So-net無料ブログ作成
検索選択

メタロトン:時間、空間、時間旅行、そして念力移動と幸せな結末 [大天使メタトロン]



大天使メタトロン

Archangel Metatron


時間、空間、時間旅行、そして念力移動と幸せな結末
Time, Space, Time-Travel & Teleportation & Happy Endings



27 July 2012 - 2:53am
ジェームズ・ティベロン経由
Channeler: James Tyberonn


 

熟達者の皆さん、こんにちは!わたしはメタトロン、光の主。

そしてわたしは無条件の愛の方向量で、ひとりひとりの皆さんに挨拶を送ります。そのエネルギーを感じるために少し時間を取り、皆さんの目を閉じて、そして温かく育みながら皆さんを包み込んでいるひとつの繭を感じてください... ひとつの環境の集合体です。

 

わたし達はこの瞬間に、時間、時間旅行、二元性の特性、そして念力移動に意識を集中しながら、数多くの主題について伝えます。わたし達は、ひとりひとりの皆さんの中にある神性を評価しています。

 

神聖なる知性と光の存在達に属する数々の実体として... わたし達は、わたし達が共有するものを皆さんが見定めることを求めます。

 

時間と空間は、2012年という最先端の内部でさえ、人間にとってひとつの謎のままです。人類は、物質的な数々の法則から、現時点で時間旅行と宇宙旅行に疑問を抱いています。

 

皆さんは決して、燃料型ロケットに乗って遠方の 宇宙’ あるいは超空間の領域に到達することはないでしょう。

 

まして、皆さんは建造された移動装置に乗って時間の中を移動することはないでしょう。わたし達は皆さんに、それはひとつの周波数的な概念であり、物質的な脳から考案されたものではないことを伝えます。

 

時間旅行と念力移動は、実際に、物理学と形而上学の両方に属するとても現実的な概念です。皆さんは、上級のヨーガ行者達やシャーマンの熟達者達がその過程に習熟していることを充分に気付いています。しかしそういった熟達は、個人が準備を整える前に生じることはありません。

 

これは理解すべき重要なことです。

 

皆さんの地球に属するさらに進んだ数々の社会、そして実際に慈善的な地球外生命体と呼ばれている存在達は、既に微粒子状の物質を反物質にする周波数上の 脱物質化’ の過程を通して念力移動を操作することができています。

 

アトランティスの人々は、シリウス・プレアデス・アルクトゥルスの集団達の科学技術を用いて、そういった念力移動を活用しました。

 

位相の揃った物質の周波数をその外見上の物質的な振動比率からその半物質的な振動の量子波動状態に移行するために、特殊化した数々のファイ結晶質が用いられました。その当時、その移送は、正確な目的地の方向量が持つエネルギー的な特徴によって、レーザー光線の導管を通して処理されました。

 

皆さん自身の数々のフラーレンの研究、つまり バッキーボール(回転楕円体のフラーレン) と呼ばれている同素体炭素20面体の球形のフラーレンの研究によって、分子の面取りが施されたフラーレンの20面体は、特定の条件においてナノ物質の微粒子から量子波動に逆戻りすることが明らかになっています。皆さんの世界の科学者達は、原子の軌道の中で電子が現れては消えることを、既に何十年も前から気付いています。

 

人類は、80年以上も前に、不純な動機とはいえ、念力移動と時間旅行を再体験し始めました。これは、テスラとエジソンの時代のH.G.ウェルズによって気運の再燃がもたらされました。フィラデルフィア実験と呼ばれている有名な出来事は、実際に戦争関連の科学技術の努力の中で生まれました。

 

その配置は、秘密にされているものの、破滅的で不正使用された結果を招き、磁場、重力場、そして念力移動と時空間の影響に関する驚くべき実態を明らかにしました。

 

こうした実験は、皆さんがモントーク・プロジェクトと呼ぶものの中で、極秘に続けられました。

 

わたし達は 黒い作戦” と呼ばれている領域、つまり数々の陰謀の領域に足を踏み入れるつもりはありませんが、しかし 冷戦’ の時期にモントークで捜し求められたものは、結実を迎えることが許されませんでした。

 

わたし達は、シリウス・プレアデス連合の慈善的な派閥が、いつも地表の下の念力移動の複数の基地を維持管理してきたこと、しかもそれは慈善的な目的にためだけに用いられるようになるひとつの科学技術であることを、付け加えたいと思います。

 

地球は、ひとつの保護された自由意志の次元領域であり、人類の成長の本拠地です。大宇宙の中には二元性の中に存在する他の数々の惑星や生命体が存在し、その多くが科学技術的により進んでいます。

 

慈善的なアシュタルのグループは、皆さんの地球とその次元上昇のために積極的にひとつの遮蔽体を提供しています... そして多次元的な側面において、数多くの皆さんが、その保護の一部になっています。皆さんはシリウスの人々であり、プレアデスの人々であり、そしてアルクトゥルスの人々です。

 

またわたし達は、皆さんの世界の複数の政府機関と科学者達の一部は、有名なネバタの地域を含めた地球の下のシリウス・プレアデスの数々の基地を良く認識していることを付け加えたいと思います。

 

そしてこれは皆さんを驚かせるかもしれませんが、シリウス・プレアデス連合と人類が含まれているそこにある数々の設備は極めて慈善的であり、戦争行為のために利用される可能性がある科学技術は共有されることはないでしょう。

 

次元上昇につながる地球の卒業において、皆さんが思い描くことができるよりも遥かに多くの努力が払われてきました。地球の次元上昇は12-12-12に起ることになり、そして人類の臨界質量にあたる次元上昇は、15世代の内に起ることになるでしょう。

 

これを確実にするために、今まで未来からの数々の使者が訪れてきて、その数は多様な時代の出来事の立体映像に戻る人々よりも多かったことを、わたし達は皆さんに伝えます。

 

こうした事実の一部は、皆さんに衝撃を与えるかもしれません。

 

しかし、スペインの無敵艦隊の敗北(徹底的な調査を持ち越している)と実際にドイツのナチスの敗北は、未来からの帰還’ した使者達によるその結果に影響を受けた2つの出来事でした(両方の集団が伴に、アトランティスのアーリアのベリアルの息子達の中枢エネルギーに属していました)。

 

