So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大天使サンダルフォン : 2017年6月25日 [大天使サンダルフォン]

 

大天使サンダルフォン

Archangel Sandalphon

 

 

2017625

June 25th, 2017

 

 

 

June 27, 2017

 

ジョン・カッスル経由

Via John Kassl

 

 

 

th.jpeg

最愛なる人間、

それは完全に皆さんに委ねられていて、そして今後皆さんは、神と皆さん自身の光を確認することになるでしょう。

 

わたしは大天使サンダルフォン。

 

地球はわたしの故郷であり、そして人類はわたしの兄弟姉妹です。

 

何故なら、まさに皆さんが今日生きるように、わたしはひとりの人間として皆さんに囲まれて生きたことがあるからです。

 

 

わたしは、生身の人間としてひとつの人生を生きること、そして欺瞞に満ちたひとつの世界を克服することの意味を、認識しています。

 

わたしは認識し、そして皆さんも認識しています;そしてこれは、このメッセージが目的にするものです。

 

 

人類は、この古い世界の中の最後の段階を踏んでいます。

 

そして一部の人々は、この世界を啓発されて離れることになるでしょう。

 

わたしは皆さんに言及しています。

 

何故なら、皆さんの理解への希求、皆さんの光と神への切望こそが、今まで皆さんをここに導いてきたからです。

 

人類は、この世界の中の最後の段階を踏んでいます。

 

 

 

利己性は罪ではない

“Selfishness” is not a sin

 

今問題になることは、大多数の人間が個人的に目覚めることです。

 

以下のように描写される、ひとつの目覚めです:

 

 

皆さん自身と皆さんの自己の奉仕者になってください。

 

利己性は罪ではなく、無条件の愛に通じる道です。

 

何故なら、皆さんが皆さん自身を充分に認めた瞬間に、皆さんは同時に神と人間になるからです-皆さんは完全になります。

 

 

このことを認識してください:皆さん自身の庭の中で働くことは今、極度に重要になります。

 

何故なら、個人的な人間のこころの中で、素晴らしい世界の大改革が起こるからです。

 

 

より多くの人々が自分自身を有害な慣習や間違った見解から抜け出すほど、人類はより深く情緒の傷を癒し、精神的な欺瞞を放棄し、今後これがより効率的にこの地上の現実性の基盤を取り除くからです-基礎がない一軒の家のように、それがそれ自体で崩壊するまで。

 

今日、とても重要なひとつの疑問が、変容に関与する皆さんのために、人間にそれ自体を提起します:ひとりの個人として、わたしはどうすれば最も効率的にその変容を支えることができるのか?

 

 

その答えは単純ですが、それにもかかわらず、数多くの人々にとって簡単ではありません。

 

その答えは:ひとりの神聖なる光の存在への変容を完了することを通して、完全になることによって。

 

それは、皆さんが皆さんの起源と使命を充分に気付くことを意味します。

 

繰り返すと:現在の変革は先導者を必要とせず、その個人の内部で生じます。

 

 

古い世界をひとつの幻影として見抜き、既にそれに対する個人的な執着を手放している、あらゆる人間の内部です。

 

今、自己認識に病みつきになることが不可欠になるのは、これがその理由です。

 

それで皆さんは、疑いを超えた完全に新しい人生の意味を、創り出すことができます。

 

 

今、世界規模で人間の困窮が高まっていて、皆さんの魂の核心部分から残っているあらゆる悲哀を取り除くことが不可欠になります。

 

 

与えることができるようになるためには、皆さんは、与える物事を手にすることが必要になります-そして効果的になるためには、皆さんが存在することが必要になります。

 

あらゆる物事が簡単になった後、皆さんは極めて自然に生きて、無条件の愛を放つことができます。

 

 

 

無条件に愛することの難しさ

The difficulty to love unconditionally

 

 

何故数多くの人々にとって無条件の愛が驚くほど難しいのでしょうか?

 

その理由は、自己の意識と言うよりも、むしろ、自我の観点から論じられるからです。

 

自己は無条件の愛で構成され、それが、自己認識を実現することが非常に重要になる理由です。

 

 

現在、皆さんが皆さんのすべてを以下に注ぐことが特に不可欠になります

a.) 自己治癒、

b.) 自己認識、

c.) 自己支援、そして

d.) 自己との遭遇

 

人類のすべてが要求を持つように見えるこうした日々の中で、皆さんは、根本的に皆さん自身に目を転じて、皆さん自身の要求を認めることが必要になります。

 

現在の時間の質に関するメッセージは、本質的に:皆さん自身を癒すこと、それで皆さんは、世界を癒す、というものになります!

 

 

特定の習慣が皆さんらしいやり方になっている、まさにここから始めて、また、皆さんの意見に注目して、最終的に、皆さんに強要された行動パターンを認識してください。

 

そして最後に、高位の霊的指導者達、大天使達、啓発された光の存在達、そして神との密接な結び付きを確立することによって、熟達性を獲得してください。

 

そのようにして皆さんは、あらゆる障害物を克服し、あらゆる閉塞を取り除くことができます。

 

 

最愛なる人、今まで以上に、現在-時間の終わりと人類のための路の終わりの時点で-それは(すべての)皆さんひとりに委ねられています。

 

 

皆さん自身に責任を負う

Take responsibility for yourself

 

 

政治活動に夢中にならないでください。

 

何故なら、教会も政治も、ひとりの目覚めた存在には何ら意義を持たないからです。

 

 

もしも人々がもはや投票に参加せず、この世界の教会や寺院を回避したとすれば、僧や政治家達は自分達の資格を失い、もはや彼らが霊的に導いている振りをする者達や政治的に代表を務める者達に対するどのような力も持つことはないでしょう。

 

 

もしも個人達、自分達自身ひとりひとりが、自分達自身を規定することによって、TV番組を消費することを止めたとすれば、このマトリクスの権力は、終わりを迎えます。

 

 

もしも大多数の個人が同時にそのようにする決断を下したとすれば、皆さんは、それが意味する内容を非常に良く思い描くことができます。

 

 

この具体例は、その個人の個人的な責任と自己強化の特質を、実証します。

 

皆さんは、皆さんをそういった断固たる措置から遠ざけるあらゆる物事に疑問を呈するべきです。

 

 

皆さんが自己認識を獲得するやり方、そしてただその時だけ、人類は、自由に対する隷属から抜け出すために必要な段階を踏むことができます。

 

皆さん自身に対する完全な責任の定位置を皆さんに告げるこのメッセージで、わたしは皆さんを祝福し、そして皆さんにこれを伝えます:皆さんが皆さんの真の自己を充分に達成すると直ぐに、皆さんはその現状を確認することになり、そして皆さんの人生は完全なものになるでしょう。

 

 

数多くの人々が、拡大的な変化と深い認識の瀬戸際にいて、ただ獲得すべき最後の段階だけが、その人々にとって困難なものになります...

 

 

何故か?その理由は、最も永続的な誤解と最もお気に入りの習慣は、まだ精査されたことはなく、そして全面的に新しい人類と世界の観点は、まだ創り出されていないからです。

 

天は、それについて皆さんを支援します。

 

もしも皆さんが望むなら、わたし達は、その光に向けて皆さんに同伴します。

 

そしてもしも皆さんがそれを求めるなら、わたし達は、皆さんが皆さんの自己を獲得する支援をします。

 

 

もしも皆さんの神への切望が皆さんのこの世界に対する愛よりも大きければ... その時皆さんは、既に正しい場所に来ています。

 

 

ひとつの旅を終えるためには、皆さんは、その最後の段階を踏むことが必要になります。

 

それを選択してください。

 

わたし達と伴に。

 

皆さんは、決してひとりではありません。

 

 

終わりのない愛を込めて、

With endless love,

 

 

大天使サンダルフォン。

ARCHANGEL SANDALPHON.



» Source http://lichtweltverlag.at/en/2017/06/23/its-up-to-you-archangel-sandalphon/ – 
Channel: John J Kassl

http://sananda.website/archangel-sandalphon-via-john-kassl-june-25th-2017/








翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

ヨシュア : 2017年6月26日 [イエス:ヨシュア]

 

ヨシュア

Jeshua

 

 

2017626

June 26th, 2017

 

 

 

June 27, 2017

 

パメラ・クレーバ経由

Via Pamela Kribbe

 

 

 

 

親愛なる人々、わたしは皆さんの友人であるヨシュア。

 

わたしはこの瞬間に、ひとりの兄弟として皆さんと一緒にいます。

 

わたしの交遊、わたしの存在感を、受け入れてください。

 

何故なら、わたしは遠く離れている訳ではないからです。

 

わたしは、わたしの手で皆さんのこころを撫でて、皆さんに皆さんのありのままの姿とわたし達を結び付ける統一性を気付かせたいと思います。

 

見返りに、わたしに挨拶を送ってください;わたしに皆さんのこころを開いてください。

 

わたしはひとりの一体性の使者であり、皆さんの前に跪きます。

 

何故なら、皆さんはわたしの兄弟または姉妹であり、そしてわたしは皆さんの中に同じ仲間、魂の仲間を確認するからです。

 

 

わたしは、皆さんが行う物事と、皆さんの地上のありのままの姿を尊重します。

 

この場所は、ひとつの魂としてひとつの人間の身体の中に転生するには、最も暗い場所のひとつです。

 

ここにいる時の皆さんのありのままの姿、皆さんの宇宙の起源、皆さんの偉大さ、皆さんの巨大さ、皆さんの永遠の資質を思い出すことは、かなりの難題です。

 

何故なら、ここでのあらゆる物事は、皆さん自身、皆さんの最も深い本質を忘れることに焦点が当てられているように見えるからです。

 

皆さんがここで幼い頃から学んできたものは、ただ皆さんの感覚的な認知だけを信頼し、皆さんの目、耳、鼻が皆さんに伝えることが真の現実性である、と信頼することです。

 

 

皆さんの周りの物質的な世界は、実在し、堅固で、そして真実であるものの縮図だと見做されます。

 

特にその中で科学的な世界観があらゆる場所を貫徹している現時点において、感覚的で物質的な現実性よりも遥かに遠くまで確認する能力に関しては、大いなる懐疑が存在します。

 

こころで感じ直観しながらその内面の目で確認することは、本質的ではない物事、迷信に基づく戯言として、片付けられます。

 

 

これはひとつの大いなる逆説です。

 

何故なら、皆さんが皆さんのありのままの本当の姿を解明するのは、ただ魂の水準だけになるからです。

 

皆さんが皆さん自身に気付くのは、外部ではなく、確実に内面の世界の中のことです。

 

皆さんがこの社会の中で迷路に導かれる理由は、外見への重要性、そして形式的なそして試験可能な知識が、これほど沢山強調されるからです。

 

この社会に応じて、物事は、それを紛れもなくまた正しいものにするためには、その感覚を踏まえて観察できるもの、あるいは、その精神で理由付けされるものでなければならないからです。

 

 

しかし、人々が格闘しているすべての感覚、数多くの人々が対処しなければならない深い孤独感と徒労感は、どうなるのでしょうか?

