題を解決するか、自分達がより良く順応するために役立つと考えて、これを行おうとします。

 

しかし人々は、自分自身の内部で、自分達の達成された意識状態のままでいることになるでしょう。


 


同じように、まだ達成されていないひとつの意識状態に見せ掛ける人々がいます。

 

それが、ひとりの教師あるいは何らかの種類の道筋を選択する時に、皆さんの直観を信頼することが重要になる理由です。

 

唯一の真の教師は内部に存在し、今後皆さんのそれに関する自覚は、教師、書籍、分野、あるいは皆さんにとって正しい道筋として、外面的に明らかになるでしょう。


 


真実は、知性的な知識になっている状態から、生きて呼吸しているひとつの意識状態に移行することが必要になります。

 

それは、真実の知的な探求で始まり、その後に、それを受け入れて日々の活動の最も単純に物事の中でさえそれを実践することが続きます。

 

これは、まだ達成されていないひとつの意識状態を取り繕うとして、絶対的な真実の中で厳格な立場を取ることを、意味しません。

 

それが意味することは、個人の最も高度に達成された自覚した状態から人生を生きることであり、今後それは、新しい真実とさらに深い自覚として、明らかになり始めるでしょう。

 

進化は、決して止まることも停滞することもなく、こちら側とあちら側の両方で継続している旅です。


 


皆さんが皆さんの一体性と完全性を認めた状態で生きる方法を学ぶ時、皆さんは直ぐに、最も単純な日々の行動から解決策を必要とする最も深刻な諸問題に至る範囲にまで及ぶ、共時的な数々の出来事、発想、解決策、そして新しい精神の安らぎを経験し始めるようになるでしょう。

 

根源は、それよりも大きな物事またはそれよりも小さな物事について、なにひとつ認識しません。

 

それは、まさにいつでも完全で欠けるものが無い状態になっています。その時精神は、外部に向けてこれを必要な物事として解釈します。


 


その誘惑は、過去において機能したものを同じように機能している状態を試して、それを継続させようとします。

 

現時点では、さらに高い光の周波数が地球に注ぎ込まれています。

 

そのエネルギーは、古い物事を解消するために役立っていて、古い物事に取って代わります。

 

こうしたメッセージを読む皆さんは、既に進化してこの一部になることを選択していて、既に真実を理解してそれに共鳴することができるひとつの意識状態を達成しています。


 


人間の精神で神を理解しようとして分析し試みることがひとつの空しい3次元の活動である理由は、単純に人間の精神がそれを行うことはできないからです。

 

精神は、ひとりの個人がその精神が神聖なる意識の内容に触れることができる状態に進化するまで、普遍的な総意の意識のなかで漂っている既にそこにある物事を持ち出すことしかできない、意識のひとつの手段です。

 

その時精神は、この源泉から、さらに深い数々の真実、新しい数々の発想、情報を、まだ認識されていない事実として引き出すことができます。

 

これが、偉大なる芸術家達、音楽家達、そして科学者達がそこから喉を潤す、源泉です。


 


今後人間の精神は、既に認識されている物事、あるいは簡単に接触できるものを利用することになるでしょう。

 

それが、個人達が緊迫した時期に気付くと頻繁に古い習慣や信念に立ち戻っている理由です。

 

精神は、単純に既に条件付けられている物事を装っています。

 

精神はひとつの完璧な自覚の手段である一方で、古い数々の習慣への時折の逸脱に対して決して叱責することはないため、皆さんの精神に、愛と感謝を表現してください。

 

今後これが、精神が持たないひとつの力を精神に与えることになるでしょう。

 

皆さんが愛を込めて精神を向け直して、真実で再条件化するにつれて、逸脱が起る状況はより一層少なくなります。


 


皆さんが皆さんの日常に取り掛かる時に皆さんの精神に突然浮上するか過る可能性がある数々の考えという理由から、決して皆さん自身を情緒的に罰さないでください。

 

数々の考え、概念、そして信念は、皆さんがそれを皆さんのものとして受け入れるまでは、決して皆さんのものではありません。

 

それは、普遍的な世界意識の中で漂っている、個性を持たないエネルギーです。


 


しかしその一方で、ひとりの個人の個人的な条件付けと過去の人生経験は、特定の考えと信念の型(似たようなエネルギーと一致するエネルギー)を引き寄せることがあります。


 


例えば、健康と病気の問題に関わる数多くの生涯を経験してきたをひとりの個人は、病気対健康の問題に対処しなければならないという非個人的ながら普遍的な示唆に対して、より影響を受け易く理解し易い状態になります。

 

もしもその個人がこうした示唆を受け入れるとすれば、おそらくその個人は、現実と仮想の病気と健康の問題を抱えるひとつの生涯を経験することになるでしょう。


 


表現されない意識は、ひとつもありません。

 

皆さんは、皆さんが考えるあらゆる考えと皆さんが保有するあらゆる信念で、創造を行います。


 


既に人間は、自分の本当の姿を自覚してそれを経験し始めようとするひとつの霊的な即応能力を獲得しています。

 

依然として、陳腐化しているものの、自分達が自分達の目で確認する世界は実在し、変えることはできず変えるべきではないと認識するその大好きな信念体系を乗り越えることを、拒否する人々がいます。

 

自由は、すべての人々が自分自身の速度で進化することを認めることになるでしょう。

 

そして、あらゆる人のために、適切な時が訪れます。

 

皆さんの時は、今です。


 


皆さんは今、過去において皆さんに役立ったかもしれないものの、今では窮屈になってしまったひとつの個性、伝統、儀式、あるいは目標に関する何らかの依存を、置き去りにすることが必要になります。

 

これは、決して皆さんが結晶質を愛し、維持し、それと連携することができないこと、あるいは皆さんは皆さんが引き寄せられるひとつの授業に出席するか一冊の本を読むことができないことを意味する訳ではありません。

 

それが意味することは、今皆さんは、皆さんが何らかの物事が必要だと信じるかそれに依存している状態でいるか、あるいは皆さんの人生の何らかの側面の中で皆さんの自己の外側の何かを手放す準備が整っている、ということです。

 

それは、中心から、すでに内部に存在する完全性の静かな場所に基づいて生きることを意味します。


 


皆さんが現時点で世界の中で混沌や苦痛を目撃する時、あらゆる魂は、転生の前に、自分自身あるいは世界の学びと進化のために必要なそういった経験を選択することを、忘れないでください。

 

一部の親愛なる人々は、まさに今、非常に困難ながら必要な課題を経験しています。

 

同じ状況に直面している他の人々は、ひとつの全体としての人類の進化を支援するために、既にこうした困難な経験を選択しています。


 


すべては計画に沿って進行していて、偶然の出来事は何ひとつもありません。

 

皆さん自身が、新しいひとつの世界意識の誕生の不可欠な部分になるという幸運に浴していることを、考えてください。

 

ガイアは進化していて、今後皆さんの支援を受けても受けなくても、進化して行くでしょう。

 

神聖なる意識は、今までいつも、そしてこれからもいつも、唯一の現実性であり唯一の力ですが、しかし現時点では、準備が整っていながら消極的な数多くの人々が、それを辛いやり方で学んでいます。


 


親愛なる皆さん、個人的にあるいは地球規模で皆さんと対立する数々の外観にもかかわらず、皆さんと他のすべての人々は今も今までも完璧で欠けた所がなく、完全であり、決して死ぬことはないことを、決して忘れないでください。

 

今までこれがあらゆる生涯の目標になってきたことであり、そして今皆さんはそこにいます。


 


皆さんの時が、今です。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group
8/28/16


http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-august-28th/







翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年5月15日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group


2016年5月15日
MAY 15, 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele, May 15th



親愛なる皆さん、こんにちは。

 

皆さんは、今地上の数多くの異なる場所からかなり沢山の光が溢れ出している姿に嬉しくて驚くかもしれません。

 

数々の目が開き始め、数々の耳が聞き始めています。

 

それは、まるで何も新しいことは起っていない、まるでその代わりに世界が後退しているように見えるかもしれませんが、しかしそれはそうではありません。


 