もしも引き合いに出された2つの結果が影響を受けていなかったとすれば、この惑星は大幅に異なる道筋を選択していたことになるでしょう。

 

実際に、一部の皆さんは、今、こうした数々の使者に囲まれて存在しています。数多くの人々が、形而上的な数々の集団に囲まれて存在しています。

 

実際に、こうした人々の一部は科学者であり(ニコル・テスラとアルバート・アインシュタインを含む)、他の人々はスタンレイ・クラークを含めた芸術家や作家になっています。彼らは、皆さんのように、二元性のフィルターを身に着けていて、この真実を意識の前面では気付いていませんでした。

 

皆さんの世界の映画、テレビ、特に コンタクト  スタートレック といった空想科学小説の作家達は、念力移動の観点から、正しい考え方を持っていました。しかし、限定された時間旅行や念力移動は、同じものではないことは記憶に留めておいてください。

 

もしも皆さんが、地球の次元領域の中で皆さんが外見的に直線的な時系列の中に固定されていて、空間の中を動き回ることができると考えるなら、その反対の物事が、特定の円環面効果の時に並行世界に向かって素早く動きます。皆さんはその状況で、多少空間の中に 固定’ されながら、時間の中を動き回ることがでるようになります。

 

 

 

12-12-12の多次元的な側面

Multidimensional Aspect of 12-12-12

 

2012年に、正確には12-12-12に、皆さんの地球の次元領域は12次元に向けて次元上昇します。それは、結晶構造の位相の揃った状態の変容になります。創造性が増幅され、数多くの皆さんにとって、二元性に属する弧状の振幅は飛躍的に低減することになるでしょう。これは、多次元的な利用が拡大されることを意味します。しかし、それは3次元の二元性が消え失せることを意味している訳ではありません。

 

地球の次元領域での二元性の中の 人間’ の経験は、ひとつの資格を有する名誉ある学びの過程であり、それを通して、数多くの多様な神聖なる知性を備えた存在達が、旅をします。

 

皆さんが皆さんのさらに高い自己によって多次元的で並行する数々の現実性の体系に向かうことを許される前に、それは遥かに複雑で非常に拡張的で開かれているものになっているため、皆さんはまず、最適にそして責任を持って、思考の創造のエネルギーに習熟することを学ぶ必要があります。

 

皆さんはその目的のために、地球という大学の中に存在しています... 物質的な具体化、皆さんの考えと情緒の具体的な結果を通して、自分の目で確認することです。

 

それはが時間と空間が目的を持った数々の幻影になっている正確な理由であり、この色鮮やかな 蜃気楼’ が神聖なる自己によってこれほど強くプログラム化されているため、皆さんは当然、物質的な現実性と呼ばれている二元性という大学で、皆さんの数々の外部の感覚器官に意識を集中することが必要になります。

 

その時、そういった 直線的な 意識の焦点は調整されていて、多次元性を遮っているように見えるその知覚のフィルターが、人類が地球の次元領域の経験に直面して、それを通して成長することを許す上で、役立ちます。

 

その成長が一定の進化した 光の比率’ の水準を達成する時、次に、その時だけ、皆さんはさらに広範囲の多次元的な知覚に向かう能力を開き、克服することを選択します。それこそが、2012年が目的にしているものです!

 

しかし皆さん人間は、皆さんが睡眠をとっている時はほとんどいつも、時間と空間の中を旅していることを、記憶に留めておいてください。そして目覚めと睡眠の経験の中に、ひとつの巨大な安定効果が存在します。

 

ほとんどの皆さんがこの事実を良く理解していないといっても、皆さんは毎日、とても深い眠りの中で、夢を見ている状態で、日々の経験を処理していることを、わたし達は皆さんに伝えます。

 

そしてこの 睡眠’ 状態の中で、皆さんの さらに高い自己” が、皆さんがその人生に向けて明らかにするようになるそういった数々の経験を、とても注意深く調べ上げます。皆さんは可能性という無限のメニューから選択を行い、皆さんの最も巨大な成長を許すようになる物事の経験を創り出します。

 

皆さんの数々の経験や空間と時間という、物質的な3次元に属する限定された知覚は、皆さんの神経の構造によって大幅に決定されます。そしてこの 考案された’ 構造が、皆さんに良く役立ちます。

 

皆さんが 選択した’ 物質的な経験という単一の直線的な時系列は、皆さんの人生がそれに沿って流れているように見える表面の道筋です。ひとつのさらに広い真実の中では、皆さんの顕在化している進展の上と下の両側に無限の道筋が存在し、それは、ひとつの想像もつかないほど奇跡的な伝達網の一部になっています... そして皆さんは、さらに高い側面の中で、言ってみればそのすべてを経験します。

 

そのため、これほど数多くの皆さんが、人類の下降スパイラルという多少誤解されている間違った概念に囚われていて、そこから 脱出する’ ことを切望しているものの... 皆さんの周りのすべての物事は創り出された幻影であり、皆さんはこの  の共同創造者であることを、記憶に留めておいてください。

 

皆さんの地球上での人生は、数多くの皆さんが考えていることをよそに、全体構想によるものであり、壮大な目的を携えています。わたし達は、それが簡単ではないことを良く理解しています。皆さんが不備のあるものと考えている数々の生涯でさえ、途方もない潜在的な学びを携えています。

 

さて、次元性という主題の観点から... 皆さんの世界の学識経験者達がまだわたし達の伝えていることを受け入れていないとはいっても、わたし達が伝えていることを皆さんが良く考えて、見定めることが重要です。物質は、光と同じように、数々の波長分布の中で発生します。

 

物質的な事柄は一方の片隅の上に存在し、反物質は別の片隅の上に存在します。その2つは正反対の状態ではなく、むしろ異なる周波数共鳴で振動しています。すべての皆さんが、あらゆる皆さんひとりひとりが、例外なく、念力移動と時間旅行の先天的な能力を備えています。皆さんの真の根源は、実際に非物質、つまり反物質の領域の中に存在します。

 

皆さんは、同時にほんとうに数多くの現実性の中に存在しています。皆さんが一度特定の進歩の水準に到達すると、数々の跳躍版が皆さんから自我の個性という3次元の意識の集中を取り除き、他の時間の計画に向かうため、皆さんは規律ある意志と、意思と集中の適切な適用を絶対的に採用することができます。