 

それは、世界の中のひとつの根本的な問題であり、単なる個人的な問題ではありません。

 

世界の中には、ひとつの深い実存的危機があり、それがほとんどすべての個人のこころを蝕み、そのため日々の生活の中でひとつの意味の源泉としての魂が必要になります。

 

 

その魂は誰で、役割は何でしょうか?

 

それは、皆さんの内部の最も深い場所で生きているもの、特にそれが既存の尺度や社会的な発想と異なるかどうかを発見しようとして、明示的に内面を探求する勇気の、ひとつの象徴です。

 

皆さんは、皆さんが光だけではなくまたその闇にも気付く皆さんの内面の世界へと、ゆっくりと降下します。

 

何故なら、それは紛れもなく、皆さんが皆さんの内面の世界への扉を開き、また皆さんが皆さんのすべての闇の部分に気付く時になるからです。

 

それは、今後皆さんが試され、その最も暗い部分ように見えるものでさえ意味を持つことを確認するために、その魂のより大きな現実性に頼ることが必要になる時です。

 

 

この世界の中でその魂が是が非でも必要とされることを、再び認め、感じることです。

 

それは、故郷への帰還、皆さんの本当のありのままの姿への帰還です。

 

そこで点火されるその光から、皆さんは、新しい発想、新しいエネルギー、勇気、そして信頼で世界を染め上げることができます。

 

そしてここでは、目覚めた魂の経路から世界へと淀みなく流れることができる、沢山の物事が必要になります。

 

世界の中にはこれほど沢山の悲しみ、これほど沢山の痛みと苦悩があります。

 

そしてわたしがこれを話すのは、皆さんを失望させるためではなく、皆さんが皆さんの人生の中でその魂を認め感じることがどれほど重要で差し迫ったものかということを指摘するためです。

 

このようにして、皆さんは、まさに皆さんだけではなく、また他の人々のために、ひとつの光になります。

 

 

皆さんは、どのようにして皆さんの魂と結び付きますか?

 

この世界はこれほど魂から疎遠になっているため、この質問はほとんど尋ねられることはありません。

 

子供達が成長し学校に通う時、子供達は決してひとつの質問を提示されることはありません。

 

皆さんはどのようにして、そして皆さんの情緒や束の間の気分だけではなく、皆さんの内面の世界の背後に横たわるものを用いて、皆さんの内面の世界と結び付きますか?

 

より恒久的な世界、皆さんの魂の世界、皆さんに固有のわたしと皆さんの魂のエネルギーの世界は、ありますか?

 

その可能性は認められさえすることはなく、そのため皆さんは、その世界をについて尋ねて、その世界と結び付く方法を教えられることはありません。

 

そしてその結果が、既にこの世界の中に現れているそういった霊的な貧困です。

 

 

魂の現実性となっているものを皆さんに説明するために、わたしは皆さんに、皆さんが皆さんの人生の最後の時間にいて、その死が近付き、これから皆さんがその敷居の後の人生、死後の人生に手渡す状況を思い描くことを勧めます。

 

今まで皆さんは、既に何度もこれを行ってきています。

 

何故なら、皆さんは地上の数多くの人生を生きてきたからです。

 

そしてこうした人生のすべての中で、皆さんは最後には、時には皆さんのこころの中で他の時代よりもさらに多くの安らぎを携えて、その敷居を跨いできました。

 

 

しかしたとえそれが異なる移行であり、皆さんは皆さんのこころの中で苦闘の感覚を持って死んだとしても、また皆さんは、皆さんが皆さんの魂としてその物質的な姿から解き放たれた時に、強烈な自由を経験しました。

 

皆さんがより多く安らぎの中で死ぬほど、その移行はより幸せなものになります。

 

しかしすべての事例において、地上の身体を解き放つ中には、ある深い安心感、これほど親しみがありながらどのようにして皆さんがいつも忘れることができたかを理解しない、自然な在り方への撤退の感覚があります。

 

 

わたしと一緒に行き、そして死についてのすべての否定的な発想を振り捨ててください。

 

皆さんが皆さんの人生の終わりの時にいて、その苦闘を諦めて、皆さんの最後の息を吐く時に、皆さんの魂である皆さんが皆さんの地上の身体を置き去りにするその姿を、思い描いてください。

 

それは、穏やかにそして滑らかに離れます。

 

努力せずに、皆さんの魂である皆さんは、皆さんの身体から離れます。

 

たちどころに皆さんは、明るさを、皆さんの周りの光だけではなく皆さんの身体の明るさを、その柔軟さ、俊敏さ、そして重苦しさと努力の欠如を、感じます。

 

皆さんは、皆さんのこころが皆さんを運ぶ場所に向けて速やかに移動する、一羽の鳥に似ています。

 

 

皆さんの想像力を飛翔させてください。

 

もしも皆さんが皆さんの地上の身体から自由になり、皆さんのこころが皆さんを引き寄せる場所へと移動するなら起こる物事を、新しい環境の観点から思い描いてください。

 

皆さんは、現れるひとつの庭、あるいは海、あるいはひとつの森を確認するかもしれません。

 

それは、苦も無く皆さんのために現れ、そしてあらゆる物事の中で皆さんは確認し、そして皆さんは、内部から放射するその生命を感じます。

 

生きるすべては、博愛の眼差しで皆さんに目を向けます。

 

穏やかな手招きが、皆さんが確認するあらゆる物事から発散します。

 

そしてその美しさは、壮麗で眩いほどです。

 

皆さんは、皆さんのこころの中で泡立つ歓びを感じ、そしてこう考えます:嗚呼、これがそうでなければならない通りのものだ;これが普通であり、これが自然なことだ。わたしはここで故郷にいる!

 

 

今後皆さんは、友人達や死んだ親戚達に遭遇し、指導霊達、広いこころで皆さんを受け止めるすべての人々、皆さんがありのままの姿でいることを静かに認める人々、そして皆さんが必要とする時に皆さんに救いの手を差し伸べる人々と、出会うことになるでしょう。

 

皆さんは今、既に魂の次元へと足を踏み入れています。そこにあるあらゆる物が異なります。

 

空間と時間は遥かに柔軟になります。

 

何故なら、もしも皆さんがそうしたければ、そしてもしも皆さんのこころがその場所に引き寄せられるなら、皆さんは突然異なる場所にいることができるからです。

 

内部の世界は、外部の世界に優先します。

 

 

もしも皆さんが内面の水準でこころから誰かと結び付き、そして皆さんの呼び掛けが応えられるなら、皆さんは突如として、ひとつの物質的な雰囲気の中で一緒にいる皆さん自身に気付きます。

 

地上と同じように物質的ではないとしても、死後の人生の中のここでも、わたし達は依然として姿を単位として話をすることができます。

 

皆さんはひとつの身体を持ち、その個性もひとつの身体を持ち、そして皆さんは、お互いに意思疎通することができますが、しかしそれは、皆さんが地上で慣れているものよりも遥かに簡単でほとんど苦労せずに行うことができます。

 

 

空間と時間が柔軟であるという事実に加えて、皆さんの身体の姿も同じようになります。

 

皆さんが身に着ける姿は、とても軽やかで流動性を持ちます。

 

皆さんは物質的な姿を身に着けて、年寄りとしてあるいは若者としても現れることができます。

 

皆さんの髪の色、皆さんの目の色、あらゆる物事を変えることができ、それが皆さんに歓びを与えます。

 

皆さんは、内的に皆さんに相応しく、気分良く感じ、別の個人との意思疎通を促進する姿を選択します。この魂の次元の中で、皆さんはその内面が外部の容姿に形を与える姿を確認します。

 

皆さんの内部で生きるものが、皆さんの外部と周りにあるものを決めます。

 

少しの間、それを感じてください。

 

姿を与え、皆さんにそういった経験を引き寄せてそれを創り出す皆さんの内部に在るものとは、何でしょうか?

 

 

明らかに皆さんはその姿でも、皆さんの身体でもありません。

 

何故なら、それはこれほど数多くのやり方に際して異なる姿で現れることがあるからです。

 

皆さんは、皆さんが生きる場所あるいは皆さんが演じる役割でもありません。

 

何故なら、それでさえ非常に柔軟で動的なものになるからです。

 

そのままでいるものは、ここで皆さが皆さんのこころと呼ぶものです。

 

少しの間、皆さんのこころを感じてください。

 

その反対側の異なる趣の中で、皆さんのこころが自由に発見し、探索し、遭遇する姿を感じ、そしてそれがもたらす歓びを感じてください。

 

次に、皆さんがどれほど認識していたか、皆さんの中にどれほど沢山の知識が存在したかを、感じてください。

 

 

それが今、今回のために適切な、幸せで自由で歓びに溢れた姿で皆さんに現れることを望むかどうかを、皆さんの魂に尋ねてください。

 

あるいはもしかすると皆さんの魂は、ひとりの賢明な老女あるいは老人として、またはひとりの子供として、皆さんに現れるかもしれません-それは問題ではありません。

 

その魂は今、皆さんに対するひとつのメッセージの最適な伝達にとって適切な、ひとつの姿を選択します。

 

少しの間、皆さんの魂が皆さんに明らかになるようにしてください。

 

そしてもしも皆さんが何も聞かず確認しないなら、その時は、それを感じてください。

 

皆さんが属するその永遠の次元を感じ、そしてそれが皆さんを包み込むことを、許してください。

 

ひとつの時代に、皆さんは、その自由な鳥でした;皆さんは、本質的にその歓び、その創造的な自由でした。

 

それが皆さんの身体に、皆さんの腹部に降下することを許してください。

 

自由になり、そしてその内面の自由から生きてください!

 

 

その魂の地上の目的は何でしょうか?

 

何故それがここにあるのでしょうか?