皆さんが今気付き始めている沢山の腐敗は、以前はひとつのエネルギー系の範囲内で大多数の人々から隠されたままになっていたものであり、こうした活動を暴露することを求めた誰でも、単純に排除されました。

 

現在、さらに多くの腐敗はなく、単純に現代的な科学技術と進化した世界意識を通して、こうした物事が今表面化しているだけです。


 


世界は、自己強化と自分達は自分達自身のために選択する能力を持つという理解に目覚めています。

 

これが、合衆国の政治情勢の中で外見的に明らかになっています。


 


これは、3次元の中で進化が機能するやり方です。

 

歴史を貫いて、非常に進化した神秘主義者達や教師達が、人間の精神(二元性と分離の信念に条件付けられた精神)はただ既に存在するものを利用できるだけだという理由から、世界意識に霊的な真実を蒔くことを目的として転生しました。


 


こうした教師達は、普通は異端者またはそれよりも悪い者と考えられ、その教えのせいで数多くの教師達が殺されました。

 

その当時、こうした真実はかなり新しいものだったため、自分達に関する意識に達するほど充分に進化したのは、ほんの少数の人々だけでした。

 

しかしこうした光の活動家達の教えが世界意識の一部になったおかげで、その教えは今、その教えを受け入れる準備が整っていてこころを開く誰にでも利用できます。


 


進化の旅の中で、必要などのような情報または真実でも、皆さんが条件付けられた人間の精神を回避しながら内部から受け取り始めるようになる、ひとつの時点が訪れます。

 

これが、真の創造性の源泉です。

 

すべての現場にいる大いなる才能を持った芸術家達は、既に認識された物事に屋根屋を積み重ねることはなく、完全に新しい物事がさらに深いひとつの水準から流れ出すことを許します。


 


気象の混沌は、ガイアの次元上昇の一部として取り除かれることが必要な過去と現在の密度の高いエネルギーを浄化する、ガイアの方法です。

 

人類がガイアを汚し、不調和で低く共鳴する戦争と分離のエネルギーを作り出す限り、ガイアはガイア自身の浄化を強いられることになるでしょう。


 


わたし達は今日、非常に難しいだけではなく、人々が無条件の愛に移る時に数多くの人々にとってひとつの障害になってきた許しについて、無条件の愛のひとつの面について、話をします。

 

数多くの皆さんが、今回の生涯と同時に過去の生涯の中のすべての水準で皆さんを深く傷付けた数々の経験を積んできました。

 

その結果皆さんは、細胞と同時に意識の記憶の中に、依然として恨み、憎しみ、怒り、恥辱、罪悪感、怖れといった情緒を持ち運びます。


 


皆さんは今霊的に準備が整っているため、認められ浄化されることが必要なそういったエネルギーが今、姿を表しているところです。

 

一部の個人または状況によって誘発されて、今後そういったエネルギーが全く予期しない時に頻繁に飛び出して、その個人を驚かせ当惑させることになるでしょう。

 

幾つかの出来事によって誘発された蓄えられた細胞の記憶が、その運転中の過剰激怒、不安発作、そして過度の怖れ、それと同時に数多くの他の人間の状況の根幹です。


 


否定にもかかわらず、あるいはどれほど深く埋めようとも、古いエネルギーは共鳴し、個人的なひとつの信念体系と選択に影響を与えます。

 

既に数多くの人々が、自分達は許したいけれど一部の特定の人物または個人を決して許すことができない、と信じるようになっています。

 

一部の人々にとって、許しの拒絶は意識的なひとつの選択ですが、しかしその霊の道筋の上で進み、自己と同時に他の人々に対する許しを選択している皆さんは、次の段階のための準備を指し示します。


 


あらゆる魂が転生の前にひとつの出生前の魂の計画を創り出すことが、理解されるべきです。

 

あらゆる課題のために必要なすべての重要人物を含むひとつの計画が、霊的な成長のために必要なものとして既に選択されています。

 

こうした人物達は、普通は同じ魂の集団の出身であり、時には悪役さえ演じようとする、愛から志願した様々な役割で一緒に過した、他の数多くの生涯の経験を持ちます。


 


皆さんの地上での滞在の範囲の様々な時代に、一部の人々または数多くの人々が、皆さんに身体的、情緒的、あるいは精神的な損害を与えてきました。

 

これは、あらゆる人に当てはまります。

 

細胞の記憶がこうした経験を蓄え、一掃されるまでそれがそれぞれの新たな転生まで繰り越されます。

 

それが個人の魂の計画の不可欠な部分でない限り、それがあらゆる転生の中で充分に明らかになることは、ほとんどありません。

 

細胞の記憶は意識的な理由などなく、皆さんが特定の個人を実際に知らない時でさえ、皆さんはその個人に嫌悪または怖れで反応するかもしれません。


 


一部の人々は、生きて誇らし気に自分自身を被害者として識別して、過去の出来事の周りで自分の同一性全体を築き上げる人生を過します。

 

この意識状態は、依然として3次元の信念体系の中で充分に生きている個人に対する自己強化の最初の段階を提供することがありますが、しかし皆さんは、さらに高いひとつの水準から確認し行動する準備が整っています。

 

一部の心的外傷が個人的に皆さんのものになるように抵抗し、糊塗し、あるいは主張することがない水準です。

 

皆さんは、根元に大鉈を振るいます


 


依然として皆さんを捕らわれたままにするそういった状況を深く検討することは、勇気が必要になります。

 

何故なら皆さんは、良く理解できる通り、その当時の皆さんの意識状態を反映している苦痛に満ちた情緒を追体験したくないと思うからです。

 

例え皆さんがこうした経験をどれほど深く埋めて隠そうとしてきたとしても、付随する怒り、恥辱、怖れ等々は、皆さんのエネルギー場の一部であると認められることが必要になります。

 

あらゆる個人的な情緒または考えを抵抗せずに尊重して、提供されたその課題に対する愛としてさえ受け入れることは、愛に溢れた自己の極端に重要な部分になります。


 


皆さん自身と皆さんの情緒を称え、決して何らかの回避手段を求めることも、それは真の霊性の一部ではないという信念で検査せずにそれを排除するといったことがないようにしてください。

 

幾つかの許しの概念を獲得して、皆さんが許しを探し求める時に明らかになる怒り、怖れ、恥辱、恨み等々の情緒を覆すためにそれを利用しようと格闘しないでください。

 

自己のすべての面の承認と尊重が、皆さんが好きではないその部分でさえ必要な理由は、自己は決して一体性から排除されることがないからです。


 


準備ができていると感じる時、皆さんはこう尋ねますか?


わたしはこの経験から何を学んだのか?

 

わたしが維持しているその解釈は、二元性と分離のひとつの信念体系によって提示されるような3次元の概念に基づいていたのか? 

 

それともわたしは敢えてこの経験を4次元に基づいた新たな視点で確認しているのだろうか?