 

時間という数々の立体映像は、多少色彩と類似しています。3次元の中で、人類は意図的に、主としてひとつの色に意識を集中した状態になっています。

 

皆さんの現在の人生は、そして皆さんの現在の文明は、皆さんの現在の 今という瞬間’ の中で、いわゆる過去と未来の生涯と、全体的地球の文明と並んで共存していることを、わたし達は皆さんに保証します。そのため、皆さんの今と数々の文明の今は、同時に、今という瞬間 として、存在しています。

 

高く評価された 古代’ エジプト、ギリシャやローマの数々の廃墟を訪れる時に皆さんが歩く正確な現場の位置関係の中に、そういった文明の人々が生きていて、威厳ある数々の構造物、神殿、ピラミッドの間を歩み、そしてそういった完全に無傷で鮮やかに存在しています。

 

時間の周波数の振動比率のせいで、皆さんはそれを確認することができず、また彼らも皆さんを確認することができません。これは単純に、そして論理的に、時間と空間の物理特性が次元的に皆さんを分離しているからです。その文明の頂点と 古代の数々の廃墟 が、共存しています。皆さんはまさに彼らを通り抜け、彼らも皆さんを通り抜けます。

 

このすべは、今後数世紀の間に理解されるようになるでしょう。そして実際に、それは依然として皆さんの現在の学識経験者達によって解明されず、解き明かされていない、地理数学的な数々の言葉と方程式の中で、検証できるものです。そしてそれにもかかわらず、これは皆さんの世界の空想科学小説の作者達によって、興味深く想定されています。

 

2012年に、数多くの皆さんが地球規模で旅行をして、現在皆さんの惑星上で同時に存在している他の国々や文化を訪れることができます。人種的な人口動態、宗教、言語、芸術や音楽において、巨大な相違が存在します。

 

そこに訪れるために3次元空間を通過することは努力と、エネルギーと、直線的な時間が必要です。同じように、過去と未来のすべての時代、画期的な数々の出来事や時代が、同時に存在しています。それぞれが、それ自身の簡潔なエネルギー振動の符号の中で、そしてその固有の時間的な立体映像の内部で、起っていますが、しかし絶対的に、皆さんが暮らしている同じ全体的地球の空間の内部で起っています。

 

 

 

12-12-12

The 12-12-12

 

ほんとうに間もなく、12-12-12に、アーカンソーとブラジルの結晶構造の渦が中枢的な役割を担いながら結び付き、日輪像が伝達網を形成し、すべてが144の結晶構造のグリッドと結び付くことになるでしょう。25角形の12面体をした結晶構造の144のグリッドの12の主要なそれぞれの面が、拡大された地球の12次元と結び付くことになるでしょう。

 

そして皆さんの DNA12螺旋が完全にそのグリッドに結び付けられることになるでしょう。この時、皆さんは時間をかけながら、依然として皆さんの内部で本質的なものとして存在している、そのさらに巨大な数々の能力を獲得し始めることになるでしょう。

 

それは実際に、12-12-12の次元上昇の後で、皆さんに対してゆっくりと起り始め、皆さんは、特にそれ以降の数々の世代の中で、数々の場所に到達できることと同じように、数々の時間に到達することができるようになるでしょう。空間と時間が相互に作用し合い、お互いの間を自由に動きます。

 

 

 

時間の特性

The Nature of Time

 

時間と空間は、同じ機構の側面です。

 

空間は、ある意味では、二元性の内部のマトリクスの動的な形式の中で維持されている凝結した時間であり、それは、連続的な時間の測定基準という目的を持ってプログラム化された幻影に属している、分離とプログラムを許します。

 

それに応じて、時間は、動的な自由な流れの中の、空間の逆数です。それでも両方が、ブラック・ホールとホワイト・ホールを経由した物質から反物質という物質の内部と外部のパルスの機構を通して、数々の意識単位の高調波の閃光を発生します。

 

内部と外部に向かう高調波の閃光は、空間と時間が同種の泡に向けて融合するポイントになっているだけではなく、それはまた、意識単位の知覚の比率になっていて、それは同時に存在するそれぞれの生涯に向けて、自覚的意識の注意を触発します。これは、プランク数と呼ばれている魔法の比率で起り、1秒の10の-43乗で正確に発生します。

 

このポイントで、時間と空間は融合し、非直線的になり、円環面(トーラス)の側面が作用し始めます。空間は逆になり、それ自体で逆転し、時間の単位は、皆さんが過去、現在、そして未来と呼ぶものの、ひとつの非直線的な不連続の量子化された溜まり場の中に浮かびます。

 

 

 

全体的地球

The Omni-Earth

 

皆さんの 数々の生涯’ の分離は、時間の分離’ のプログラムの中の立体映像的な挿入物の中で、全体的な地球に固定されます。進化した人間は、こうした場所にマルカナを通して入り、大霊の拠点に向かうことができます。

 

そこでは毎回、光ファイバー製の車輪のスポークのように順序立てられた 生涯’ が結び付けらます。皆さんは実際に制御盤の位置にいることになり、この中心点から、皆さんは非直線的な今という瞬間の中、であらゆる生涯のあらゆる側面を探査し、変化させます。

 

集団的な時間のプログラム(数々の文明や画期的な出来事が生じた)が特定のポイントで全体的な地球に固定される一方で(それはしばしば時間の過剰放出異常を見せます)、人はそういった現世的な(地球的な)数々の時間の結節点を訪れて、そこに入る必要はありません。むしろ皆さんは、意識を集中した量子意識を経由して、個人的にその結節点に入ります。この過程は、メタトロンの鍵の中で教えられています。

 

メタトロンへの質問:地球の範囲内に自然に時間の歪みを創り出す地域はありますか?