 

その魂は、この次元の中の目覚め方を学ぶことを望みます。

 

ここは、その中で皆さんがとても深遠なやり方で皆さん自身を簡単に忘れることができる、ひとつの次元です。

 

そこで皆さんは、皆さんの本質から徹底的に疎遠になることができます。

 

 

皆さんの魂は、ここにいることを望みました;皆さんの魂は、ひとりの神の使者であり、皆さんが神と呼ぶこのすべて強化するエネルギーの、ひとつの粒子です。

 

皆さんの魂は、その無限で創造的な根源に属する、ひとつの固有な粒子です。

 

皆さんの魂は、時間を超えて働いていますが、しかし皆さんが地上で認識する種類の時間ではありません。

 

魂の世界は、皆さんが地球の尺度で測定できるよりも、遥かに宏大で計り知れないものです。

 

 

わたしが話したように、魂の水準に接する時間と空間はとても流動的でとても機動性があり、そして外部の物事よりも内部の物事からより多く形成されます。

 

皆さんの魂は、すべての種類の人生を通した発展によってこの魂の中で浮上している、そしてそうした人生のひとつは皆さんによって形作られる、と皆さんは話すことができます。

 

皆さんは、この地球の個性と皆さんの魂とのひとつの固有の融合であり、そのため皆さんにそっくりな者など、誰ひとりいません。

 

 

また皆さんは、皆さんの魂に対しても固有です。

 

今回の人生は、ひとつの身体の中でここにいて、またそれ自体を献身的に捧げることが意味するものを、皆さんの魂がその中で発見し、深く理解することを望む、ひとつの固有な環境です。

 

皆さんの魂が素晴らしくそして勇敢な姿を感じてください。

 

それでも、それは本質的に、これを引き受ける皆さんです。

 

皆さんはこの次の段階の危険を引き受けます。

 

 

皆さん自身を尊重してください。

 

皆さんは、ひとりの大いなる存在であり、奪うことができない神のひとつの部分ですが、しかし皆さんは、日常的に皆さん自身を余りにも過小評価します。

 

皆さんは、社会的な偏見と善悪の概念の弊害で、苦悩します。

 

わたしが皆さんに皆さんの魂と結び付くように求める時、わたしは皆さんに、皆さんの光そしてまた皆さんの炎と融合することを求めています。

 

光はまた炎であり、そして炎は、情熱、熱意、閃きを象徴します。

 

 

皆さんは、強い魂達です。

 

そして地上の転生という冒険に入るためには、皆さんは勇気を持つ必要があります。

 

皆さんが危険性を負う理由は、皆さんは、考えも及ばない深みにはまることがあるからです。

 

そして今まで皆さんはそういった深みを経験してきました。

 

何故なら、皆さんは初めてここにいる訳ではないからです。

 

皆さんはすべて、皆さんの地上の人生の中で想像を絶する深みを経験してきました。

 

そしてそれにもかかわらず、皆さんは再びここにいます。

 

そのため、皆さんの中にはひとつの深い確信、情熱そして炎があり、それが、皆さんがここにいて、皆さんの光を輝かせることを決断させます。

 

 

その炎と結び付くためには、皆さんもまた、皆さんの暗い情緒、皆さんの暗い側面-あるいは皆さんがそのように分類するもの-を直視することが必要になります。

 

そういった情緒の中で存続するあらゆる物事は、皆さんのためのひとつのメッセージを持ちます:その怒り、怖れ、憎しみ、抵抗です。

 

否定的だと烙印を押されてきたあらゆる物事は、それ自体の内部に生命力を持ちます。

 

その情緒の溜め池と結び付き、それを呼び出してください。

 

それは、暗くそして不鮮明に見えることが許されます。

 

 

ひとりひとりの皆さんの中には、ひとつの根本となる威力があり、皆さん自身の奥深くからそれを感じてください。

 

その威力が皆さんの根のチャクラを通して地球から現れて、それが感じられるようにしてください。

 

この地球の中に根付いた状態にして、皆さんの強さに自信を持ち、皆さんの力を地球上に降ろし-そして躊躇わないでください。

 

皆さんは、依然としてそれを行うには、余りにも巨大で、余りにも美しく、余りにも内面の宝石に恵まれています。

 

わたし達は、ひとつの光の灯台として、地上で皆さんが必要になります。

 

そしてそれを行う際の第一歩は、皆さんが皆さんのありのままの姿を思い出し-認め-て、皆さんの日々の生活の中、皆さんの中で、皆さんの魂の次元をもう一度活気付かせることです。

 

 

わたしはこの話を、わたしは皆さんを尊重する、わたしは皆さんの前に跪く、と話すことから始めました。

 

そしてそういった話は、空疎な言葉ではありません。

 

皆さんは、この世界の中で光の灯火を持ち運び、既存の窮屈な世界観に反して進む人々です。

 

そして皆さんは、言葉と格闘することによって、またさらには威力によってではなく、皆さんのありのままの姿との内面の結びつきによって、それを行います。

 

皆さんは、魂の次元を最初に置くことによって、それを行います。

 

それは、今回の世界への旅を始める前に皆さんがそういった他の世界の中にいた時に、皆さんが自然にそうすることに慣れたものです。

 

もう一度その現実性を思い出して、それがこの世界の中で完全に確信して、放射することを許すことによって、皆さんは文字通りここに光を運びます。

 

 

わたしは、今日ここそしてこの世界の中にいる皆さんの隣席に対して、感謝します。

 

皆さんのありのままの姿に疑いを持たないでください。

 

今の皆さんである鮮やかで美しい魂になってください。

 

皆さんにとても感謝します。



Translation by Maria Baes and Frank Tehan.
» Source http://jeshua.net/ – Channel: Pamela Kribbe

http://sananda.website/sananda-via-pamela-kribbe-june-26th/









翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

大天使ウリエルからのメッセージ:2017年6月27日 [大天使ウリエル]

 

大天使ウリエル

Archangel Uriel

 

 

大天使ウリエルからのメッセージ 2017年6月27日

Message from Archangel Uriel une 26th, 2017

 

 

 

ゲノフェーファ経由

Via Genoveva

 

 

 

掛け替えのない皆さん、こんにちは!

 

わたしはウリエル、愛と銀色の光の大天使。

 

この今という瞬間の中で、未来をもたらす者。

 

こうした急激で騒々しい変化の時代に、皆さんのこころ、皆さんの最愛なる友人や家族、皆さんの仲間に、真実と安らぎをもたらす者。

 

 

わたしは、汝を支援し、穏やかに導き、そして集団全体が母の愛の津波を浴び、洗い流され、浄化される間に、皆さんの魂の道筋、光と愛の道筋の上で皆さんを優しく案内するために、ここにいます。

 

 

掛け替えのない仲間達、皆さんは、強く、皆さんの次の歩みとなるものを認識し、皆さんの神聖なる計画の断片をまさに思い出し、皆さん自身への信頼と皆さんの方向性の感覚を、手にしています。

 

皆さんは愛の同伴者であり、そして強者の中で最も強い者です!

 

進み続けて、新しい物事に踏み込み、過去に決して行われなかった物事のように見える時でさえ行動に移す勇気を持ってください。

 

こうした移行の時期に行動に移すことは、手放して、愛の流れと狂暴なまたは危険な物事をほとんど行われない状況に身を委ねることです。

 

 

ありとあらゆる皆さんが、異なる閉塞と自ら強いた制限、そして問題点を持ちます。

 

それは、今皆さんが気付かされる必要がないもの、今まで皆さんが皆さんの無意識と潜在意識の身体へと深々と埋めてきたもの、そして今皆さんがゆっくりとあるいは迅速に取り除きそして排除しているものです。

 

皆さんのための時間を取って皆さんのこころの内部に向かい、鮮やかに輝く銀色の光彩を確認し、そして皆さんが必要とする限り静寂と安らぎの中でわたしと一緒にそこに腰を下ろして、現時点で皆さんが連携しようとする物事を見付け出てください。

 

 

もしも皆さんが望むなら、数々の質問を尋ねて、皆さんのところに現れる情報に耳を傾けながら、それを吸収する準備を整えてください。

 

そして今後皆さんは現時点で把握し理解する準備を整えているすべてを与えられるため、安心してください!

 

皆さんが気付いた可能性がある物事を、怖れないでください。

 

そしてまさに皆さんは既にこうした問題点を視野と意識的な精神から締め出しているため、それはそういった物事が悪いあるいは悲惨なものであることは、意味しません!

 

皆さんは光の存在達、母なる父なる王座の全能の擁護者の娘と息子達であり、そして皆さんは、今の皆さんである壮麗さと愛よりも劣る可能性がある物事を携えて旅をするように計画も決定もされてはいなかったことを、忘れないでください!

 

 

皆さんは、こうした記憶と問題点をひとつの個別のファイルと引き出しに設定してきたため、こうした古い型の制約に対処する準備が整うまでは、世界の中でそのように機能することができます。

 

多重的な問題点とそれを手放す方法や次に進む方法を理解するためには、時間が掛かるか、あるいはさらに詳しく言えば、ひとつの異なる取り組み方が必要になるかもしれません。

 

何故なら、ご存知のように、故郷への帰還を螺旋状により高く進み続けるほど、それはより扱い難く紛らわしくなる可能性があり、同時に皆さんの自我が皆さんを押し止めて、彼または彼女がより力強くなり、皆さんを狭い光の道筋から引き離そうとするその自我の試みを納得するように見えることになるからです。

 

 

その通り、わたし達は今、汝とここにいて、わたしたちは驚きと純粋な歓びで皆さんに注目しています。

 

わたし達はいつも皆さんを励ましますが、しかし、皆さんをその理解に到達させ、皆さんの神聖なる支援者達の素晴らしいチームと一緒に皆さん自身であらゆる課題を学ぶことは皆さんの望みです。

 

わたし達が少しばかり遠くにいる、あるいは以前よりも穏やかでいるように見えるのは、これがその理由です。

 

皆さんは決していつもひとりで置き去りにされることはなく、わたし達から、そして母なる父なる者から離れることは、不可能です!

 

 

しかし皆さんは、すべての手段を持ちます。

 

そして皆さんは、わたしの皓々とした銀の光彩を手にしています。

 

それは、どのような種類や型や姿の闇、灰色、あるいはその中間色を通しても、どのような幻影を通してさえも、確認できるものです。

 

 

その真実の光彩が皆さんを支援するように求めてください。

 

いつも意欲的に真実を確認して、あらゆる瞬間に愛と思いやりになる意図を定め、そして一日を通してこれを補強し、次にただ歓びと安らぎに溢れた数々の出会いと出来事を手にすることだけを期待してください。

 

 

わたしは散りばめられた銀色と、豊かさと穏やかな粘り強さを残して、皆さんから離れます!