 


例えば、人間の状況の中で、幼児期の虐待は、しばしば成人期の多様な問題を引き起こします。

 

しかしその一方で、幼児期の虐待はしばしば出生前の魂のひとつの計画として選択されることを、理解してください。

 

それは、自分は充分に進化して、自己強化を学び、他者からの確証の追求を乗り越えて、依然として他の数々の生涯から持ち運んでいる古い虐待の細胞の記憶を一掃する準備ができていると感じるひとつの魂によって、頻繁に選択されます。


 


そこから学ぶために自分の進化した能力を超えたひとつの人生経験を計画することは、どの魂にも許されないことを、理解してください。

 

あらゆる人が、いつも自分達の個人的な指導霊と同時に他の光の存在達によって愛情深く導かれています。

 

しかしほとんどの人間はまだこうしたさらに高い次元の支援者達を人間の目で確認できたいため、人々は自分自身がひとりであり、支援がなく、自分達は犠牲者だと考えます。


 


人生の最も暗い瞬間は、しばしば古い意識状態を超えて成長するために必要な転換点になります。

 

その個人にとって、こうした暗い瞬間は、肯定的に把握されることはありませんが、しかし後になって情緒が静まってさらに深い洞察力に対する受容性が存在する時に(数年後でさえ)、それが理解されることになるでしょう。

 

一度皆さんが進化する選択をしてしまえば、皆さんは必要などのような経験でも受け取ることになることを認識して、その過程を信頼してください。


 


許しは、皆さんに苦痛を引き起こしたその個人が今皆さんの最良の友にならなければならないことを決して意味しません。

 

また許しは、皆さんが起った出来事を忘れることも意味しません。

 

許しは否定ではなく、さらに大きな状況を確認して無作為なものは何もないことを認識する、獲得されたひとつの意識状態です。

 

それは、すべての状況は別の生涯からの物事を解決するまたは完了させるか、あるいはさらに高いひとつの意識状態の達成のために必要なそういった機会を提供するかのどちらかのために創り出されたものであることを、理解します。


 


皆さんは人間ではなく、皆さんは皆さんありのままの姿と役割を思い出すための皆さんの旅のひとつの面として、分離を経験することを選択した霊的な存在であることを、決して忘れないでください。

 

地上の二元性と分離という支配的なエネルギーは、しばしばさらに深い自覚の準備ができている人々が、もっと良いやり方があるはずだと話し、従ってさらに多くの物事に自分自身を開くことができるまで、その人々が惨敗を喫することを認めます。


 


過去の数々の生涯に起因するカルマ的な状況は、進化している魂が自分達は古く終わったあらゆる物事を解消して一掃する準備ができていることを認識している時でさえ、しばしば許す能力に入り込みます。


 


一度認識してしまえば、例え関与する他の人々がさらに高いひとつの水準で協調する準備が整っていないまたは協調できないとしても、カルマを解消し一掃することができます。

 

それは、内面に向かい、他の人々の生得の神性を認め、残っているあらゆるエネルギーの紐を取り除き(もしも皆さんがエネルギーの紐を取り除く方法が分からないなら皆さんの意図を言葉にして支援を求めること)、次に単純にそれは終わっていることを認識して進み続ける、という事に関する問題です。


 


個人の意識状態は、真理に向けてさらに深く進化して、残っているカルマのエネルギーを苦もなく認識することさえもなく自動的に解消します。

 

その理由は、カルマはもはやその意識の一部ではないからです。

 

カルマは、依然として3次元の信念に激しく条件付けられている人々にとって、ひとつの活発な問題以上のものです。


 


許しは、ひとつの意図、ひとつの選択の問題であり、さらに深く理解する支援を求めて、その過程が個人の最も高い意識水準で生きている間に展開することを許すことです。

 

個人の否定的な自己または過去の行動に対する罪悪感を取り除くために行われる努力が必要ではない理由は、さらに高い周波数が自動的により低い周波数よりも優先されて、単純に低い周波数を本来の姿である無へと解消するからです。

 

これは、自己改革のさらに進んだやり方です。


 


皆さんが残りの残骸を取り除いて皆さんの信念体系の隅を一掃して、長い間無視されてきたまたは埋め隠されてきた問題を解決するに連れて、皆さんはさらに困難な進化の仕事に入り込んでいます。

 

皆さんが今まで行ってきた何年もの内面の努力が今、依然として取り除かれるかさらに高いひとつの水準から理解されることが必要なあらゆる物事の上に光を当てています。許しは、このひとつの構成要素です。


 


それはまるで皆さんがひとつの映画を観に行くことを選択したようなものです。

 

皆さんはその選択を行い、その物語を見るためにお金を払います。

 

皆さんは夢中になり、その物語が展開するにつれてしばしば怒り、怖れ、悲しみ、哀れみ等々を経験します。

 

皆さんは、起るあらゆる活動に基づいた気分の変動を経験します。

 

そのすべてがとても現実的に感じます。

 

次にその幕が閉じて、謝辞一覧が流れ、皆さんは皆さんがひとりの観察者だったことを充分に自覚して、その映画館を後にします。

 

これが、地球という学校です。


 


皆さんという完璧で無条件の意識である一体性は、分離という夢は保有しません。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group

5/15/16

http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marylin-raffaele-may-15th/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの存在達 : わたし達は今ここにいる [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの存在達
The Arcturians


わたし達は今ここにいる
WE ARE HERE NOW



5-5-16
スザンヌ・リー経由
Via Suzanne Lie

By The Arcturians



親愛なるスジール、わたし達は、あなたが他の人々とより好ましく共有できるようにあなたのコンピュータに朝のメッセージを伝えることができて満足しています。

 

まずわたし達は、これからこのメッセージを読む、目覚めている素晴らしいすべての人々と話をして、すべてに皆さんにそれは今だと気付かせたいと思います。


 


皆さんの現実性の周波数の内部には、皆さんが長い間待ち望んできた数多くの重要な移行があります。

 

したがって、皆さんの銀河と天使の仲間であるわたし達は、この今という瞬間の中で、皆さんというひとつの地上の身体を着用するするわたし達の志願者達を通してこれを共有することを、とても喜んでいます。


 


もしも皆さんの誰かが、あなたがあなたの地球の身体を通して交信することを志願した方法または内容について疑問を持つなら、わたしは喜んで皆さんの質問に答えます。

 

またわたし達は、皆さんが、既に皆さんが皆さんの時空の内部で形成している驚くべき多次元的な集団と、皆さんの質問と答えを共有することを求めます。


 


言うまでもなく、既に数多くの皆さんが気付いているように、皆さんはすべて、3次元と4次元の時空を超えて、そして皆さんの5次元の今ここに向けて、皆さんの意識を拡大する過程の内部にいます。


 


親愛なる皆さん、ご存知の通り、一度皆さんが3次元と4次元の時空の数々の制約を超えて拡大してしまえば、皆さんは皆さんの多次元的な自己の無数の型と完全に結び付きます。


 


この意識の拡大は、皆さんが自覚できるよりもさらに急速に増大しています。

 

それは、この拡大の大部分が静寂に内部で起っているからです。

 

静寂の中で、それぞれの存在は、自分自身の核心部分に、そして自分自身の意識の奥深くからの自分自身の自己の拡大に、気付きます。


 


このようにして、今後それぞれの皆さんが、皆さん自身の神聖なる閃光に気付くことになるでしょう。

 

その広がりは、ガイアの核心部分と同時に人類の可能性に向けた皆さん自身の起源の最も高い次元の内部にある皆さんの最初の概念に至るまで続いています。


 


それはかなり孤独になることがあるひとつの道筋であり、そのため個性という課題を選択しなかった数多くの生命体がいます。

 

またそれは、個人が比較的低い世界の中で道に迷い悠久の時の間故郷に帰ることができないこともある、ひとつの現実性の道筋です。


 


皆さんのさらに高い仲間であるわたし達は、惑星ガイアの上でひとつの個人的な姿を持とうとする皆さんの選択に敬意を表します。

 

皆さんがこの任務を志願した理由は、ひとつの惑星存在の次元上昇を目撃することは、ひとつの大いなる名誉になるからです。


 


皆さんが惑星と同じ要素と自然力からできているひとつの身体を維持している一方で、皆さんは、拡大された能力と、移行を続けるひとつの惑星上でひとつの姿を維持するという進化の経験を積みます。

 

また、皆さんの姿は、地、風、火、そして水という惑星と同じ自然力で構成されるため、皆さんは実際に、惑星でできています


 


言うまでもなく、皆さんは惑星からできている訳ではありませんが、しかし皆さんが着用している地球の姿は、皆さんが惑星を支援して、惑星の5次元とそれ以上の次元に向けた変容の過程に参加するという大いなる名誉を手にすることができるものです。


 


一度皆さんの意識が、従って皆さんが着用している地球の周波数が、5次元の共鳴周波数に入ってそこから出てしまえば、皆さんは時間という3次元の経験から退出し始めます。


 


次に皆さんは、徐々に5次元とそれ以上の次元や今という瞬間にいきているという概念に入ります。

 