 

メタトロン:実際に存在します。そしてわたし達は、以前の数々の分析でこれについて伝えてあります。皆さんはある意味で、時間をコンピューターのプログラムに喩えることができます。

 

しばしば、皆さんのラップトップやデスクトップ上の ウィンドウズ’ のプログラムがそのプログラム作成の歪みに行き着いて、望まれる下位プログラムの分離が、想定されている命令を捻じ曲げて変型させる混合物を創り出しながら、混ざり合ってしまうことがあり得ます。

 

この喩えの中で、時間と空間の両方は、皆さんがそれを知覚するように、地球のグリッドの現実性の投影という直線的な下位プログラムになっている、とわたし達は伝えることができます。

 

時間と空間は、立体映像的なプログラムの挿入物になっています。それによって皆さんは、量子的な全体的地球を同時発生的な今という現実性から整然と分離させて、皆さんが意識を集中している表面的に独立した 数々の生涯の滞在 に向かうことが可能になります。

 

そのため、皆さんの世界のウィンドウズがその望まれるプログラムの分離の中で偶発的な異常を生み出す可能性があるように、立体映像の地球の物質の直線的な時間のプログラムも混同と歪みを創り出すひとつの不安定な状態を経験することを、わたし達は皆さんに伝えます。

 

その歪みは幾つかの水準で起ります。最初は重力的な不安定性によるものであり、それは特定の地域で律動的に起り、ひとつの急騰波あるいは巨大波として流入する可能性があります。これが起る時、また重力の歪みそのものが、その地域の空間と時間の連続体に影響を与え、北極と南極の両極で起っているものと非常に類似した、次元的な開口部の領域を創り出します。

 

 

 

ビミニ

Bimini

 

さて、またわたし達は皆さんに伝えますが、ビミニの結晶質、ツアオイ・ストーン、つまり炎の結晶質は、皆さんが バミューダ三角地帯 と呼んでいる地域の中で、過去12,000年の間、時空連続体の歪みを創り出してきました。

 

不適切な使用におけるその 加熱化’ は、結晶構造の衛星の爆縮(アトランティスの第2の月)に結び付いてしまったため、ビミニの結晶質は地球の内部と同時に地球の磁気圏に向かって巨大なエネルギー波のイオン照射を不規則に急騰させて、時空の高調波の中の数々の障害や、重力場の不安定状態を創り出しています。

 

その修復は、ご存知のように、その制御不能な数々の放出に由来する障害を防ぐことによって、新しい地球の中で必要となる安定化を許すことになるでしょう。

 

制御不能なこうした現象は、地質構造の運動を激化させ、結晶磁気的な領域の高調波を不安定にさせることが可能であり、それは進行している次元的な拡大のために必要なものになっています。皆さんは分かりますか?

 

12-12-12に起るビミニの結晶質の最初の活性化と調整には、有毒なイオン波のエネルギーと考えられている物質の、大規模な放出が含まれることになるでしょう。12-12-12にそれが最初に活性化される時に、ビミニの結晶質の半径60キロメートルの範囲内にいることはお勧めしません。

 

実際に数々の予防措置が施されていますが、しかしその最初の解放は人間のオーラを破壊して回路の短絡を引き起こす能力を備えています。オーラの領域の破砕は決して致命的なものになることはありませんが、しかし最初のツーオイの急騰は、長距離の航空機の飛行あるいはXクラスの太陽フレアと同じようにオーラを破砕することになり、耐え難いオーラのエネルギーの出血状態を引き起こす能力を備えています。

 

その活性化の目的は、修復です。それは最小限の機能で安定するように慎重に調節されることになるでしょう。それは、もはや不規則で不安定な解放が起ることがないように、監視されることになるでしょう。

 

 

 

時間連続体異常のポイント

Points of Time Continuum Anomaly

 

全体的地球のすべての変型は、直線的なプログラミングの上の部分で共存しています。しかしこの真実の公理は、当初は人間の皆さんが把握することが、つまり事実通り3次元の立場から完全に理解することが、非常に困難なものです。

 

これは、二元性が明示されている人間の物質的な構造が属する3次元の密度の側面が、地球の次元領域の経験を可能にする直線的な時系列の プログラム’ の内部で、そしてその結果として、作用することが原因になっているからです。

 

この直線的な把握のプログラムは、人間が選択し、投影し、そして知覚する数々の経験的な可能性の種類に対して 通常の’ 共鳴パターンを大規模に決定しますが、一方で、密度の高い物性という基準点から、さらに高い意識に向けて 成長 しています。しかし、わたし達は皆さんに伝えます。

 

すべての生涯が浮上する根源となる現実性 石に刻み込まれている ことはなく、従って皆さんの経験は、事実通り決して運命付けられていることはありません。

 

皆さんは、ひとつの潜在的可能性の取り合わせから、皆さんが経験したい経験を選択しました。内部と外部に含まれている大宇宙とすべての生命両方が、いつも今という瞬間の中で創り出されています。

 

そして皆さんの3次元の事前調整は直線的なものですが、皆さんは物質的な条件付けを超えて到達する能力を備えているだけではなく、また皆さんはそのように超えて行くという究極の目標を持っています。

 

生きている物質的な身体は、人間の意識が宿っている一方で、地球の次元領域の経験のためのひとつの強烈な焦点として作用します。すべての水準上の物質的な身体の内部の意識の凝集は、普通の水準と並外れた水準の両方で、それ自体の無数の知覚認知の伝達網と情報の遣り取りに、焦点を合わせています。並外れた水準の観点から、その結果として皆さんは、皆さんが 普通の’ 物質的な感覚で認識しない方法で、継続的に把握しています。

 

色彩、音響、電磁的な符号、知覚の感覚の莫大な数の配列があり、皆さんは、チャクラの伝達網の中の細胞の水準と結晶構造の水準の両方で、それを確認し、過去の経験の観点から認識します。その両水準は、幾何学的にそして周波数的に皆さんに影響を与えている量子意識の中に起源を持つものです。

 

この伝達網は、それに類似した他のすべての伝達網と調和振動で結び付けられています。しかし人類は現時点で、生態の内部で結晶電磁的にそして物質的にすべての身体の波長分布の間で起っている、こうした並外れた水準の相互作用にまったく気付いていません。

 

この接点は、結晶性マルカナの光の身体の中で発生し、人類の大多数が自覚するよりも遥かは広範囲にまで及んでいます。

 

それにもかかわらず、生態の内部の物資的な細胞は、お互いに反応することができ、また反応しています。そしてその活動は、結晶構造の光の身体の意識が属するさらに高い数々の中心部分さえ始動させますが、それは直線的な時間とそれを上回る領域に結び付いています。そしてむしろ、多次元性と結び付いています。

 

 

 

多次元的な時間の立体映像

Multi-Dimensional Time Holograms

 