 

 

次回まで、ごきげんよう。

Until next time,

Farewell.



http://sananda.website/archangel-uriel-via-genoveva-june-26th-2017/











翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

アルクトゥルスの集団 : 2017年6月25日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]

 

アルクトゥルスの集団

The Arcturian Group

 

 

2017625

JUNE 25, 2017

 

 

June 26, 2017

 

マリリン・ラッファエーレ経由

Via Marilyn Raffaele

 

JUNE 25, 2017

 

 

 

1323481_78865034-1170x585.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる皆さん、皆さんが今見て聞いているものを、怖れないでください。

 

何故なら、こうしたものは、変化する宇宙の象徴、既に間もなく目覚めることを選択している皆さんが参加する必要がない別の世界の部分になる古いエネルギーの瀕死の苦悶を意味するからです。

 

すべての人々が、既に次元上昇する選択肢を与えられています。

 

ほとんどの人々はこれに気付いていませんが、さらに深い水準では、あらゆる人がそれを選択しています。

 

 

この時期に目覚めることを選択しない可能性がある家族や友人達を怖れるか、あるいはそれについて心配しようとはしないでください。

 

彼らのその無限の叡智の中にいるさらに高い自己は、今後3次元型の経験から離れた場所に行く準備が整う前に、彼らがより多くの3次元型の経験を必要としていることを、認識しているかもしれません。

 

あらゆる個人が、ある時点で、さらに高い自覚の水準へと次元上昇することになり、それは必然的なことです。

 

人間の本質は、神々しいものであり、人間は幻影的な信念という経験を永遠に生きながら時間を費やすように運命付けられていません。

 

 

親愛なる皆さん、怖れないでください。

 

何故なら、皆さんは今も今までも、皆さんが鏡を覗き込む時に皆さんが確認するもの、あるいは皆さんはそうだと伝えられ信じさせられたものではないからです。

 

今は新しい時代、目覚めの時、皆さんは実際に創造主とひとつであり、従って創造主であるすべてとひとつであるという認識を、喜ぶ時です。

 

 

アルクトゥルスの集団は、平和について話をしたいと思います。

 

威力と義務を通して創り出された署名済の書類から現れる平和の概念ではなく、本当の平和、ただ意識的に内面に存在する時にだけ外部に現れることができる、ひとつの安らぎのことです。

 

平和は、物質的なものではなく、霊的なものです。

 

 

真の平和は、3次元の意識状態が何も認識せず、従って決して-分離の感覚に基づいた-条約、戦争、支配、そして罰則を通してでは首尾良く創り出すことができない、ひとつの安らぎです。

 

何故なら、こうした方法論を通して創り出された平和は、二元性と分離に基づくものであり、二元性の中の信念はいつも反対側を持つ一対として明らかになる信念のために、遅かれ早かれ善の味方悪の味方に引っ繰り返ることになるからです。

 

紛れもない安らぎは、ただその安らぎがそこから形成される実質が-意識として-存在する時にだけ、明らかになります。

 

 

平和は、愛の自然な表現、一体性の内部ですべてがひとつだという、その認識です。

 

何故誰かが安らぎ自体を憎み、傷付け、騙し、欺き、殺し、苦悩させるのでしょうか?

 

それはただ、平和をもたらすために他者を支配しようとする権力を適切な行為と理解する、進化していない個人的そして集団的な意識状態に属する密度の高いエネルギーというだけのことです。

 

平和があらゆる個人の生得の権利である理由は、それが地球規模でも個人的にでも、真の現実性になるからです。

 

 

親愛なる皆さん、ただ一体性だけがあり、そしてその一体性が皆さんです。

 

ただ一体性の物質的な形だけを確認する人間の目は、分離を信じます。

 

しかしすべての生涯は、ただ存在する実質、遍在し、万能で、博識な神聖なるひとつの意識の個人的な顕在化に過ぎません。

 

 

神聖なるものとしての真の同一性の容認は、人間は、何らかの手段によって保護されなければ善悪に関するあらゆる経験に従属する単なる物質的な身体に過ぎない、という信念と伴に現れる怖れと疑いを乗り越えて、ひとりの個人を移動させます。

 

この認識は、ただ二元性と分離(地球という学校)の言い成りのままに行われた数多くの経験の後になって現れるだけであり、それが最終的にその疲弊した魂が自分達の真の自己に対してこころを開き抱き締めることに通じます。

 

その時こそ、それに伴ってその精神の安らぎ、あらゆる人が捜し求める平和をもたらしながら、真の安らぎというひとつの意識が広がり始めます。

 

 

真のそして長続きする(物質的、精神的、情緒的、霊的な)安らぎの根本は、意識的な一体性の実感です。

 

毎日さらに数多くの人々が、しばしば自分達が感じているものが何かということを意識的に認識することなく、さらに深い一体性の感覚を経験しています。

 

その数を増やしている人々、他の人々やしばしば見知らぬ人々や動物達のための幾らかの許容性の中で、自分自身を犠牲にすることを選択する人々の活動を、目の当たりにしてください。

 

こうした行動は、普通は自発的なものであり、考えられることなく、あらゆる人が内部に持ち運んでいるその愛の核心部分に起因する極端な要求のほんの少しの瞬間の中で、現れています。

 

 

現時点において、この地上には数多くの非常に進化した魂達が存在し、他の人々に対するひとつの実例になると同時に、自分達の光を集団に付け加えています。

 

その魂達は、カルマを解消する、あるいは愛の課題を学ぶことを目的にして現れる必要はありませんでした。

 

何故なら、その魂達は、既に地上で、あるいは他の数々の惑星上で、この働きを行っていたからです。

 

 

この強力な変化の時に人間の援助の必要性を確認しながら、こうした魂達は、愛を込めて支援することを選択しました。

 

皆さんは、人生のすべての歩みの中で外見的に普通の物事を行っているこうした魂達を確認することができ、そして今後はその魂達がさらに深い自覚的意識を必要とする数々の状況にその意識をもたらそうと努力する時に、愛に溢れながらもしばしば強烈なエネルギーによって、その魂達を認めることになるでしょう。

 

皆さんはその魂達をしばしば直観的に強力だと感じますが、しかし人間の目には、普通に見えます。

 

 

愛の活動は日々生じますが、しかし皆さんは、主として大部分の報道媒体からの否定的な情報を提供されます。

 

報道は、簡単に皆さんを古いエネルギーに連れ戻すことができます。

 

そのため、皆さんの報道への関与を制限することが重要になるのは、これがその理由です。

 

皆さんの周りで続いている物事を意識することは素晴らしいことですが、しかし、それに同調しないでください。

 

それは、皆さんが幾らかの低く共鳴している個人のエネルギーと同調し、そして気付くとエネルギーの吸血鬼という言葉が生まれた姿であるエネルギーが枯渇した状態になっている場合と、同じ発想です。

 

 

すべての状況の中で、そしてすべての人々、場所、物事、そして出来事と伴に、皆さんのエネルギー場を、澄んで光に溢れた状態、そして出現する可能性がある何らかのより低く共鳴するエネルギーと同調しない状態に、維持してください。

 

より低く共鳴しているエネルギーは、そのエネルギーについてのひとつの重苦しい感覚を持ちます。

 

それは、一部の場所の中や特定の人々が簡単に感じるものです。

 

それは皆さんが与える力以外の力を持たないため、それを怖れることなく、それに同調も同一視もしないように意識してください。

 

皆さんは、まさにそれを放置することを選ぶことができます。

 

 

ひとりの個人が探し求めるあらゆる物事は既に内部に存在することをその個人が実感するまで、その個人は個人達や物事から外部にあるものを探し求め続けることになるでしょう。

 

皆さんが別の人の比較的低く共鳴するエネルギーと同調する時、皆さんは、無意識の内に皆さん自身のエネルギーを提示します。

 

ただ一体性だけがあることを、忘れないでください。

 

皆さんは愛に溢れ共感を持っているという信念の中でさえ、皆さんは、枯渇していると感じ、その理由を不思議に思う皆さん自身に気付くことがあります。

 

意識的に意図しないで、その者達は、皆さんのエネルギーを利用してきました。

 

 

共感-(わたしはあなたの痛みを感じる。嗚呼、あなたはどれほど苦悩してきたことか等々)。

 

思いやり-(わたしは理解する。おそらくあなたはこれをすることができた等々

 

何故なら、ただ一体性だけが存在し、同調が簡単に起こるからです。

 

助言者や療法士等々として働く人々は、これを忘れないように、自分達の作業領域とエネルギー場を頻繁に清潔にすることが、特に重要になります。

 

皆さんが何らかの物事と同調する時、皆さんは、そのエネルギーとひとつになります-人々、場所、物事、発想等々です。

 

これが関係性-進化し低く共鳴している両方の状態の人々のその働き-の背後にある秘密であり、その人々のエネルギーは同調しています。

 

 

霊的に気付いている人々のために、今はある種の微調整が起っています。

 

現時点まで、真剣な探求者達は、余り反動を受けずに自分達のある種の古いエネルギーのやり方を続けることが許されてきましたが、しかし既に地球の共鳴がかなり浄化されているため、あらゆる人の信念の隅々は一掃されていて、既にその霊的な鎖錠はとても短くなっています。

 

 

かつて重要ではないと考えた小さな数々の出来事や活動を、非常に重要なものであり、皆さんが理解しないある種の罪悪感をもたらすかもしれない、と考え始める時には、これを思い出してください。

 

これがそうなる理由は、既に皆さんのエネルギー場は次第にさらに高い光の周波数により順応した状態になり、皆さんが同調から外れている場合を簡単に感知できる状態を引き起こしているからです。

 

 

ある特定の時点で、霊的な旅は剃刀の刃の上を歩いているようなものになる、と言われてきました。

 

これが、今皆さんが行っていることです。

 

あらゆる物事を人間の精神で解明しようとする試みを、手放してください。

 

何故なら、それを行うことはできないからです。

 

今の皆さんであるわたしがその計画を認識するという事実を、信頼してください。

 

 

皆さんが探し求めるその平和、真の安らぎになってください-皆さんはその準備が整っています。









http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-june-25-2017/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

評議会 : 夜明けの訪れ [評議会]

 

評議会

The Council

 

 

夜明けの訪れ

Comes the Dawn

 

 

June 25, 2017

ロン・ヘッド経由

Via Ron Head

 

The Council  Comes the Dawn

 

 

 

今まで皆さんは、何度も数多くの言葉で、皆さんの周りの世界はひとつの鏡である、と伝えられてきました。

 

そしてそれは、最も頻繁に、皆さんの個人的な自己を意味する言葉として受け取られてきました。

 

何故なら、皆さんは、皆さんはある意味では不充分だったと考えながら、皆さん自身をさらに良くする術を探求してきたからです。

 

 

しかし、皆さんの周りの世界は、ただ単にひとりの個人としての皆さんが築き上げてきたものではないのでしょうか?

 

生きているありとあらゆる個人が、その内容と形が存在しないように、意識的にまたは無意識に貢献してこなかったひとつの世界である、と話すことにしましょう。

 

幾つかの物事は皆さんが生み出し、別の物事は皆さんが許してきました。

 

しかし皆さんは、ある意味では皆さんの世界のあらゆる物事に同意してきました。

 

今まで話してきたように、皆さんは共同創造者です。

 

皆さんは明示します。

 

皆さんは、明示することができません。

 

そして人それぞれがこれを行う時、ひとつの世界が姿を現わします。

 

 

そのため、わたし達が以前に尋ねたように、世界の中で何が続いているのでしょうか?

 

このすべての狂気は何なのでしょうか?