皆さんの3次元の時間は、皆さんの地上の身体が回転している惑星地球上に位置する場所に関連しています。


 


実際に、もしもすべての皆さんがこのメッセージを皆さんが受け取った時に瞬時に読もうとしたとすれば、おそらく皆さんは異なる時間にそれを読んでいるでしょう。

 

その一方で、すべての皆さんが、既に皆さんの統一意識が創り出している集団的一体性の今という瞬間の内部でそれを読んでいます。


 


すべての皆さんが、今まで統一意識のための予備検査を創り出してきました。

 

それは次元上昇の準備が整っているひとつの現実性を人類が意識的に創り出すために今後必要になるものです。

 

すべての皆さんが気付いているように、自分達が今後その現実性の周波数と共鳴することができないことを認識しているため惑星の次元上昇を望まない、数多くの闇の勢力が存在します。


 


従って、光の勢力と闇の勢力の間にはひとつの隠された戦闘があります。

 

わたし達が、隠されたと伝える理由は、皆さんの現在の内部で起っている数多くの戦争と拡大された暴力の本当の理由がこうした戦闘に参加している人々の精神から隠されているからです。


 


皆さんの銀河と天の仲間であるわたし達は、ガイアが次元上昇にこれほど近付いている時にガイアがそういった暴力を経験しなければならない状況を、本当に残念に思います。

 

しかし、わたし達が伝えておいたように、ガイアは愛にあふれた母なる地球であるため、ガイアはできるだけ数多くのその人間の子供達をガイアの拡大を続ける5次元の居住環境に連れて行くことを望みます。


 


ガイアの惑星の身体の多次元的な層の内部には、幾つかの次元の居住環境があります。

 

ガイアがその惑星の5次元の光の身体へと瞬く間に移動する時、ただ自分達の5次元の光の身体に瞬時に移動できる人々だけが、ガイアの5次元の居住環境の周波数に共鳴できるようになるでしょう。


 


5次元の居住環境は、しばしば新しい地球として認識されます。

 

ちょうど人類の次元上昇5次元の光の身体の姿への光速の移行のひとつになるように、ガイアのその新しい地球への次元上昇もそのようになるでしょう。


 


言うまでもなく、5次元の光の身体の地球、同時に皆さんの人間の5次元の身体は、既にさらに高い現実性の周波数の内部に存在します。

 

最も高い現実性の周波数は、今という瞬間の内部に存在します。

 

それ故に、それは創り出されることも破壊されることはなく、それは無限です。


 


ただこうした個別の(地球の場合人間の)意識が密度の高い3次元の姿を経験することを望む時だけ、それは3次元の密度に向けて自分達の共鳴を低下させます。


 


残念ながら、一度ひとつの惑星存在、あるいはその惑星に居住する存在達が3次元の共鳴を選択してしまうと、自分達のさらに高い次元の表現に帰ることはとても難しくなります。


 


既にわたし達の3次元の地球への志願者である皆さんが気付いているように、善悪、愛と憎しみ、戦争と平和という両極性は、非常に気を散らすものです。


3次元に制限されているように見える両極化された現実性の難題の範囲内では、心理学的そして身体的な沢山の損傷を受けることがあります。


 


また、幸いにも皆さんが既に思い出したように、皆さんは、また数多くのさらに高い次元の世界に居住する多次元的な存在です。

 

従ってわたし達の大切な皆さん、わたし達は、次元上昇しているガイアの天体上でひとつの身体を選択しようとする皆さんの大いなる犠牲に感謝します。


 


実際に、この現在のための準備を整えるために、ほとんどの皆さんがガイア上で無数の転生を経験してきました。

 

この今ここであり、皆さんのガイアと天使の仲間であるわたし達は、ここにいて皆さんに、これを伝えます。


 


ガイアの惑星の次元上昇でガイアを支援する、わたし達の最愛なる志願者の皆さんに感謝します。


 


わたし達は、皆さんの現在のあらゆる瞬間に皆さんと一緒にいます。


 


わたし達は今ここにいるため、わたし達に声を掛けてください。


 


アルクトゥルスの存在達

The Arcturians


http://sananda.website/the-arcturians-via-suzanne-lie-may-5th/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年5月1日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの集団
The Arcturians


2016年5月1日
MAY 1, 2016


マリリン・ラッファエーレ
Via Marilyn Raffaele



1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、その数を増やし続けている大多数の人々の内部の新しくさらに高い意識状態が急激に規範になっているこうした季節の中で、わたし達は皆さんを歓迎します。

 

この時代に生まれている数多くの子供達は、カルマを解消するか個人的なエネルギーを綺麗にするためではなく、単純に自分達の光を追加することを通して次元上昇の過程を支援するために現れた、実際に非常に進化した光の存在達です。


 


皆さんが現時点の世界の中で際立っているように見える数多くの神童達に気付いているように、皆さんはこれを観察することができます。

 

知性、芸術的そして心霊的能力で普通だと考えられてきたものを遥かに上回っている子供達です。

 

実際には、あらゆる魂は数多くの前世を通過していきているため、子供達などいません。

 

ひとりの子供の身体の中の魂が自分自身の個性を進化させることを許すことは、あらゆる両親または介護士達の聖なる職務です。


 


親愛なる両親そして祖父母の皆さん、もしも皆さんが既にこうした特別な子供達のひとりに恵まれているなら、その子供達を皆さんが育てられた社会の鋳型にはめ込むことを期待するあるいは強要しようとしないでください。

 

こうした新しい世代の子供達は、愛と制度を伴う独立性が必要になります。

 

こうした子供達の数多くの両親の一方が、その子供達が社会の規則または別の物事に簡単に盲従しないことに気付いています。

 

子供達の意見を聞き称えることが必要ですが、しかし子供達の要求と能力に相応しくなるように合わせた、愛に溢れた指針と規則の範囲内でのことです。


 


子供達は、爽やかな空気を感じ、自然を経験し、自分達の手の上の土を感じることが認められるべきです。

 

子供達は、たまには一連の継続的な活動や技術的な玩具から離れて、全く何もしないことが認められるべきです。

 

両親達は、何もしない時間で子供達の人生がさらに簡単になることにさえ気付くようになるでしょう。

 

その地上の時代がどのようなものであっても、集中するためには、あらゆる魂には静けさと安らぎが必要になります。

 

子供達は、継続的な活動ではなく、愛を、愛の物質的な概念を必要とします。

 

愛は、安全と安心のエネルギーの内部で蕾が開き開花することを許します。


 


より小さな子供達は、まだ充分に3次元のエネルギーに融け込んでおらず、そのためその数多くの子供達が自分達の数々の人生を思い出して、反対側からの友人達を確認します。

 

一部の子供達は、簡単に肉体を持たない存在達を確認し、怖がるかもしれません。

 

皆さんの子供がその寝室の中にいる人々について話すかもしれない物語を、無視しないでください。

 

それは、両親が子供達に決して被害を受けることはなく、子供達はこうした人々に立ち去るように伝える能力を持つことを教える、ひとつの好機になり得ます。

 

反対側からの子供達が頻繁に遊びにくる理由は、子供達がその子供達を確認できるからです。

 

こうした子供達は、かなり数多くの子供達が話し掛ける目に見えない遊び友達であり、両親達はしばしば冗談として片付けます。


 


数多くの新しい世代の子供達は、地球よりもかなり進化した惑星の出身であり、従って世界の行き詰った学校制度の中で子供達が学ぶように期待されているものに全体的に退屈しています。

 

子供達はしばしば注意欠陥障害と診断され、薬を投与されます。

 

安定した大人になるためには、子供達は外気、音楽、創造的な活動、そしてこれほど数多くの学校が排除してしまった休み時間を必要とします。


 


子供達は、自分達の意識状態に相応しい挑戦が必要であり、失望と同時に成功に対処する方法を学ぶことが必要になります。

 

子供達が行うあらゆる事が完璧でいつも一等賞に値するとひとりの子供になるように教えることは、愛情あることではありません。

 