そのためこの分析において、わたし達は時間とその特性について、ひとつの文脈を上回る形で話をしています。時間は皆さんの生涯の滞在という数々の経験と皆さんの未来と過去の両方の記述と修正の能力と関連しているため、わたし達は人間の時間の把握について話しをしたいと思います。

 

またわたし達は、地球に対する立体映像的なプログラムの分離の仕組みの挿入について、そしてその全体的地球上の特定のポイントへの固定について、軽く触れてみたいと思います。

 

さて、地球上の数多くのポイントには、時間の異常を創り出す磁気的な振幅と重力的な振幅が含まれています。

 

一部は認識されていて、一部は認識されていません。皆さんの主流の学識経験者達の誰も、まだ理解せず、まして可能なものとして受け入れていません。

 

時間は光の物理特性の下位プログラムであり、そして本質おいて、創り出された幻影です。時間は数々の基準点で、重力、地球の自転率、電磁特性、そして天空の星の配列によって影響を受ける可能性があり、そして実際に影響を受けています。そのすべてが、この数々の現象の仕組みになっています。

 

さて、皆さんが知覚する時間は、単純にひとつの知覚です。時間は事実通り皆さんが信じているような直線的な姿で存在せず、二元性を超えていることを、わたし達は皆さんに保証します。

 

そしてフィルターが懸けられた二元性のレンズの内部でさえ、皆さんの惑星上で発生している次元的に重畳している領域が存在し、その内部では著しい時間の異常が起る可能性があり、実際に起っています。

 

皆さんは、物質的な地球が占有していると人間が把握している空間の内部で、同心円状に発生している数多くの地球が存在していることを、確認します。

 

こうした並行的な次元の重畳状態に結び付いている周波数的な仕組みが存在し、こうした状況が、他の時間枠の下位プログラムや現実性へ向かう数々の通路を創り出します。そういった下位プログラムや現実性は、こうした数々の固有の領域の内部で、異なる状態で、そしてさらに具体的に、共存しています。

 

しかし親愛なる人間の皆さん、こうした状況は、脳の内部で、人間の生態の中で、経験されているものではないことを理解してください。むしろそれは、さらに高い多次元の中で、皆さんが物質的な次元の中で行っている場合と同じように活き活きと実体的に存在しているさらに高い精神を経由して、経験されています。

 

 

 

同時に存在する時間

Simultaneous Time

 

それを皆さんの現在のコンピューターとの類似性で説明すると、空間と時間は2進法的な次元の光に属する下位プログラム、ということになります。その場合、空間と時間はひとつの立体映像的なサーバーであり、その記憶容量の範囲で同時に数多くの異なるファイルと従属ファイルを蓄積することができます。

 

ちょうどコンピューター利用の数々の段階の範囲内に、皆さんがすべてのプログラムとファイルを確認し、ひとつのファイルから別のファイルに移動することを許す数々の場所が存在するように、地球のプログラム上に立体映像の次元の通路を固定する位置の方向量が存在しており、それによって、現実性と数々の時間の形式に属する他の計量ファイルと行列情報ファイルを利用することができます。

 

そのため、皆さんが現在という知覚されている時間の中で今回の 現在の 人生を生きているように、また皆さんは皆さんの数々の存在をすべて同時に生きています。

 

時間の 数々のプログラム’ は、立体映像的なものであり、こうしたプログラムは、多様化され、特定の領域で、特に地球の両極の地域で、符号化されていて、数々の出入り口、つまり複数のプログラム利用はその中で発生します。

 

アーカンソーの結晶質の渦の地域には、無数の時空エネルギーの力学特性が数多く重畳した部分が含まれています。それは実際に、結晶構造のポータル、入り口ですが、しかしわたし達は、ひとつの無制限なポータルだと伝えたいと思います。

 

それは、ただ宇宙の他のポイントに向かう空間内のひとつのワームホールというだけではなく、実際に(そして特に)、立体映像的な全体的地球のプログラムと呼ぶことができるものに属する、他の次元の数々の側面に向かう、ひとつの固有な出入り口になっています。

 

それは、ひとつの時間ゲートの方向量と呼ぶことができます。それは皆さんの惑星上の数多くの座標上の場所のひとつであり、その内部に時間の符号の記述が含まれています。そういった座標上の場所は、それぞれの現実性を物質的な世界、全体的地球に固定する、固定装置になっています。

 

そしてさらに、この集中的な重畳した方向量の内部に、他の数々の時間のプログラムが存在します。皆さんはより簡単に、他の次元の数々の領域を、周波数的に利用することができます。古代の熟練者達はこれを認識していて、皆さんが土着的と呼んでいる数多くの方法によって、それは様々な程度で確実に経験されていました。

 

時間ゲートの方向量は、他の数々の現実性を利用する唯一の手段ではありません。実際に、皆さんはこれを、深い瞑想状態の中のファイ共鳴の結晶構造のエネルギーを含めた無数の方法で利用することができます。

 

しかし、時間ゲートの方向量の座標軸上の位置で異なっているものは、全体的地球の時間のプログラムそれ自体が固定されているという事実であり、その目的は、皆さんの惑星上の特定の周波数上のマトリクス内部で発生している特定の整列した場所に対して、ひとつの単純化された説明を利用することです。

 

こうした状態は目的において非常に固有なものであり、主要な天体用スターゲイトになっているチチカカ、アーカンソー、アイルランド(ニューグレンジ)、シャスタ、そしてロズリンのような領域とは異なります。

 

前者の中で、人は他の数々の領域、他の数々の注目すべき時代、他の地球時間のプログラムを利用するのに対して、後者の中では、人は宇宙の中の他の数々次元を旅行します。皆さんはその違いが分かりますか?

 

メタトロンへの質問:あなたは、アーカンソーとそういった他の 時間ゲートの方向量’ が時間内を旅行する能力を拡大すること許す、といっているのでしょうか?