 

 

皆さんは、ほとんどの皆さんが、このすべては何も新しいものではないことに気付いています。

 

それは、今まで隠され、取り繕われ、無視され、誤魔化され、秘密にされてきた物事の、皆さんの視野への暴露です。

 

そのような日々は、率直に言うと、過ぎ去りました。

 

そのパイプラインの中のすべての汚泥が、確認できるように明るみへと押し出されています。

 

そしてそれは、心地よい景色ではありません。

 

 

今まで起こってきたことは、ほとんどの皆さんが皆さんの知性の中で皆さんが手にするものを認識しないこと、このゲームが充分に長く続いてきて、今後皆さんはそれを終わりにすることを、皆さんが数々の水準で同意してきたことです。

 

皆さんは、目覚めているところです。

 

個人として、その通り、しかしまた、ひとつの集団として。

 

そして皆さんは学んでいるところであり、そしてこれからは、皆さんは事実通りとても力に溢れていることを思い出すことになるでしょう。

 

わたし達は、少しの間、この主題に戻ることになります。

 

 

今、行われなければならないひとつの物事は、皆さんは皆さんの役割を自覚する必要がある、ということです。

 

今後皆さんは、もしも皆さんがそれを好み、創り出されている物事に対して意識的に掌握するなら、こうした物事を認めながら、その物事を創り出すことを止めることはありません。

 

ひとりの怪物が、後部座席に乗っています。

 

そして彼がそこに腰掛けてもうこれ以上それを認めないと決断することを皆さんが認識するまで、彼はその乗り心地を楽しみ続けるでしょう。

 

さらに言うと、彼は、他の人々の後部座席の中にいる、他の人々の怪物ではありません。

 

彼は、皆さんの怪物です。

 

 

何故わたし達はそう話すのでしょうか?

 

何故なら他の人々の怪物は、皆さんが何を行おうとも、今後も離れる理由を持つことはないからです。

 

皆さんの怪物は、ただ皆さんに従うだけです。

 

もしかすると、彼をわたし達の怪物と呼ぶことは、より後味が良く、適切なのかもしれません。

 

わたし達は、ここで非難について伝えている訳ではありません。

 

わたし達は、それに対する影響力を持つために、真実を自覚することについて伝えています。

 

 

それでわたし達は、皆さんが今の皆さんの世界の表層に向かって泳いでいる姿を確認する悲惨で恐ろしく、凄惨で、さらには同義に反するすべての物事は、数万年もの間皆さんに対抗して演じられてきたこの忌まわしいゲーム、そのゲームを終わりにしようとする皆さんの決断に役立とうとして、そのように行っている、と話しています。

 

その通り、わたし達は、皆さんに対抗して、と話しました。

 

 

そのゲーム会場を皆さんに説明することにしましょう。

 

一方には、何百万、さらには何十億もの競技者がいます。

 

もう一方には、比較的少数の競技者がいます。

 

しかし、その少数者はひとつの秘密を握っています。

 

その秘密は、自分達は自分達に対抗する数多くの競技者達の力を利用する方法を認識している、というものです。

 

彼らは、彼らの敵対者達の凄まじい力を認識していますが、しかし既にその知識を隠すこと及びそれを利用することの両方において、熟練の域に達しています。

 

彼らは、自分達が勝つ方法を心配せず、ただ勝つだけです。

 

彼らは、ルールを順守しません。

 

彼らが認める唯一の善は、彼ら自身の利益だけです。

 

 

彼らは虚言を弄し、欺き、殺害し、あるいは他に必要などのような物事も行います。

 

何故なら、彼らの頭の中では、その目的が、彼らが行う事が必要だと気付くことができるあらゆる物事を正当化するからです。

 

彼らの方法論は、彼らのチームに彼ら自身への依存心を創り出すことです。彼らは、数々の困難を創り出します。

 

彼らは、怖れを創り出します。

 

彼らは、必要性を創り出します。

 

次に彼らは、解決策を提示します。

 

妙な話になりますが、その解決策は、いつも彼らをさらに大いに支配的な地位にさせたままにして、その反対側を少ない支配力のままにします。

 

彼らは彼らの敵対者にその敵対者自身の弱さを募らせて、代償を支払わせます。

 

彼らは、その敵対者に敵対者自身の崩壊を高め、操作し、代償を支払わせることさえできました。

 

 

今、それはもう充分です。

 

わたし達は皆さんの力という主題に戻ることになると伝えたことを、憶えていますか?

 

ここが、わたし達がそれを行う場所です。

 

そのゲームを説明するために長い時間が掛かりました。

 

今後は、皆さんがそれに勝つ方法を皆さんに説明するために、かなり少ない時間しか掛からなくなるでしょう。

 

 

まず、皆さんはひとりの個人ではなく、数十億で構成するひとつの集団であることを、忘れないでください。

 

次に、利用されているその力は皆さんの力であることを、忘れないでください。

 

今まで世界がそうなってきた状況と所有するものを、確認してください。

 

我々が演じてきた役割に目を向けよ

 

そして次に、個人である皆さんとして、皆さんの数十億の姿の中で、ひとつの決断を下してください。

 

わたしはもうこれ以上そのようになることはない

 

皆さんがなることを望む役割を決め、皆さんの集中力と注意をそうなることに向けてください。

 

 

それが、皆さんの力を取り戻せ、という教えが実際に意味する内容です。

 

もしも皆さんが行進し、組織化する等々を望むなら、それは大丈夫です。

 

しかし、皆さん自身の意識を高めることは、実際に必要になるすべてです。

 

皆さんは事実通りひとりではなく、そしてそれはこれからの日々の中で、非常に明白になるでしょう。

 

 

既に皆さんは、今皆さんが読んでいるメッセージの主旨と周波数の中のひとつの変化に気付いているかもしれません。

 

皆さんの進歩の中で皆さんがいる場所のひとつの合図として、それを受け止めてください。

 

しかしその一方で、わたし達は今、進歩を、皆さんの外部の何処かに向かう状況として話している訳ではなく、皆さんの内部について話していることを理解してください。

 

 

皆さんは、この中で大いなる支援を手にします。

 

まさに、それがすべてのための最善の方法で起こることを、認めてください。

 

皆さんが憶えておくべきもうひとつのことは、皆さんの自由は保障されているという程度のものではないことです。

 

それは、皆さんが言うように、確定事項です。

 

何故なら、今後皆さんは、今の皆さんではない物事に属する隠蔽を、装い続けることはなくなるからです。



There are two published books available on Amazon that contain the collected messages received by Ron Head (that’s me). The first is The Wisdom of Michael, available HERE, and the second is It Rings True, available HERE. A third book is being compiled now.

Copyright [コピーライト] Ronald Head. All Rights Reserved. You may copy and redistribute this material so long as you do not alter it in any way, the content remains complete, and you include this copyright notice and link:http://ronahead.com/

http://ronahead.com/2017/06/25/council-comes-dawn/








翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

父なる母なる神 : 2017年6月24日、土曜日 [母なる父なる神]

 

父なる母なる神
Father/Mother God

2017624日、土曜日
Saturday, June 24, 2017

 

 

 

June 25, 2017

アン・ダールバーグ経由
Channel: Ann Dahlberg



わたしは皆さんの父なる母なる神。

 

そして今日、わたしは愛のメッセージを広めたいと思います。

 

わたしは、愛。

 

皆さんは、愛。

 

生きて動くあらゆる物事は、愛。

 

わたしの手から現れるあらゆる物事は愛であり、いつも愛から成り立ちます。

 

皆さんのこころの中を探し求めてください。

 

それで皆さんは、そこにある愛に気付くことになるでしょう。

 

皆さんの魂の本質は、純粋な愛です。

 

皆さんが皆さん自身の内側を活発にしてある時、皆さんは、そこにある真実に気付くことになるでしょう-皆さんの魂の真実であり、それは、皆さんが光であることを認識しています。

 

それは純粋で、白く、そして輝いていて、存在するあらゆる物事への愛に溢れています。

その通り、創造は光であり、愛に溢れていますが、皆さんの幻影は非常に異なるものです。

 

皆さんは、どのような時でも、その光と今の皆さんである愛に戻ることができます。

 

しかしその一方で、皆さんは、人生の中で存在することができるその明暗の経験とさらに大いなる理解を手にすることを選択してきました。

 

今回皆さんは、明暗の世界の中に深く降下することを選択しました。

 

皆さんは皆さんのこころの中のその光を忘れましたが、しかしその光は、皆さんのことを忘れませんでした。

 

既に今、その光は再び皆さんを故郷に連れ戻そうとして現れています-皆さんが属する光と愛に向かう故郷です。

 

数多くの支援を求めそして絶望した叫び声が、その光に手を伸ばしました。

 

皆さんの父なる母なる神であるわたしは、今からはその光を皆さんに連れ戻すことになるでしょう。

 

わたしは両手を大きく広げて、歓迎しています。

わたしは長い間、皆さんが戻ることを待ち続けてきました。

 

そしてそれは、わたしと、皆さんが今それを目指して故郷に戻ろうとしている光の存在達にとって、歓びの一日です。

 

今後それは、愛の象徴の中でひとつの祝祭になるでしょう。

 

それは天界の光にとって大いなる日であり、そして天の数々の入り口が大きく開いています。

 

数多くの歓迎の手は、皆さんを受け止める準備が整っています。

 

その手は皆さんを長い間待ち続け、待ち焦がれ、そして皆さんに光の中にある皆さんの出生の場所を思い出させようとして、愛を送ってきました。

 

皆さんは、純粋な愛と光の中で生まれました。

 

皆さんは、純粋で明るく愛に溢れた存在として戻ります。

 

もしかすると皆さんは、明暗がある暗い世界は皆さんを愛が不足した状態にしてきたと考えるかもしれませんが、しかしそれもまた、まさにひとつの幻影に過ぎません。

 

どのような物事も、皆さんの内面の本質を破壊することはできません。

 

それはただ、皆さんを後ろに連れ戻す、今皆さんが苦悶と怖れを通して分離が創り出すことができる物事に関する、ひとつの理解に過ぎません。

 

この理解は、同じ分離の苦悶と格闘する他の人々を支援して、その人々に、その人々がいつ故郷に戻るとしてもいつも愛され歓迎されるという理解と光を取り戻させることができるはずです。

その通り、わたしの掛け替えのない子供達、わたしはただ皆さんを愛することができるだけであり、わたしは日々刻々と皆さんの後に従います。

 

皆さんの意志はわたしの意志であり、皆さんの意志は今では故郷に戻ることであり、そしてその意志は大いなる愛と歓びでわたしのこころを満たします。

 

皆さんが故郷に戻る準備は既に整っていて、わたし達がもう一度光の子供達と一緒になるまで、それほど長い時間が掛かることはないでしょう。

 

天使達は、今地上で起こっている大いなる出来事を褒め称えながら、愛と歓びの中で遊び、歌います。

皆さんの父なる母なる神であるわたしは、今日地上で起こっているすべての物事に対する導きの手を差し出します。

 

それで皆さんは、もう一度安全に故郷に戻る道を歩き回ることができます。

 

親愛なる子供達、わたしは皆さんを待ち続けてきました-わたしは皆さんを待ち続けてきました。

 

わたしのすべての子供達がもう一度故郷へと歩く姿を確認することは、わたしにとって大いなる歓びです。

 

それは、言葉で表すことができない、信じがたい感覚です。

 

皆さんに対するわたしの愛は、今皆さんがその中にいる次元の中では、説明することも、描写することも、あるいは感じることもできないものです。

 

ある日皆さんは、皆さんがどれほど愛されているかということを、理解することになるでしょう。

 

皆さんは、皆さんの理解を遥かに超えて、待ち望まれ、愛されていることを、認識し、理解してください。

わたしの愛は、皆さんが今回の生涯または次の生涯の中で踏むそれぞれの歩みの間も、皆さんが純粋で愛に溢れるひとつの光としてわたしの側に立つその最後まで、いつでも皆さんと一緒にいます。

 

わたしは皆さんと一緒にいる、
I am with you,

 

父なる母なる神
Father/Mother God






Translator from Swedish to English: Per Staffan
Source: www.sananda.website

The messages posted on www.sananda.website can freely be posted by other Lightworkers with the proper recognition of the channel and the translator as well as the website source.

http://sananda.website/motherfather-god-via-ann-dahlberg-june-24-2017/







翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

聖母マリア:皆さんはわたしの最愛なる子供達であり、そしてわたし達は故郷への道筋のうえでひとつ!!! [聖母マリア]

 

聖母マリア

Mother Mary

 

 

皆さんはわたしの最愛なる子供達であり、そしてわたし達は故郷への道筋のうえでひとつ!!!