何故なら、それは今後子供達が大人として遭遇する数多くの意識状態の間で子供達が生きる準備をもたらさないからです。


 


世界は、何も行わないという発想を、否定的な物事と見做し続けています。

 

何もしないことはひとつの活動であり、大人と同時に子供にとっても非常に重要な活動です。

 

何もしない時間を認めて、野原の草の上または自然地域の中で横になり、雲を眺めて、皆さんの顔に触れる日光を感じてください。

 

ガイアの癒しのエネルギーに触れ、それを経験してください。

 

ガイアは、人類がその上で進化できるひとつの惑星として役立つことを選択した、生きているひとつの魂です。

 

ガイアを愛し、ガイアを称え、そしてガイアに対して、光の同類として受けるに相応しい敬意を払ってください。


 


余りにも数多くの両親が、自分の子供達を通して自分自身の人生を追体験しようとしています。

 

そして余りにも数多くの両親達が、あらゆる自由時間を埋めるか科学技術が自分達のベビーシッターになることを許すことを計画することによって、家庭から引き離す経歴を持っていることに対する個人的な罪悪感を鎮めようとしています。

 

これは、愛ではなく、単純によりいっそう多くの活動や有形財を提供して、ほとんど躾をしないことが愛だという信念です。


 


わたし達がこれを話すのは、罪悪感を引き起こすためではなく、数多くの善良な両親が陥っているひとつの状況に光を当てるためです。

 

現代の科学技術と活動のためのその数多くの提供を受けて、多忙な両親達は、子供達にとって最良なものを重視している概念に簡単に誘い込まれます。

 

ほとんどの両親が誠実に子供達のために自分達の最善を尽くそうとしている一方で、同時に自分自身の個性を表現します。


 


女性が特にこうした問題に苦闘する理由は、世界の大部分が、女性達を劣っていると理解し続けるからです。

 

女性の意図された唯一の役割は、ひとりの母、妻、愛人、あるいは男性の召使いにさえなることです。

 

世界の数多くの地域が、過去の時代遅れの信念を維持し続けて、女性が自分のさらに進化した意識状態を表現することを認めていません。


 


人類が目覚める時、男性と女性のエネルギーは安定に移ります。

 

何故なら安定がその現実性になるからです。

 

あらゆる個人の霊の旅の中で、ひとつの即応できる時点が訪れます。

 

それは、既に存在する男性と女性のエネルギーが完璧に安定した状態になり、一体となった完全性を形成する時です。

 

男性は活動的で、成る者、行う者であり、女性は直観的で、受容力に富んでいます。

 

今も今までも、一方の半分が別の半分よりも優れていることはありません。


 


女性と男性の側面が成長して安定する時、人々は、ガイアは実際に母であり、ガイアの上で生きているすべての者達が必要とする源であり泉であることを、自覚し始めるでしょう。

 

母なる大地という称号は、単なるひとつの気取った言い回しではありません。

 

何故なら、ガイアは、今までそして今もガイアが曝されている軽視、無視、そして被害にもかかわらず、利他的に提供し続けるからです。


 


分離と不安定な男性と女性のエネルギーという3次元の信念が、ひとつの世界の意識をもたらしてきました。

 

単純に金儲けの活動のためのひとつの遊び場としてガイアを利用し、奪い、無視し、そして理解し続けています。

 

これは変わらなければならず、より一層多くの人々が一体性のひとつの自覚へと目覚めるに連れて変わっているところです。


 


物質的な方法と同時に霊的なやり方で、ガイアを支援してください。

 

あらゆる物事の場合ように、愛と光を送り、ガイアの実際の姿を良く理解し、適切に行動してください。

 

もしも皆さんがまだリサイクルをしていないなら、それを始めてください。

 

皆さんができる最善策として、皆さんが森の中、道路沿い、そして海岸で見付けた塵を拾ってください。

 

皆さんの周りの人々に(特に子供達に)、母なる地球に対する愛情と配慮の重要性について教えてください。

 

多くの社会が、こうした物事は自分達の仕事ではないと信じ続けていますが、しかし社会が一体性の真実に目覚める時、それはあらゆる個人の仕事になります。


 


世界は新しくさらに高い一体性の意識へと進んでいて、ガイアを除外することはできません。

 

森の中または道端に塵を投げ捨てること、あるいは大地や海に化学物質を捨てることを選択する人々は、自分達が自分達自身、自分達の家族、友人達、そして子供達にこれを行っていることを、気付いていません。

 

ガイアは生きているひとつの魂であり、霊的な進化を追求するあらゆる人によるそれに相応しい扱いを受けるべきです。


 


数多くの人々が、既にあるいは今、一体性に関する意識的な自覚へと進む準備が整っています。

 

一度自覚されると、この真実は何らかの自覚された真実ように、実践され日々の生活のあらゆる側面に持ち込まれなければならないものです。

 

皆さんはその真実を理解し、それに基づいて行動する準備ができています。

 

すべて人々、動物、植物、自然力(水、大地、火、風)、自然霊、現時点で皆さんが見ることができない他の沢山の物事は、一体性の表現であり、唯一の神聖なる意識です。

 

皆さんの足元の土そのものが、神聖です。


 


無知な闇のエネルギーの中で生きた数々の生涯を通して、人類は、人間の他のどのような物事も正当ではない、あるいは尊重に値しない、と信じるようになりました。

 

皆さんがそれを変えることができる理由は、親愛なる皆さん、今は新しい時代、思い出して進化しながら愛を実践するひとつの時代になるからです。


 


愛はそこにある全てです。

 

あいはその答えであり、努力と探求の数々の生涯を通してすべての皆さんが探し求めてきた現実性です。

 

皆さんは既に辿り着いています。

 

既に皆さんは分離という時代遅れの信念を乗り越えていて、今は一体性の愛を実践し経験する資格があります。

 

今は、皆さんの遺産を主張する時です。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group

5/1/16

http://sananda.website/the-arcturians-via-marilyn-raffaele-may-1st/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの存在達 : 結び付く精神 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]


アルクトゥルスの存在達
The Arcturians


結び付く精神
The Connective Mind



4-24-16
スザンヌ・リー経由
Via Suzanne Lie, April 24th

Suzanne Lie
The Connective Mind –The Arcturians Through Suzanne Lie
4-24-16
The Connective Mind



親愛なる存在、

Dear ONE,


 


どうかわたしが記述した内容について話し続けてください。

 

それはひとつのメッセージでした...


 


スジール、

Suzille,


 


それはあなたの自己の連結成分からのひとつのメッセージでした。

 

本当に数多くの要素、自然力、人格、そしてあなたの多次元的な自己の多次元的な変型があります。

 

この今という瞬間の内部のその主要な目的は、あなたの5次元の表現の味見です。


 


味見という言葉で、わたし達は、あなたがひとつの静かな一瞥、ひとつの不揃いな考え、口にしていない言葉、あるいは今存在するものと存在しつつあるものの中間に位置するものの物理像を次第に受け取っていることを意味します。


 


実際に、あなたはその中間を覗き込んでいます。

 

それは、あなたの3次元と4次元の夢の自己がいつも見ることができなかったものです。

 

あなたはひとつの静かな一瞥遠くの声、またあるいはあなたの3次元または4次元の現実性の中で決して起ったことがなかった物事に関する漠然とした記憶を受け取り始めているところです。 


 


あなたは、物事について白日夢を見ていて、物事に目覚め、そしてかなり必死に何かを思い出そうとしています。

 

しかし、それはまさに現在のあなたの知覚の閾域を超えて共鳴します。

 

しかしその一方で、かなりアストラルの幽霊に似て、あなたのこころから何かがあなたを呼び、明滅してあなたの視界の端を出たり入ったりして、あなたの耳にそっと囁きます。


 


これが極めて苛立つものになる理由は、あなたが直接こうした実体のない考え、幻、音、あるいは感覚の直接の対処に取り掛かる時、それはあなたの知覚を超えて浮かんでいるように見えることが原因になっていることを、わたし達は認識しています。


 