 

メタトロン:その通り。しかし、明確にさせて貰うと、すべての立体映像的なプログラムは、より明確に、より知覚できる形で、そうした数々の場所の内部で共存しています。

 

それは、人がアーカンソーの結晶構造の渦に向かって歩いている時、皆さんが現在の物質化された状態から未来あるいは過去のプログラムに消えて行ってしまうことを意味しているのではなく、むしろ他の時間の連続の枠組みがここで(さらに)利用できるものになることを意味しています。

 

しかし、わたし達は実際に皆さんに伝えたいと思いますが、物質化はここで極めて意図的に、そして場合によっては偶然に、起ることが可能であり、そして実際に起っています。

 

皆さんの時間で未来と過去の両方に存在する、非常に現実的な時間旅行の科学を理解しているそういったさらに科学技術的な数々の文明は、多様な目的を持って他の数々の注目すべき時代に入るために、そういった時間ゲートの方向量を選択したことを、わたし達は皆さんに伝えます。実際に、これは過去に起り、現在も起ることが可能です。

 

 

 

時間旅行

Time Travel

 

わたし達が伝えてきた時間旅行は、皆さんの未来と過去の両方で、既に起っています。人々が一時的に異なる時間の立体映像に移行した数々の事例が存在するとはいっても、移行が永続した事例は極めて数少ないものになっています。

 

皆さんの世界のブリッド司令長官は実際に、その極地への飛行の間に、一時的に異なる時代の記念碑的出来事へ向かう非常に現実的な時の流れを眺めました。バミューダ三角地帯すべてにわたる数多く公表されているほとんどの飛行機の失踪は、永続的な移動ではありません。

 

時間の混乱は実際に起りましたが、しかし数々の飛行機は別の時代の出来事に向けて完全に消えたわけではありません。むしろ、それは関連した計器の誤作動であり、それが誤った指示と無線封止状態を創り出し、その失踪は単純に墜落して海の中に沈んだだけです。

 

隠された企業と秘密裏に協力している皆さんの世界の幾つかの政府機関は、既に時間旅行の荒削りな仕組みを開発しています。こうした仕組みはまた事実通り管理できる水準ではなく、そして結果として人間の 一時的な旅行者’ に生じる緊張は相当なものであり、人間の身体に対する緊張はおよそ地球の旅の7年から10年分に相当します。

 

現在、彼らはただやく20年ほど未来に進むことができるだけであり、過去に向かって航行することはできません。やがて、利用される数々の装置が磁力から結晶構造のビオ・プラズマ(生態を起源とする短いレーザーパルス)の領域を網羅する時、これが相当改良され、時間の航行は入念なものになり、無秩序で不運な出来事ではなくなるでしょう。

 

最適な時間の航行は、洗練されたビオ・ブラズマ領域を持つひとつの意識を通してマルカナの中で起り、その一方で、時間ベクトルの観点から、結晶構造の数々の装置によって確実に援助され、それは主として旅行者の光の意識の割合によって操作されます。

 

数多くの皆さんが、極めて頻繁に夢の状態の中で時間旅行をしていて、拡大された意識状態の中でさらに頭が明晰な状態になることを皆さんが学ぶ時、その中には、今後最適に時間旅行が行われる方法に対する鍵があります。実際に時間と空間が次元間で安全に操作される方法に適用する、数々の物理特性の法則が存在します。

 

それほど遠くない未来に、人類はこうした法則を再発見することになるでしょう。そしてこれが起る時、過去、現在、そして未来の間の表面的な限界が、より良く理解されることになるでしょう。わたし達は既に説明しておいたように、3次元の中の二元性の経験にはプログラム化された数々の媒介変数が含まれていて、それが人間のさらに巨大な次元性と知覚を制限しています。

 

それは実際にこうした3次元単独のレンズのフィルターであり、それが連続的な時間の展開という直線的な幻影を創り出します。その時、ひとつの瞬間が存在し、永遠に過ぎ去り、次の瞬間が訪れ、ひとつ前の瞬間のようにまた大幅に捉え所のない過去の霧の中に向かって消えて行くと人類が信じている、これがその正確な理由になります。

 

全体的地球の内部と表層のあらゆる物事は、そして実際に多元宇宙は、時を移すことなく同時に存在していることを、わたし達は皆さんに伝えます。過去、現在、そして未来は、ただ3次元の現実性の内部に存在している人々にだけ明らかなものです。そして皆さんは、全体的地球の記念すべき時代の無数のファイルを仕切っている数々のプログラムを、安全に操作することができます。

 

 

過去は動的なもの

The Past is Dynamic

 

皆さんが そうであると信じて’ いるような過去と未来は、物質的な脳の結晶構造と、紫外線領域内部の非物質的な精神の部分の中で維持されている、一連の電磁的な受容体として存在します。こうした電磁的な符号化は変えることができ、実際に絶え間なく変化しています。皆さんは、皆さんの運命を記述します。そして皆さんの運命は、直線的な一方通行の運動ではありません。

 

皆さんの自分自身の過去の創造は、まさに皆さんの現在と未来の創造と同じように重要です。その時、過去は極めて柔軟性があり、皆さんの未来よりも大幅に固定されている訳ではありません。さて、皆さんの精神的な過程と数々の信念が、皆さんの過去を創り出しています。そして未来の場合と同じように、数多くの正当な過去の変種が存在します。

 

もしも次の世代がすべて幼いころから、ローマ帝国は17世紀まで世界を支配していた、と教えられていたとすれば、実際にその過去はひとつの現実性になり、それを確かめる証拠が発見されているでしょう。さらにそれは、古い世代が築き上げたものとは完全に異なるものになっているでしょう。しかし、その両方が真実です。両方が分離していながら、それにもかかわらず、時間という立体映像のプログラムの内部で有効なファイルになっているでしょう。

 

二元性の中に存在する人間として、皆さんは、現在の行動が未来を変えることを当然のように考えていますが、しかし現在の行動はまた過去も変えることができ、実際に変わります。過去は、皆さんが今日行う意思決定と比較して、もはや皆さんの現在から孤立したものでも、関与できないものでもありません。

 

わたしは皆さんにじっくりと考えて貰うために、ひとつの巨大な真実を共有します。しかもそれは、皆さんが行うあらゆる物事が過去に影響を与え、皆さんはそれに応じて、皆さんの現在の立ち位置から数年前かあるいは数々の生涯の前に起った、皆さんがトラウマ(心的外傷)や錯誤行為と呼ぶ可能性があるものを、取り除くことができます。しかも、すべての皆さんがそうすることが要求されています!