You Are My Beloved Children, and We Are One on the Path to Home!!!

 

 

 

June 13, 2017

June 25, 2017

 

スーザン・リランド経由

Via Susan Leland

 

“You Are My Beloved Children,and We Are One on the Path to Home!!!”

Ashtar On The Road Teleconference

June 13, 2017

 

 

 

MotherMaryladyinblue.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、わたしの本当に最愛なる子供達、それは、皆さんはすべて愛の子供達だからです!

 

皆さんはすべて、光の子供達です。

 

そのため、わたし達はわたし達の愛の家族の中でひとつであるということは、その通りです。

 

それでわたしは、自信を持って皆さんの所に現れます。

 

わたしは、今の皆さんであるその光を確認し、そして皆さんの愛だけではなく、その通り、数々の答えをもたらす際に、神聖なる光の担い手達、光の持ち主達、そして光の活動家達として、ここで皆さんに挨拶を送り、皆さんに参加します。

 

そのひとつの答えは、いつも愛です!!!

 

そして皆さんは、既に充分に学んでいます。

 

そしてその通り、わたしは、それが皆さんにとってそれほど暗く見えた時期があったことを、皆さんが実際に内部のその光を確認できなかったことを、認識しています。

 

そして、わたしは今もそこで皆さんと一緒にいて、皆さんの光彩は決して消え去ることはない、と確信してきたことを、認識してください。

 

それは時に覆い隠されていたかもしれませんが、しかしそれは、皆さんの内部でいつも鮮やかなままです!

 

 

そのため、皆さんはまさに今、皆さんという光を確認しています!

 

数多くの皆さんにとって、それは皆さんが今の事実通りの皆さんとして皆さん自身を認識して以降、ひとつの生涯を上回るものでした。

 

わたしが唯一皆さんに勧めることができるのは、皆さんがさらに多くの-さらに鮮やかでさらに鮮やかでさらに鮮やかな-光に向けて、皆さんのこころの内部、皆さんの神聖なる自己の内部のその光彩を広げることだけです。

 

何故なら、皆さんがそれを行う時、皆さんはその光を世界と共有するからです。

 

わたし達は、ひとりひとりの皆さんのありのままの姿の壮麗さと伴に、世界を祝福する際に、皆さんに参加します!!!

 

 

そして、すべての存在、愛の光の仲間のすべてが、わたし達と一緒に参加します!

 

そのためそれは、この光がさらにより一層その光線、その輝き、太陽-巨大中心太陽から現れているその波動によって、強化されます。

 

そしてさらに今、皆さん自身の太陽は、惑星地球のすべてに、そして実際にそれが光を当てる太陽系のすべてに、こうした光を反射しています!

 

 

最愛なる皆さん、世界は、皆さんが立ち上がり、いつも愛の光の中でひとつである皆さんのその部分-さらに高い次元の数々の現実性の愛の光-に参加し、そして身体の密度の中に宿る皆さんのその部分が変わっているという認識に目覚めることを、待ち続けています。

 

それで皆さんは、皆さんという存在にそれを迎え入れ、次にそれを照らし出すことによって、さらに多くの奉仕さえも行います。

 

 

わたしの美しい燦然と輝く子供達、そのすべては、あらゆる皆さんひとりひとりの内部で始まります。

 

そして一緒に、わたし達は一緒に世界のすべて-そして実際にこの惑星を超えた数々の惑星-のために、その道に光を当て、その後に従い、そしてその素晴らしい至福、その素晴らしい安らぎ、その素晴らしい歓びを含めてただ愛と愛が創り出す全てだけがある場所に向かいます!

 

そのため、わたしが皆さんを抱き締めるように、皆さん自身とお互いを抱き締めてください。

 

そしてわたし達が最後の数分または最後の日々を通過する時には、あるいは-わたしにとってそれはすべて終わったことですが-皆さんがその惑星地球の3番目の次元に残っているものをどれほど確認することを望むとしても、わたし達のこの愛に溢れる交わりの中に留まることにしましょう!

 

 

今までわたし達は、わたし達の一体性の中で、力を合わせてここまで一緒にきて、成功を収めています。

 

わたし達は、故郷への道筋の上を一緒に移動しています!!!

 

そしてそう、わたしは一部の皆さんが疲れていることを認識しています。

 

そして一部の皆さんは、まさにかつての皆さんと同じように若いままだと感じている訳ではありません。

 

そして最愛なる皆さん、皆さんのために、わたしはさらに近くで皆さんを抱き締めます!

 

わたしに皆さんを支援させてください。

 

皆さんがどれほど数多くの生涯を生きてきたか、そして皆さんが今回の生涯の中でどれ程数多くの年月を生きてきたかにかかわらず、もしも皆さんの誰かが何らかの失望または疲労を感じるなら、わたしの愛が皆さんを支えることを許すことによって皆さんが回復して、さらに皆さんのこころ、皆さんという存在になることができるように、わたしに皆さんとわたしの愛を共有させてください!

 

 

今はもう、黄金時代に行くためにそれほど遠くまで進む必要はありません!!!

 

お互いを待ちながら、そして今、わたし達すべてが共有するその光の中を一緒に移動しながら、長い間待ち望んできた惑星地球の黄金時代に向かうわたし達の最後の歩みを強化しながら、わたし達すべてが立ち止まって、その道筋の上でもう一度協力することにしましょう。

 

わたしの最愛なる子供達、わたしは歓びと伴に皆さんの進歩に光を照らし、そして、わたし達がこの時期に成功を収めている状況の絶対的な確実性を、皆さんに伝えます!!!

 

何故なら、それは既にさらに高い数々の領域の中で達成されて、そのためそれは下と上とそれ以上にいる惑星地球のすべての存在のために唯一の現実性になる運命になり、わたし達の関与と献身によって、愛に向かう故郷への道の上で進み続けることができるようになっているからです!

 

 

そしてわたしは皆さんを愛し、そしてわたしやここで皆さんと一緒にいるすべての存在達同じようにわたし達の創造主によって同じ愛の光から創り出されたわたしの子供達として、皆さんすべてを祝福します。

 

そのためそれは、わたし達は本質的にお互いとひとつであるということです。

 

そしてわたしは皆さんすべてを認識し、従って-例えわたし達がひとつで愛の光の中で同じだとしても-皆さんをわたしの子供達として確認します!

 

皆さんをわたしの子供達と呼ぶ際にわたしがわたしにとっての皆さんの特別性を表わすことを、許してください。

 

わたしは皆さんを神聖なる人々として称え、わたし達の惑星地球上-またはどの場所でも-の最も聖なる使命に共に参加するために現れています!!!

 

そのためここにきて、手とこころを繋いで、黄金時代とあらゆる皆さんひとりひとりのために黄金時代が手にする無限の愛のすべてに向けたこの残りの道を、一緒に歩むことにしましょう。

 

 

そしてその通りに。皆さんの内なる神を拝して!

And so it is. Namaste!”



http://www.ashtarontheroad.com/mother-mary-my-beloved-children.html
Transcription by Marta.
Given through Susan Leland, June 13, 2017. www.AshtarontheRoad.com

[コピーライト] Ashtar On The Road Publications 2004-2017. All rights reserved; however, this is a gift to all of us and it may be distributed freely on condition that all accreditation is acknowledged and that no part is altered or deleted.

http://sananda.website/mother-mary-via-susan-leland-june-1/








翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

サナンダ : 2017年6月24日 [サナンダ・クマラ]

 

サナンダ

Sananda 

 

2017624

June 24, 2017

 

パメラ・クレーバ経由

Via Pamela Kribbe

 

 

 

親愛なる同じ志を持つ仲間達、

Dear like-minded friends,

 

 

話しているわたしはヨシュア。

 

皆さんは、わたしの兄弟姉妹です。

 

わたしは、皆さんの上の高い地位にいる者としてではなく皆さんと等しい一人の友人、同僚として、ここで皆さんに参加しています。

 

わたし達がそれを通して結び付けられている、その同じ源泉を感じてください。

 

わたし達の間に流れるその生命を、わたし達を癒し自由にするその結び付きを、感じてください。

 

 

皆さんがこの集いの中で他の人々に対して行う場合と同じように、皆さん自身を尊重してください。

 

事実通りのありのままの皆さんと、この地球上の今ここで血肉を持つひとつの中にいる今回の旅の中で皆さんが引き受けてきた物事を自覚することによって、皆さん自身を評価する数々の手段を、尊重してください。

 

それは、ひとつの確信の飛躍でした。

 

そして皆さんの内部の奥深くには、それによって皆さんがここにいることを選択した、ひとつの信念、ひとつの勢い、ひとつの深い意識があります。

 

ひとりひとりの皆さんが、今回の転生、皆さんの現在の人生に対して、はい、と口にしました。

 

はいと口にしたその瞬間は、とても深い認識に基づいていました。

 

それにもかかわらず、他の地上の人生の経験に起因する古い数々の記憶のせいで、今も数々の疑いが依然として浮上し、それが曇った曖昧になる状況を引き起こしています。

 

皆さんは、今回の地上の冒険の中で道に迷った、ひとりだ、そして見捨てられたと感じてきました。

 

わたしは、わたしが経験したことがあるこの痛みを、認識しています。

 

 

わたしは、今まであらゆる物事を認識する啓発されたひとりの聖人として描かれてきました。

 

それはそのようなものではありませんでした。

 

何故なら、わたしは深い疑いと怖れを認識していたからです。

 

今それが皆さんの旅の不可欠な部分であるように、それはわたしの旅の不可欠な部分でした。

 

そのため、わたしの不完全さ、わたしの不具合の中で、わたしを理解してください。

 

わたしが地上で生きた時、わたしはわたしが証言したかったひとつの光に触発されました;言葉を超え、愛、驚き、美しさ、面白さ、そして叡智を含む、ひとつの光です。

 

それはわたしに起因するものではなく、まさに今の皆さんに当てはまるように、わたしを通した存在から与えられたものです。

 

しかしわたしはまた、皆さんと同じように、わたしの周りの人々からの理解の欠如、認められていないという感覚を経験することを通して、深い絶望を感じました。

 