実際に、こうした知覚は今までいつもそこにありましたが、しかしあなたの意識は、あなたの3次元の意識であなたが把握するほどさらに高いひとつの周波数に充分に共鳴しませんでした。


 


しかしその一方で、今ではあなたの意識は4次元を超えて拡大して5次元に入っているため、あなたはまさに今、あなたの5次元の意識の閾域に共鳴するものを意識的に知覚し始めています。


 


実際に、こうしたメッセージ、視覚、感覚、あるいは考えは、あなたの意識をほんのもう少し拡大するようにあなたに呼び掛けています。

 

あなたの物質的な脳がまだ充分に把握することができない5次元に起因するひとつの記憶、あるいはひとつの伝達があり、こうした半意識的なメッセージは、あなたがそれを思い出すことを求めています。


 


あなたは、あなたの3次元の自己の意識がまだ把握することができないあなたの多次元的な自己の構成要素の想起、認知、理解、そして受け入れの入り口にいます。

 

しかしその一方で、あなたは、あなたがまだ意識的に知覚できないものを意識するようになっています。


 


あなたの人間の脳は、4次元とそれ以上の次元に共鳴するすべての知覚を除外するように意図されていました。

 

しかしその一方で、あなたの意識が拡大するに連れて、あなたの近くの周波数帯域も拡大します。


 


従って、かつて見えず、聞けず、そしてあなたの意識的な精神が把握することが不可能だった物が、今はあなたのこころをくすぐり、あなたの耳に囁き、あなたの視覚を横切っています。


 


幸いにも、あなたはあなたの物資的な身体の中でさらに高い次元の知覚を感じて、あなたが目覚める時、またひとつの瞑想を完了し、自然を眺めて、異なる人々にとって異なるやり方であなたに摂食する時に、それを一瞥することができます。


 


ご存知のように、皆さんはすべてまさにその全体像のひとつの小さな要素を獲得していますが、しかしあなたが他の人々と話をする時、あなたは人々が経験するものはあなた自身の経験の失われた要素だったことに気付きます。

 

皆さんはすべて同じ次元上昇のパズルの異なるピースを手に入れています。

 

その理由は、皆さんはすべて異なる人生経験を積むからです。 


 


今までこうした人生経験は、実在するものと実在しないものをあなたに伝えてきました。

 

すなわち、あなたにとって実在するもの、あるいは実在しないものです。

 

今後別の個人は微かに異なる現実性の認知を持つようになるでしょう。

 

そして、すべての皆さんが的確です。

 

それぞれの皆さんは、微かに異なる認知から同じ惑星の移行を把握します。


 


しかしその一方で、もしもすべての皆さんがお互いに皆さんの風変わりで、実体のない超現実的な経験を共有するなら、今後皆さんは、それぞれの皆さんが、すべての皆さんが皆さんの絶えず拡大する意識と認知で一緒に仕上げているひとつの大宇宙のジグゾー・パズルの一部を認知していることを理解するでしょう。


 


数多くの皆さんが、何年もの間、あるいいは皆さんが記憶しているすべての間、こうした経験を積んできました。

 

他の人々は、まさにこうした経験を意識し始めています。

 

わたし達が意識と話すのは、既に皆さんはいつも皆さんの無意識の精神でこうした経験を積んでいるからです。


 


しかしその一方で、3次元だけが実在し、もしもあなたがこうした経験が実在すると考えたとすれば、あなたが伝えられたことは、あなたは風変わり、気が狂っている、あるいは一時的に病んでいる、という言葉です。

 

言うまでもなく、一部の皆さんはこうした経験は実在すると伝えられましたが、しかし皆さんは子供としてそれを胸に秘めておく方法を学びました。

 

そうでなければ、人々は、あなたは狂っている、あるいはさらに悪いことに、普通ではない、と考えようとしました。


 


言うまでもなく、あなたは普通ではない、といつも認識していましたが、しかしそのように生きることは余りにも孤独でした。

 

従って、あなたは人々に上手く溶け込もうとしました。

 

数多くの皆さんが、特に、まさに洗脳が極端だった第二次世界大戦後に生まれた皆さんは、何年もの間、それを誤魔化しました。


 


ゼータ・レティキュリの地球外生命体は、既に地球を訪れています。

 

実際に、彼らはアイゼンハワーと話しましたが、それは役立ちました。

 

しかしその一方で、ロックフェラーは耳を傾けましが、それは損害を与えました。

 

ナチスと連携してきたゼータ・レティキュリは、ナチスのロケットのような進んだ科学技術を人間のDNAと交換するために、ワシントンDCを訪れました。


 


彼らは、ドイツが戦争に負けることを認識していました。

 

それで彼らは既にその戦争に勝ったアメリカを訪れました。

 

言うまでもなく、その戦争は静かな形で続きましたが、アメリカの人々が彼らの偉大なる勝利を祝っている間に、政府だけがそれを認識していました。


 


経済は上向き、そしてゼータ達は、人間のDNAとの交換で、高度に進んだ科学技術を提供しました。

 

ロックフェラーはドルの兆候を理解しました。

 

イルミナティはその時点で合衆国の中で起っている沢山の物事の管理に長けていたため、彼らの個人的な富は人々の福利よりも遥かに重要でした。


 


わたし達は、ゼータ達が完全に悪いと言っている訳ではありません。

 

しかしその一方で、ゼータ達は死に物狂いでした。

 

遠い昔、ちょうど地球のように、彼らは数多くの戦争を経験しました。

 

彼らが第二次世界大戦の勝者に提供した科学技術そのものを除くと、それを使用することによって彼らの世界を破壊してしまった科学技術もありました。


 


次に、ゼータ達は、人間のDNAと引き換えに彼らが合衆国に提供した兵器そのものからの放射を避けるために、地下で生きることを強要されました。

 

言うまでもなく、アイゼンハワーは、これに気付いていました。

 

しかしイルミナティの家系達からの資金が、戦争に勝つために利用されていました。

 

それは、自由な合衆国の構成員達に対するさらに大きな支配力を獲得するために密かに創り出されたものでした。


 


その当時の範囲で、人々が戦争に勝ったためアメリカはかなり幸せであり、人々は政府が言うどのような物事でも賛成しました。

 

結局、ロックフェラーは、戦争遂行努力を支援するために彼らの資金を提供した者達の、友人でした。


 


言うまでもなく、その時誰ひとりとして、その戦争を支援した者達が、最初の場所で戦争を創り出したイルミナティその構成員そのものであるとは思い描くことができませんでした。

 

しかしその一方で、その当時の大人達は、これもまたイルミナティによって創り出された大恐慌の間には子供達だった人々であり、もう二度と貧しくなることを望みませんでした。


 


従って、もしもその取引が金銭目的のように見えたとすれば、その答えは、その通り、でした。

 

さらには、もしも少しのDNAを取ることが人々を怖れさせたなら、それは彼らの何を代償にしたのでしょうか?

 

さらには、こうした人々はその手続きのために、4次元に連れて行かれましたが、それでは誰が覚えているでしょうか?