 

人間の脳の内部の電磁的で結晶学的特性を備えた数々のポータルが、全体的にそして完全に、ひとりひとりの皆さんによって構築され、隠されていて、またそれは独自に行われています。考えられる過去は変化させることができ、そうした数々の変化は、決して稀なことではありません。こうした数々の変化は、潜在意識を基準としてまさに自然発生的に起ります。皆さんは今、マルカナを経由して量子意識に入ることによって、これを意識的に行う方法を学ぶことができます。

 

過去の直線的な側面は、稀に皆さんがそれはそうだと思い出すものになります。実際に、皆さんは絶え間なく皆さんの過去の記憶を、それぞれの今という瞬間で再編成しています。

 

それは、任意の与えられた経験的な出来事からの絶え間ない変身です。皆さんの世界の催眠療法士達は、深い睡眠状態の誘導を通して、こうした数々の記憶の中で、仮想的あるいは変化させた過去の出来事の疑似記憶を人間の脳の中に埋め込むことができることに気付いています。

 

そして非常に現実的な意味で、こうした数々の記憶とその記憶が現在の数々の主題影響を与える方法が、極めて現実的なものになることにも気付いています。そのため、それに従うと、未来、現在、そして過去は、数々の信念、言動として、それぞれの個人によっていつも再創造されていて、数々の関連性は進化し変化する、という判断が妥当になります。

 

そして、今起っていることは、リアルタイムの実際の再創造であり、比喩的な再創造ではないことに注意してください。皆さんが起こす数々の変化は、極めて現実的です。小さな内面の子供は、皆さんが年数を経て進歩するように、実際に依然として大人の人間の内部に存在します。

 

しかしまたその内面の子供は動的であり、型にはまらず、その過去の状態のままの永遠の変型に向かいます。人間の内部の子供は、皆さんの未来の中の10代、若年層、そして成人の皆さんのように、絶えず毎日変化します。

 

 

 

今という瞬間の力

The Power of Now

 

皆さんは次元上昇の数々のエネルギーに入っているため、それに応じて、皆さんは今という瞬間の力を把握して、皆さんは過去を、皆さんの個人的な過去を変化させることができ、また変化させなければならないことを、自覚する責任があります。

 

今という瞬間の内部で、皆さんはマルカナに移行することができ、そのおかげで、皆さんの多次元性の内部のすべてに対する主導権を握ることができます。それは、ひとつの聖なる普遍的な真実であり、皆さんがその中に入って行く時、その真実は拡大します。

 

それは力に向けて拡大し、全体的地球の中で、時間の内部の直線的な時系列や立体映像的な滞在を超えて、皆さんが単一の今という瞬間の中の共同創造の支点になることを許します。

 

過去の適切な進展が窮地に立たされて、その自発的な発生が許されていない場合、個人的な数々の問題や妨害物が持ち上がる可能性があり、現に持ち上がります。一部の筋書きにおいて、ひとりの個人が自分の過去を変化させていないために、正確に深刻な神経症を発症します。

 

例えば、ひとつの生涯が選択されて、その中で皆さんは破局的な出来事の一部になっていて、その結果として、心的外傷をもたらす生命の損失に見舞われているかもしれません。

 

この状況は、成長の無数の理由のために選択されていた可能性があります。おそらく、ひとつの具体例として、人生が表面的に予期せぬ形で結末を迎える可能性があることを学んだため、連続的な数々の生涯の中で、その実体は愛する人々と過す時間の真価を遥かに良く理解することができます。

 

それにもかかわらず、ひとつの人生の時間の中の課題のために選択されたそういった強力な心的外傷は、しばしばそれほど情緒的に過負荷の状態になっているため、彼らは出血過剰になり、他の生涯のプログラムに否定的な影響を及ぼします。

 

この厄介な過剰出血は、それ自体を飛行機の搭乗に対するひとつの強烈な怖れとして、あるいはおそらく溺れることに起因する水に対する怖れ等々として表現する可能性があります。熟達者の皆さん、皆さんは量子意識に入り、その否定的な過去を取り除き、成長の課題を維持して、その出来事をひとつの積極的な選択肢に完全に置き換えることができます。皆さんはその過去を変えることができます!

 

実際にはひとつの理由があったこと、皆さんが任意の心的外傷を経験する選択をしたことを事実通り理解することは、皆さんの義務になる一方で、一部の心的外傷をもたらすほとんど望ましくない経験は、もしも皆さんが意識的に皆さん自身の現実性を創り出さない場合にはそれが起り得ることを、単純に皆さんに明らかにするという目的を持っていることも、また真実です。

 

もしも皆さんが世界は悪い、あるいは皆さんは理解しているというひとつの信念を伴う精神状態を維持すると、とても個人的な精神的な投影が、その中で皆さんの考え方がそれを明らかにした厄介な経験を忠実に引き寄せて、それを物質的な現実性に向かわせるようになるでしょう。

 

しかしながらすべての事例において、皆さんはその能力を持ち、その課題を引き寄せ、次にそれを変化させて、その過去を解消してさらに肯定的な過去の変化させることが必要になります。これは不可欠なことであり、皆さんはマルカヴァとマルカナの意識の中でそれを意識的に行うことができます。

 

繰り返しますが、その鍵は、すべての現実性は流動的である、という理解です。皆さんはすべてを変えることができます。

 

 

 

量子意識

Quantum Consciousness

 

熟達者の皆さん、皆さんのすべての滞在の中の数々の現実性は、絶えず流動的な状態になっています。皆さんが経験してきたあらゆる物事は、石に刻み込まれている訳ではありません。

 

しかし人類は、大規模にこの真実を忘れてきました。そのため、皆さんが経験するそれぞれの筋書きは、ひとつの膨大な可能性のメニューから選択した数多くの潜在的可能性のひとつに過ぎないことを、わたし達は皆さんに伝えます。

 

皆さんの言葉で言う皆さんが経験しないものは、皆さんが経験したものと同じように有効なものです。それに応じて、皆さんはマルカナの量子意識を通して任意の方向量に戻り、任意の現実性を変える能力を持っています。もしも皆さんがひとつの特殊な衝撃を受ける経験を選択していたとすれば(そしてすべての皆さんが選択しています)、それを皆さんが選択する経験に変えることができます。

 