それが、わたしがとても孤独な人々に手を差し伸べた理由です;肉体的にも情緒的にも痛みを感じて絶望していた人々、霊的な荒れ地の中にいる自分自身に気付いていた人々です。

 

わたしは、こうした人々を理解することができました。

 

何故なら、わたしは、わたし自身の内部で、その人々が経験していたその情緒、想い、そして考えを、経験していたからです。

 

 

人間の経験は、ここで皆さんの光が輝くために、その高みと深みのすべてと伴に、必要なものです。

 

皆さんが今皆さんの人生の中で闇として、暗影として、障害物として経験するもの、そのすべては、皆さんの旅の不可欠な部分です。

 

それは、皆さんが回避しようと試みるべきひとつの障害物ではありません。

 

それは、まさに皆さんが内部からひとつの石に光を当てて、それをひとつの美しい宝石の原石にすることができるように、こうした物事を受け入れて、皆さんのこころの光をそれにもたらそうとする皆さんの能力を上回るものを目的にしています。

 

それは、皆さんがそれに向かうように定められた仕事です:その闇を経験し、内側からそれを理解し、そして次にそれに光を当てて、人間の経験のすべての範囲を潜り抜けることであり;それを意識で包み込んで、それを徹底的に感じることです。

 

その時、キリストのエネルギーが、ひとりの人間の中で目覚めます-そして人間でいることは、これが起こることが求められます。

 

皆さんは、人間の経験の抵抗と深みが欠如している高度にエーテル的な領域の中では、そのエネルギーを、その特別な固有の力とキリストのエネルギーの煌めきを、発達させることはできません。

 

その時、外見的に皆さんを引き止めるもの、皆さんに抵抗を引き起こすもの、皆さんを失望させるまたは悩ますもの、そして皆さんの運命として皆さんが間違いなく激しく忌み嫌うもの、皆さんが今ここにいるその目的、それを、確認してください。

 

 

別の人間が内部から啓発する援助をすることは、魔法のようなひとつの経験であり、その時その人は、数々の奇跡を起こすことができるひとりの存在になります。

 

奇跡、そして突然の物質的な癒しと精神的な癒しという点に関して、わたしについての数々の物語があります。

 

しかしわたしが手にしたその力は、ひとつの奇術師に関する物語ではありませんでした;それは、それを通して数々の奇跡が起こるひとつの神秘的な奇術ではありませんでした。

 

わたしは、その機が熟した人々、その人々の人間性に関するわたしの深い理解を通してその内面の水準でのひとつの突破口を経験することを目指した人々に、手を差し出すことができました。

 

わたしは、その人々のありのままの姿、その人々の否定的または肯定的な側面について、断定的に判断しませんでした;わたしはただそこに居ただけです。

 

そして、自分達のわたしとの接触の中で愛を経験した人々がいて、その愛がその人々を損傷の無い状態にしました。

 

それはまるで、その人々の本質が、突然目覚めるように呼び出されたようなものでした。

 

そしてそれは、そういったひとつの奇跡的な瞬間の中で起こることです。

 

それは実際にわたしが行ったことではありませんでした。

 

それは、わたし達との間の交流の中で起こった事でした。

 

 

わたしがキリストの光を受け取り、それを他の人々に手渡すことができる状態を可能にしたものは、わたしが隠し事をしなかったという事実です。

 

そしてわたしが話の対象にしているこの開放性は、ひとりの人間として、ひとつの難局の経験を通して、かなり頻繁に達成されるものです。

 

皆さんは普通、皆さんが実際にキリストの光にこころを開く前に、起こるかもしれず起こらないかもしれない、あるいはそうあるべきまたはそうあるべきではない、すべての種類の信念に熱中します。

 

皆さんは、沢山の情緒や想いを創り出す数々の発想や思考パターンで溢れています。

 

皆さんは、皆さんがそれを回避する整然としたやり方を見付け出すことができないこれほど膨大な物事に突き当たるまで、そういった発想や思考パターンから、皆さんの世界を形作ろうとします。

 

そしてその時、皆さんの確実性、皆さんの信念や思考パターンのすべてが、押し流されます。

 

皆さんは、ひとつの深い穴に転落します。

 

そしてこれは、圧倒的な量の怖れを噴き出すことがあります。

 

 

また皆さんは、これを魂の闇夜と呼ぶこともできます。

 

そしてそれは、身の毛がよだつひとつの経験です。

 

それと同時に、皆さんが開放的になり、もはや皆さんは正しいやり方を認識しないことを自覚する可能性があります。

 

そしてその時、皆さんのある部分は諦める一方で、別の部分は開放的になります。

 

諦める部分は防御的で抵抗する部分であり、それはいつもさらに良く認識していると考え、性急で、あらゆる種類の人生に起因する物事を望み、要求します。

 

その部分は、しばしばひとつの危機の中で消え去ります。

 

そしてもしも皆さんが敢えてその部分を消し去るなら、その光は内部で輝き始めることができます。

 

皆さんはここで、ひとつの危機の経験、あまりにも多すぎて消化できない物事もまた、その光に対するひとつの開放性のための潜在能力を持つことを、確認することができます。

 

しかし、それは非常に強烈な経験です。

 

何故なら、その消え去る部分は消え去ることを望まず、しがみ付くことを望み-そのため抵抗するからです。

 

 

わたしは皆さんに、皆さんの光に反対し、一般的にその光に抗う、皆さんの中のその部分を思い起こすことを求めます:皆さんを通して淀みなく流れることを望む、大宇宙の光です。

 

皆さんの中の何かが、その可能性に対してそれ自体を護ることを望みます。

 

そのため、皆さんを通して、皆さんの身体のすべての部分を通して簡単にそして自由に流れて世界に出て行くその光を思い描くようにわたし達が皆さんに求める時、できればその躊躇いを感じてください。

 

この心象は皆さんの中で何を呼び起こしますか?

 

皆さんは、その可能性を認めることができますか?

 

皆さんは、それはいつも可能であると感じますか?

 

あるいは、皆さんの中に皆さんが護り庇うことを望む何かがあるでしょうか?

 

そして、その保護的な部分に目を向けて、ひとつの防御として皆さんの前にあるそれを、確認してください。

 

皆さん自身に、何故わたしにはこの防御が必要なのか?、と尋ねてください。

 

この防御性を深刻に受け止めてください。

 

何故なら、皆さんの中に、この防御を所定の位置に置くことを必要とする何かがあるからです。

 

その防御はいつもひとつの目的を持つため、皆さんの中のその部分を尊重してください。

 

それは、皆さんの非常に脆弱な部分を保護しようとしてそこにあります。

 

 

皆さんの中のどの部分が、その光を認めなくなるのでしょうか?

 

皆さんの中のどの部分が、余りにも多すぎて尋ねることができないもの、あるいは身の毛がよだつもの、あるいはさらに危険なものとして、それを経験するのでしょうか?

 

そして、皆さんがひとりの子供だと考えて、この部分に穏やかに近付いてください。

 

失望してしまったひとりの子供、その生命のエネルギーを内側に向けてしまったひとりの子供として、それを理解してください。

 

とても穏やかにこの子供に近付いて、そしてその美しい姿を確認してください。

 

それは、極端な脆弱性と防御性さえ携えながらも、依然として美しさを放ちます。

 

この子供の前に跪き、皆さんの寛容さと親切さでその子供を包み込んでください。

 

その子供が変わることを望むことなく、あるいはその子供に何も強要することを望むこともなく、穏やかな容認で跪いてください。

 

寛いだやり方で、この子供と一緒に静かに腰を下ろして、そして、皆さんがその防御の場所を引き受けることができる姿を感じてください。

 

今に至るまで、その子供は皆さんと外部の世界の間にあるこの防御的な障壁によって守られてきましたが、しかしこの盾もまた、皆さんと皆さんの最も深い感覚の間にあるひとつの障壁です。

 

 

皆さんがこの盾がある場所を引き受けることができるかどうかを、その子供に尋ねてください。

 

その子供に単純に尋ねてください:あなたはわたしがあなたの面倒を見ることを許しますか?それであなたは大丈夫ですか?

 

誠実にそして率直に尋ねてください:わたしはあなたを充分に守っていますか?。そしてその子供に自由に話をさせてください。

 

もしかするとその子供は、こう話すかもしれません:ちがう、わたしはちっとも安全じゃない、わたしは怖い

 

その子供が必要とするもの、あるいは、その子供に安全だと感じさせるために皆さんができることを、尋ねてください。

 

これを行うために時間を掛けてください。

 

何故なら、皆さんは、何度も繰り返し、皆さんの内面の子供とこの会話をする機会を持つことができるからです。

 

それはひとりの生きている存在であり、沢山の愛を持ち運び、そのため与えることができる沢山の愛を持つ、皆さんの一部です。

 

しかし、その子供は地上で安全だと感じるべきであり、それが皆さんの穏やかさと誠実さが必要になる理由です。

 

 

皆さんが皆さんの内面の子供を保護し護ろうとして防御の障壁、盾を設定してしまった時、皆さんは、もはや意識的にその子供と結び付いていません;その子供は、皆さんから隠れてしまいます。

 

皆さんは、例えば守勢から突き進むか、あるいは皆さんの人生の特定の時期に閉じ籠ります。

 

そして皆さんは、これが起こっている理由を認識しません。

 

皆さんは、怒り、あるいは失望し、あるいは落胆することがあります。

 

そしてこれは起こる時、その理由は、皆さんとその内面の子供との間で、機械的に反応するパターンが作動するからです。

 

この皆さんの内部の脆弱な子供との結び付きを新たにして、何度も繰り返し会話を始めることによって、皆さんは徐々にこうした機械的な反応のパターンを解消するひとつの方法-防御的な障壁-を見付け出すことができますが、しかしそれは、皆さん側の我慢強さと穏やかさが必要になります。

 

そしてその子供は、皆さんが、皆さんのこの脆弱な部分は回避または克服しなければならない障壁ではなく、そして排除すべきものではないことを非常に深く理解することを求めます。

 

 

それは、その子供を理解と愛で包み込むことによって、この子供を経由して、皆さんが成長することを、そして次に、キリストの光が皆さんの中で目覚めることを、意図しています。

 

堅苦しい発想や断定的判断や信念、そして永遠に皆さんが必要だと考えるもののために永遠に勉め格闘する状況は、消え去ります。

 

その代わりに、今皆さんの中には、配慮と驚きを通して何度も繰り返し皆さん自身を満足させようとする、積極性と開放性があります。

 

皆さんが驚くのは、既に皆さんが必要とするものと皆さんにとって良いものを認識していると考えることに対してではなく、皆さんは、敢えて皆さんの内面の子供の答えに対して、驚きます。

 

 

これが皆さんの道筋です。

 

何故なら、その魂は人間の経験から学ぶものを手にするからです。

 

時に皆さんは、天国を、魂がそこに属する世界を、ひとつの完璧な世界として、しかしまた皆さんが今まで追放されていたひとつの場所として、理解します。

 