 


さらには、偉大なる新技術は、国家に、少なくともロックフェラーがいつもその一員だったイルミナティに資金をもたらすことになりました。

 

言うまでもなく、こうした家系の人々のすべてが構成員だった訳ではありません。

 

しかしその一方で、もしも構成員が誰もいなければ、その家系は締め出されるか、あるいはもしも余りにも多くの事を知り過ぎると、彼らはまさに消え失せました。


 


わたし達は否定的になっている訳ではありませんが、しかし皆さんはすべて皆さんの目覚めの中で大人であり、皆さんが真実を知ることを妨げてきた幻影の幕を降ろすことが必要になります。

 

その真実は楽しいものではないかもしれませんが、しかしそれは皆さんを自由にするでしょう。


 


その真実は、皆さんの意識と認知を皆さんの現実性の3次元と4次元に閉じ込めてきた幻影から皆さんを自由にすることになるでしょう。

 

こうした幻影は、皆さんは単なる物質であり、しかも皆さんは彼らのようでいる必要がある、と皆さんに伝えます。


 


たとえ完全に目覚めた人々である皆さんが決して彼らのようになることを望まなかったとしても、皆さんは幸せな人生を過すことを望みました。

 

従って、皆さんは3次元の規則に従って幻影を信じ、そして皆さんにできる限り長いあいだその真実を無視しました。


 


しかしその一方で、ガイアを支援するために地球の身体を身に着けようとしたわたし達の志願者達は、しばしば意識的に4次元を、時には5次元さえ把握することができました。

 

しかしその一方で、皆さんはかなり若い頃に、こうした認知を自分の胸に秘めておくことを学びました。

 

そうでなければ、皆さんはおそらく気狂いと考えられてしまったからです。


 


従って、あなたがあなたのさらに高い意識状態にとって実際に余りにも低い共鳴だった現実性のひとつの次元に適応できるように、あなたはあなた自身に嘘をつこうとしました。

 

幸いにも、あるいは残念ながら、他に誰もそれについて話そうとしない真実を絶えず認識する状態は、あなたを落ち込ませ、不安にし、怒らせ、孤立させ、病気にしました。


 


さらには、拉致された数多くの人々が、それが始まった時には子供でした。

 

誰があなたの話を聞こうとするでしょうか?

 

まあ、誰もいません。

 

特に世界を民主主義にとって安全にするために自分達の命を懸けてきたあなたの両親は、そうでした。


 


そのような状況のほとんどが合衆国の中で起りましたが、しかしヨーロッパは戦争によって壊滅的な被害を受けてしまい、そのため彼らはイルミナティの課題になりませんでした。

 

イルミナティは、勝者はイルミナティである、と人類が信じることを許すことができませんでした。

 

それは彼らが人類を支配することをかなり難しいものにします。


 


従って、彼らは黄塵地帯を創り出した気象変化と大恐慌を創り出しました。

 

従って、第二次世界大戦の到来によって、人々は自暴自棄になり、悪者を捕まえて世界を民主主義にとって安全にする方向に、簡単に操作されました。


 


しかし今、イルミナティの最善の努力にもかかわらず、地球の人類の皆さんは、皆さんは皆さんの現実性の創造者である、という事実に目覚めています。

 

皆さんが信用できる唯一の力は、皆さん自身の多次元的な自己の内部の力であることを、皆さんは実感しているところです。


 


今、皆さんがこの内部の力を持つ理由は、既に皆さんの3次元の自己が皆さんの多次元的な自己を思い出すことを選択しているからです。

 

皆さんの多次元的な自己を思い出す中で、皆さんは、既に5次元の地球上に居住する皆さんの5次元の表現について、より一層多くの事を思い出しています。


 


皆さんの多次元的な自己の意識的な記憶の回復が、皆さんの多次元的に認知と皆さんの多次元的な記憶を活性化します。

 

皆さんの自己に関する絶えず拡大する認知と記憶の内部で、皆さんはこの身体を身に着けた理由を思い出しています。


 


また皆さんは、皆さんが4次元のアストラルの次元領域を超えて皆さんの自己のより一層高い次元の表現を認知できるように5次元のガンマ波へ向けて皆さんの意識を拡大する方法も思い出しています。


 


言い換えると、ガイアの惑星の次元上昇でガイアを支援しようとする親愛なる志願者である皆さんは、皆さんの自己を思い出しています。

 

実際に、皆さんは、今この5次元の内部とそれ以上の次元に存在する皆さんのさらに高い自己の無数の型を思い出しています。


 


実際に、ガイアを支援しようとするわたし達の最愛なる志願者である皆さんは、皆さんの多次元的な自己、皆さんの宇宙船か故郷の世界での人生を思い出しています。

 

そして最も重要なこととして、皆さんがこの身体を身に着ける前に選択したその任務を思い出しています。


 


従って、わたし達は、皆さんの朝の伝達、瞑想、夢想の瞬間または洞察の閃きは、皆さんの結び付く自己が既に皆さんの3次元の知覚領域との融合を遂げている今という瞬間の破片であることを皆さんに気付かせることによって、このメッセージを終りにします。


 


親愛なるガイアの次元上昇を支援しようとする志願者の皆さん、皆さんは数多くの物事、要素、自然力、人格、そして皆さんの多次元的な自己の多次元的な変型の集合です。

 

この今という瞬間の内部のその主要な目的は、皆さんの5次元の表現を味わうことです。


 


あらゆる味覚と伴に、皆さんはより一層多くのことを学び、より一層多くのことを思い出し、より一層多くのことを把握します。


3次元と4次元の地球からガイアの5次元の惑星の表現への道筋は、その道を皆さんに明らかにするために無条件の愛が敷き詰められていて、そして菫色の煌めきが皆さん多次元的な自己のより一層高い次元の表現へと皆さんを絶えず変えています。


 


皆さんは、皆さんを故郷に導いている皆さんの5次元の自己に戻っているところです。


 


皆さんの高いこころで聞いてください。


 


そして皆さんの第3の眼で確認してください。


 


 


アルクトゥルスの集団

The Arcturians



FacebookTwitterGoogle+Email
http://sananda.website/the-arcturians-via-suzanne-lie-april-24th/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2016年3月20日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]



アルクトゥルスの集団
The Arcturian Group 


2016年3月20日
March 20, 2016


マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele



1323481_78865034-1170x585.jpg親愛なる皆さん、物事が世界の沢山の人々にとって同じに見えながら、目覚めている皆さんにはそうではない、ひとつの時期にようこそ。


 


数多くの皆さんが、新しく普通ではない経験と同時に、他の人々が気付いてないさらに深い洞察を持ち始めています。

 

進化はひとつの新しい地球と選択する人々のためのひとつの新しい意識状態へと進んでいるため、継続を続けてください。


 


わたし達は、金銭、沢山の混沌と世界にとって数多くの問題を引き起こすように見えるひとつの話題について、話をしたいと思います。

 

金銭に関する人間の信念体系は、二元性の周りで構築されます。

 

人間が獲得しなければならないひとつのあるいは拒絶しなければならないとしての金銭の意識です。

 

両方が、しばしば権力に対する数多くの人々の願いと併せて、一般的な真実に関する無知に基づいている誤りです。

 

金銭はそれ自体としてはひとつの交換の媒体であり、皆さんがそれに与える力の他に力を持ちません。


 


あらゆる魂は、魂自体に気付き、思い出して、その本当の姿と役割をもう一度経験する安らぎと歓びと愛の中で休息する方法を探し求めています。

 

ひとりの個人が3次元のエネルギーへと転生する時、その個人は自分の進化の過程のために必要なあらゆる経験に役立つひとつの計画を持って現れます。

 

一度3次元の密度の高いエネルギーの中に入ると、その個人はこれを忘れますが、しかしその完全性に対する深い憧れを持ち続けます。

 

その個人が感じているものを理解していないことが霊的なものであり、その個人は、今後彼の獲得した意識状態に応じて彼に幸せをもたらすことになると彼が信じるあらゆる物事を、外部に探し始めます。


 


外部の中で一部の認識された善(しばしば金銭)のための探求と奮闘は、それが他の人々にとってどれほど犠牲を強いるものであっても、どれほどの世界が依然として機能するかという問題です。

 

それはすべての犯罪行為、権力闘争、詐欺、宗教性、その他諸々の源泉です。

 

あらゆる個人が自分達の本質的な一体感を経験することを探し求めていますが、しかしそれは内部に横たわることにまだ気付いていません。

 

その人々は、その人々が諦めてそれがある場所として内部に目を向け始める一部の生涯の一部の時点まで、外部の世界の中であらゆる方向に転じます。


 


金銭は、豊かさのすべての姿と同じように、あらゆる個人の内部にいつも存在する完全性と一体感に関する精神のひとつの解釈です。

 

精神にできることは、ただ達成された意識状態とそれぞれの個人的な信念体系に従って外部に向かって解釈し明らかにすることだけです。

 

もしも神聖なる一体感がまだ内面で具体化されていなかったとすれば、それは決して外部に現れることはありません。

 