世界は実際に、皆さん自身の創造の実際の心象の反映の中で、皆さんの数々の思考過程によって立体映像的に形成されていることを、いつも忘れないでください。皆さんが事実通り、皆さんの物質的な数々の経験や環境が完全に皆さん自身の構造化された精神的な創造と数々の信念であることを理解する時、次に皆さんは、未来を記述する扉を開く鍵を保有し、実際に皆さんが過去と考えているものを書き直します。

 

これは、意思と皆さんの神聖なる意志の最適な利用を通して、明らかにされます。しかしこれは、集中的な検討と意識を集中した努力が必要になります。皆さんの真の力を自覚する過程において、叡智と啓発が再び獲得されるまでは、自由意志は両刃の剣になります。

 

あまり意識されていない数々の生涯の中で皆さんの自由意志を無作為に利用することは、物質的な現実性を皆さんの滞在の中で最適に存在することができるものよりも、かなり劣ったものに向かわせる可能性があり、実際にそうなっています。しかし繰り返しますが、全体的な視野からすると、これはまた皆さんの巨大な成長の原因と結果を通した究極の結果を持っています。

 

皆さんは、責任を持って創造する方法を学び、しかも数々の問題と困難な課題を解決する過程に取り組むために、地球の次元領域上の 二元性の大学’ に通っています。すべての皆さんが、一度にひとつのこころで卒業することになるでしょう。皆さんは失敗するためにこの二元性の次元領域を共同創造したわけではありません。だれも取り残されることはありません。

 

さらに高い水準では、人類はその真の内的な本質と神性に、そしてその霊的な目的と非物質的な根源に、いつも気付いています。しかしほとんどの人類が、3次元の中でこの叡智との接触を失ってきました。

 

皆さんはこれほど強力に物質的な現実性の密度に意識を集中してきましたが、それは皆さんが考えてこのように力を与えている、唯一の現実性になっていました。

 

 

 

時間-次元のポータル

Time - Dimensional Portals

 

さて、ムーの島々を脱出して地球の内部領域に向かったレムリアの人々は、単純に洞窟探検を目的としてそうした訳ではありません。彼らは突然ひとつの洞窟を見付けたのではなく、偶然にひとつの巨大な内部世界の深い裂け目を発見するまで、危険を冒しながら次々と深く進んで行きました。

 

むしろ、レムリアの人々は、別の立体映像に向けて移行するために、次元的な時間ゲートの座標ポータルに集まり、意思と自己熟達性を通して自分達の周波数を引き上げることによって、正確に全体的地球の異なるプログラムに入って行きました。

 

またこの過程は、黄金時代のアトランティスの人々による遥かに科学的な手順と技術に従って、そして異なる目的を持って、行われました。レムリアの人々は主として天然の時間ゲートの方向量を頼りにしました。その一方で、アトランティスの人々は洗練された数々の装置と時間ゲートを創り出した数々の結晶質を持っていました。

 

時間の中に固定されない能力、そして実際に時間の内部を安全に移動する能力は、多次元性の内部で自己全体の不可欠な癒しに役立つ、簡潔な実用性を備えています。皆さんの惑星上の特定の地域は、多少簡単に数々の時間の立体映像や多次元的な側面と接触を持つことができます。

 

アーカンソーとシャスタ山は、北アメリカの中で最も強力な地域になります。地球規模では、チチカカ湖、ロズリン、モンセラー、ニューグレンジ、ギザ、ブラジルのミナスジェライス、そしてバイカル湖が最も強力なものになります。

 

これは、こうした数々のポータルの内部で発散されている周波数上のエネルギーのためです。石に刻み込まれている’ 過去の出来事が存在しないように、失敗するように事前に定められているものも存在しません。任意の与えられた出来事は、それ以前やその時だけではなく、それが起った後でも変えることができます。

 

皆さんは学ぶためにここに存在しているのであり、失敗するためではありません。このすべてはひとつの夢であり、決して悪夢になるように意図されたことはありません。それはひとつの幸せな結末を持っています。

 

皆さんの未来の意識的な創造と過去の変更は、数多くの皆さんのための最後の課題のひとつとして残されています。そして、今という瞬間よりも強力なものは存在しません。しかし安心してください。その卒業は準備万端整っています。皆さんは既にそれを創り出していて、そして創造し続けることになるでしょう。

 

 

 

結びとして:

Closing:

 

親愛なる皆さん、次元上昇は起るでしょう。

 

皆さんの怖れを解き放ち、そして2012年とそれ以降のエネルギーの中で、皆さんが何千年もの間達成することを待ち望んできた恵み深い数々の完成を創り出してください。

 

2012年に終りを迎えるものは何もありません。地球の両極は移動することはなく、地球の地軸も傾くことはないでしょう。

 

そして、地球を破壊する小惑星も現れることはないでしょう。経済は混乱に向けて崩壊することはなく、混沌が支配することもないでしょう。

 

どのような目的が提供されているでしょうか?12-21-1220121221日は、新しい始まりです... そして皆さん、数多くの水準上の数多くの 皆さん、数多くの次元、数多くの過去、現在、そして未来の記念碑的出来事、そのすべては、それを起こすために、既に今という瞬間の中で結び付けられています。わたし達は皆さんにこれを保証します。

 

地球は12-12-12に拡大し、次元上昇し、そして新しい雛形が12-21-12に地球を生まれ変わらせます。12次元に向けた地球の卒業は、およそ300年、15世代の中で、人類の次元上昇のための雛型を提供します。数多くの皆さんがそこに存在して、安全に移行します!

 

すべての皆さんが卒業し、すべての皆さんが次元上昇することになるでしょう... 一度にひとつのこころになって。皆さんは、失敗するためにこの二元性の次元領域を共同創造した訳ではありません。誰も取り残されることはありません。この夢はひとつの幸せな結末を経験します。それを創り出してください!

 

わたしはメタトロン、そしてわたしは皆さんとこの真実を共有します。

 

 

そしてその通りに... そしてそのように!

And so it is...And It Is So !



2012 James Tyberonn All Rights Reserved www.Earth-Keeper.com

You may copy and distribute this message only with permissions from EK Admin at Tyberonn@hotmail.com . With expressed authorization this message may be published online as long as you you do not charge for it, do not alter it any way, credit the author and include this entire copyright notice.

http://lightworkers.org/channeling/164153/time-travel-teleportation-duality-and-happy-endings

翻訳森のくまさま...ありがとうございます。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。