何故なら、外部の世界は内面の世界になるからです。


 


豊かさはひとつの無限でいつも存在する神聖なる法則ですが、しかし二元性と分離の中の普遍的な信念は、結果としてひとつの不足と限界の世界になってしまいました。

 

二元性の中で、今後いつも対極の対(豊かさと欠乏)が存在することになり、そして分離と伴に、いつも持つ者と持たざる者が存在することになるでしょう。

 

こうした信念は、総意の意識によって継続的に強化されています。


 


豊かさの法則は、自然の中で簡単に観察されます。

 

樹木の葉、草の葉、野の花、そして上空の鳥です。

 

自然は許される時、いつも神聖なる豊かさの法則に従って機能します。

進化している人類が廃れた欠乏の信念とその数多くの形を乗り越える過程を始める時が、既に訪れています。

何故なら実際に、欠乏のような物事などないからです。

 


欠乏は、特に金銭の形の中で、乗り越えることが非常に難しい信念です。

 

金銭と人間関係の課題は、人類の意識にとって最も難しい2つの障害です。

 

欠乏と限界の信念が人間の法則になる時点まで発達してきた理由は、以前のすべての生涯の大部分が、3次元のエネルギーに完全に巻き込まれて生きられたからです。


 


細胞の記憶は、一掃されるまで、依然としてそういった障害の幾つかに起因する貧困と窮乏の経験と関連したエネルギーを運びます。

 

しかしその一方で、人間の法則は、それが同じように現実的に見えるかもしれませんが、単なる信念であり、決して神聖なる法則に取って代わることはできません。


 


感謝が豊かさを解き放つための強力な鍵である理由は、それがわたしは手にすることの承認になるからです。

 

慣れ親しんでいるものから始めて、たとえそれがありふれて外見的に取るに足らないものに見えるとしても、皆さんの内部の神性にあらゆる物事に対する感謝を捧げてください。

 

誰かが着ている素晴らしい背広あるいは皆さんが感心する美しい一軒の家に気付くほど単純なものであっても、皆さんの周りのあらゆる場所の豊かさを認め始めてください。


 


もしも皆さんがまだそれを行っていないなら、食事の前に祈りを捧げて、それを、食品として外面に現れている皆さんの神聖なる一体感に対する承認と感謝にしてください。

 

単純な食事の時間の祈りが、記憶された物事や、祝福すべき者を取捨選択するひとりの神、神人は祖神自身の心象と好みの中で創り出されている、という決まり切った一部のひどく的外れな概念を乗り越えることを、許してください。


 


何らかの物事に対して別の人に感謝を表現する中で、これは他の人々から現れたのではなく他の人々を通して現れたことを皆さんが自覚する時、皆さんは無意識に自己を認め、称賛します。


他者は存在せず、そして一体性の自覚の内部では、すべての物事は単純にひとつのポケットから別のポケットに移動するだけです。

 

何かのために、皆さんの善、幸せ、あるいは充足感のために外部に目を向けるのを止めることがこれほど重要なのは、これがその理由です。

 

ひとつの進化した意識状態は、すべての良い物事は内部から流れ、しかし他の人々から現れるように見えることを認識しています。


 


皆さんが皆さん自身を神聖なる存在として称え愛しながら、皆さんのありのままの姿と役割の真実を受け止め始める時、皆さんは気が付くと無意識にあらゆる物事に対する感謝を感じているでしょう。

 

これが起る理由は、皆さんは今、あらゆる物質的、情緒的、精神的、あるいは霊的な経験(楽しいものと同時にそれほど楽しくないもの)はひとりの教師であることを認めることができるからです。


 


豊かさは、その瞬間の必要性に応じて、無限の姿と多様性で現れます。

 

金銭は、ただ豊かさのひとつの形に過ぎません。

 

皆さんが一枚の請求書を開く時、あるいは皆さんの財布の中を見てわたしはお金がないと断言する時、皆さんは、それは正確に皆さんが創り出しているものであることを保証されます。

 

何故なら、皆さんは創造者だからです。

 

たとえ皆さんが最低額面の一枚の貧弱な硬化しか手にしていないとしても、断定的な判断を持たずにそれを見て、わたしにはお金があると認めてください。


 


霊的な進化のあらゆる側面の場合のように、ひとつの真実に関する知的な認識は、ただ最初の一歩に過ぎません。

 

皆さんは、金銭の入ったひとつの鞄が天から降ってくることを待ちながら、絶対不変のままでいることはできません(それでももしも皆さんがその意識を持ったならこれは起り得ることですが)。

 

その真実を認識して、次に皆さんが踏むように導かれるどのような人間の歩みでも進めて、それをある種の仕事または支援にしてください。

 

皆さんの行動を皆さんに共鳴するものにして、そして他の人々が他の人々の指針のために皆さんが行うように伝えるものではない行動にしてください。

 

それは、たとえそれが充分に意味あるものであるとしても、他の人々の意識の状態の典型であり、皆さんの典型ではありません。


 


いつもこころを開いて、完璧な仕事だけではなく、すべての雇用の機会に関して導かれるようにしてください。

 

皆さんが皆さんには物足りないと考えるひとつの仕事を選択して、それを皆さんの最高の能力で遂行することは、宇宙に対して皆さんはさらに多くの豊かさを経験することについて真面目であり、受け取る準備が整っているという意図のひとつのメッセージを送ります。

 

しばしば別のさらに相応しい雇用の姿が直ぐにそれ自体の姿を表すことになるでしょう。

 

すべての雇用は奉仕であり、愛のエネルギーで行われる時、皆さんが抱える仕事は光の活動になることができます。


 


物質的、情緒的、精神的、そして霊的なすべての水準で与えることを通して、わたしは持っているという流れを始めてください。

 

それは、寄付するための洋服や品目を見付け出すために時間を割くことと同じように、単純なものになることもあります。

 

皆さんが与える時、これは無意識に皆さんが損をすることを意味するという信念を、完全に手放してください。

 

皆さんは既にその意識状態の先に進んでいて、そして今、あらゆる流れは、限定されたひとつの個人的な隠し場所からではなく、ひとつの豊かさの無限の泉から皆さんを通して流れます。


 


あらゆる提供を、わたしがそう思うからわたしは持っていることを自覚する、ひとつの機会として利用してください。

 

皆さんは世界全体を引き上げることなど期待されていないことを自覚する中で、皆さんの神聖なる一体感のエネルギーが流れるように皆さんが導かれる場所で、そのエネルギーが流れるようにしてください。

 

何故なら、依然として古いエネルギーが必要な数多くの人がいるからです。

 

皆さんの直観にじっと耳を澄ますことを、いつも忘れないでください。

 

何故なら、時々ひとりの熱心な生徒が知らない内にひとりの実現者になることが起るからです。


 


欠乏は、その通りに理解されるべきです。

 

それを支える法則を何も持たない、二元性と分離に基づいたひとつの信念であり、幻影です。

 

充分に持っていないという思いから現れる怖れと恐慌は、犯罪を駆り立て、分離の感覚を持続させます。

 

わたし達は、皆さんの奮闘を理解します。

 

わたし達の今日のメッセージは、皆さんは今金銭を、例えそのように見えるとしても物質としてではなく、エネルギーとして理解する準備が整っている、ということです。


 


一部の物質の金銭を選んで、それを感じ、それを保有し、そしてそれは、皆さんの本当の姿である神聖なる意識の完全性を象徴している物質的な概念であることを、自覚してください。


 


神聖なる意識は、存在するすべてを具体化して神聖なる法則によってそれを永遠に所定の位置に維持している、自立した持続的なものです。

 

それは、決してより多いあるいはよりすくないものになることはなく、また変わることも無になることもありません。

 

何故なら、それはそこにあるすべてであり、したがって皆さんがそこから創り出された実質に他ならないないからです。


 


わたしはそこから金銭が作られた実質である。


 


わたし達はアルクトゥルスの集団

We are the Arcturian Group



http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-march-20-2016/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 
前の20件 | - アルクトゥルスの主、集団、存在達 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。