その時皆さんは、不完全でしばしば異質な世界、これほど数多くの情緒が皆さんを押し潰す地球の中で生き残ることを強いられました。

 

そしてこれは、ひとつの罰のように感じます。

 

しかしそこから皆さんが現れた領域、魂が属する世界もまた、いずれも完璧ではありません。

 

本質的なことはそこで見失われます。

 

そして今まで皆さんがいつも転生に向けて確信に基づく賭けを選択してきたのは、これがその理由です。

 

それは生命それ自体-特に地球上で可能な-この手探りの探求、この深く強烈な経験の方法であり、それを通して、皆さんの理解、皆さんの我慢強さ、洞察力、そして思いやりは、深く実質的なものになります。

 

それが、地上の人生の霊的な意味です。

 

皆さんがここで経験することができる完璧さの一瞥-しばしば簡素な瞬間の中か、あるいは洞察力を通して、あるいは純粋な楽しみと美しさというひとつの経験の中で-そういった一瞥は、単純に天の数々の領域の中で何年もの間陶酔した状態でいるよりも、さらに多くの重みを携えます。

 

 

より少ない抵抗とより少ない起伏で調和した雰囲気の中にいることは、確かに素晴らしいことです。

 

そして皆さんは、それを切に望みます。

 

しかし、地上の人生の、今皆さんが経験しているものの美しさと深い霊的な価値を、否定しないでください。

 

皆さんが数々の光の領域に向けてここで体験するその経験、その叡智、そして突破口を、受け止めてください。

 

それでそういった領域は、これからはそのおかげでさらに多くの実質とさらに多くの活き活きとした特性を獲得することになるでしょう。

 

地球の領域と反対側にある領域の間には、継続する交流があります。

 

皆さん自身の人生を、価値あるものとして宝物にしてください。

 

皆さんは勇敢であり;皆さんは力強く活動し;そのように皆さん自身の光を認めてください。

 

 

わたしは、ここでわたし達が一緒にいることを楽しみます。

 

わたしがここにいる時、たとえわたしがひとつの身体の中にはいないとしても、わたしは幾つかの小さなやり方で人間になります。

 

そしてわたしはもう一度、人間でいることの意味を、その通り、その重荷を、しかしまた、明るさ、友情、そして団結の瞬間を、思い出します。

 

それは魂に深く触れます。

 

地上で築き上げられた友情の絆は、魂と一緒のままであり、自分達の努力を永遠に続けます。

 

そのため、地上の人生は、貴重なものです。

 

 

わたしは、一緒に居ることに対してすべての皆さんに感謝し、そしてわたしのこころから、ひとりひとりの皆さんに挨拶を送ります。



Translation by Maria Baes and Frank Tehan.
» Source – Channel: Pamela Kribbe

http://sananda.website/sananda-via-pamela-kribbe/










翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

サナンダ:2017年6月22日、木曜日 [サナンダ・クマラ]

 

サナンダ

Sananda

 

 

2017622日、木曜日

Thursday June 22, 2017

 

 

 

June 22, 2017

 

アン・ダールバーグ経由

Channel: Ann Dahlberg

 

Sananda

Thursday June 22, 2017

Channel: Ann Dahlberg

 

 

 

わたしはサナンダ、わたしは今日、近付いている新しい時代のための道を整えるために現れています-地上の最愛なる子供達、皆さんの足下にある、新しい時代です。

 

皆さんの夢をしっかりとつかんで、それが実現されている物事を引き受けることは、皆さんに委ねられています。

 

もしもその夢が充分に強く、活き活きとしているなら、それは、まさに僅かな瞬間の内に明らかになるでしょう。

 

大きな塊が動き始めているように、今重視されるものは、一瞬の間のことに過ぎません。そしてその時わたしが指していることは、人々が光に向かって移動していることです。

 

その光は、まさに今の皆さんのように、ひとつの運動です。

 

あらゆる物事は、ひとつの方向に、あるいは別の方向に動いています。

 

まさに今、壮大な運動が光に有利に働いています。

 

数多くの仲間達が、その光のために柔軟になり、広がっています。

 

 

それが今、皆さんの地球の上で強力に輝き、あらゆる人に影響を与えます。

 

より一層多くの人々が、その顔を光に向けて、その光が自分達のこころに降り注ぐようにしています。

 

より一層多くの人々が、自分達が暮らしている幻影的な世界の中で、真実を探し求めています。

 

真実を見付け出すためには、人は、その透明で純粋な光がそこで輝く時に、自分のこころの中の光を見付け出すことが必要になります。

 

その中で、また皆さんは皆さんの正真正銘の自己に、そして前進するために皆さんが必要とする勇気に、気付くことになるでしょう。

 

 

毎日ほんの少しの間、皆さん自身で一時的に立ち止まってください。

 

それで皆さんは、そこに佇む静けさと真実に気付くことになるでしょう。

 

今は、これを外部に明らかにして、前進を続ける時です-新しい世界が皆さんの到着を待ち続けています。

 

今、風は既にその向きを変え、ただ温かく柔らかな風だけが吹いています。

 

既に強い向かい風は弱まり、もはや皆さんの努力を阻むことはできません。

 

今は効力を持つ言葉通り進む時であり... わたし達すべてが待ち続けているのは、まさに皆さんです。

 

わたし達が今地球の周りで聞くことを望む響きは、皆さんの光と歓びです。

 

 

地上の子供達、その光が今ここにあります。

 

それが皆さんを満たすようにしてください。

 

壮大な移行が始まることができるよう、その光が皆さんに力を与えるようにして、その光が皆さんに勇気を与えるようにしてください-皆さんの内部と外側の世界で起こっている移行です。

 

あらゆる人が変えられています。

 

周りに目を向けて、その変化が今ここにあることを確認し、感じてください。

 

その通り、太陽、大気、そして地球でさえ、それを感じることができます。

 

草原の中を裸足で走り、皆さんの周りの諸元素からそのエネルギーを受け取ってください。

 

もしも皆さんがそれを許すなら、それは直接皆さんの身体に向かうことになるでしょう。

 

そこでそのエネルギーは、そのエネルギーが携えて運ぶその光で、あらゆる細胞を満たすことになるでしょう。

 

これが、皆さんの身体の中に隠されているすべての光を目覚めさせます。

 

それは皆さんの身体の中で生きるあらゆる物事に、今は目覚める時であることを伝えます。

 

今は、その光がその白雪姫の夢から目覚めて、明らかになる時です。

 

わたし達の地球上で生きているすべての物事がそのまどろみから目覚める-その真実と光に目覚める、その時が、今です。

 

地球はそれ自体の光に向かう道の途中にあり、そして深く眠りに就いている人々のための突然の目覚めになることができます。

 

 

皆さん自身で休む時を見付け出してください。

 

外の広がりの中にいる時間を見付け出してください。

 

皆さんの周りにあるあらゆる物事からの光を感じ、経験するための時間を、見付け出してください。

 

今はその時であり、皆さんはこれ以上待つことはできません-その最初の一歩が今であるべきです。

 

立ち止まり、一息吐いて、皆さんの周りのすべてで振動するその光を感じることが、大切です。

 

その光は今、皆さんを探し求めます。

 

そのため、こころを開いて、その光と愛を皆さんの人生へと招いてください。

 

一度皆さんがそうしてしまえば、物事はひとつの舞踏のようになるでしょう。

 

今、抵抗は小さくなり、愛は大幅に振動します-その旅は、皆さんが考えるよりもさらに簡単になるでしょう。

 

躊躇うことなく、皆さん自身と出会ってください-今後皆さんは、そこで沢山の愛に気付くことになるでしょう。

 

愛は今、数多くの愛に溢れた導きと存在という形で、皆さんの周りのすべてにあります。

 

 

愛に溢れた世界が、扉の前に立っています。

 

そしてすべての皆さんが、そこに入る能力を持ちます。

 

皆さんは何を待っているのでしょうか?

 

その扉は開いていて、わたし達は皆さんを待ち続けています。

 

皆さんは想像と理解を遥かに超えて愛されています。

 

そのため、皆さんは怖れる必要はありません。

 

皆さんは本当にとても大切にされ、愛されています。

 

そのため、怖れるものは、何ひとつありません。

 

皆さんは、皆さんがただ光と愛だけが存在する愛に溢れたひとつの世界に入る際に、安心して静かでいることができます。

 

 

わたしは、皆さんを受け止める準備が整っています。

 

わたしの両腕は広がり、愛で溢れています。

 

わたしは今、皆さんに愛と勇気を送り続けています。

 

それでこれから皆さんは、光に向けて大胆に最後の一歩を踏み出すことになるでしょう。

 

 

愛を込めて、

Lovingly,

 

 

サナンダ

Sananda



Translator from Swedish to English: Per Staffan
Source: www.sananda.website

The messages posted on www.sananda.website can freely be posted by other Lightworkers with the proper recognition of the channel and the translator as well as the website source.

http://sananda.website/sananda-via-ann-dahlberg-june-22nd-2017/







翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 

評議会 : 招待 [評議会]


評議会
The Council



招待
The Invitation




June 22, 2017
The Council  The Invitation


 

今まで皆さんは、皆さんの自己をそのパーティーに招待することを検討したことがありますか?

 

もしも彼または彼女が今回の生涯を皆さんと同じように生きていたとすれば、皆さんはそれがどのようなものになると考えますか?

 

偵察船に拘束されたある種の記憶として皆さんをこの場に居させる代わりに、皆さんのさらに高い自己が皆さんの目を通して外を見ていて、皆さんが確認していた物事のすべてを創り出していたとすれば、どうなるでしょうか?

 

皆さんがその過程の中で何ひとつ失うことなく、その代わりにあらゆる生涯の間に皆さんの魂が事実通り飢えていたすべての物事を獲得していたとすれば、どうなるでしょうか?

 

 

ここに存在しない、現実性の中で皆さんから離れていない、皆さんが遭遇するすべての経験によって豊かになる皆さんという存在の巨大な部分があることを、皆さんは実際に理解しているでしょうか?

 

 

皆さんはこの瞬間に何をしているでしょうか-もしも皆さんが彼または彼女だったとすれば、皆さんはそれをどのように行っているでしょうか?

 

皆さんはどのように感じているでしょうか?

 

皆さんは何を確認しようとするでしょうか?

 

もしも皆さんがその本質の中でそれを確認することができたとすれば、皆さんが皆さんの周りで観察する物事は、どのように見えるでしょうか?

 

 

こうした質問は、その瞬間には風変わりなものに見えるかもしれません。

 

しかしわたし達は、もしも皆さんが次元上昇と呼ぶ道筋を昇っているとすれば、皆さんの近い未来の中で、その質問はそれほど風変わりに見えるようにはならないことはないことを、皆さんが理解することを望みます。

 

しかしわたし達は、皆さんと皆さんの現実性は、現実性ではない、と皆さんに伝えます。

 

そして皆さんの経験がその無限の真実の中の現実性の認識である時、それは、現時点でそして皆さんの現在の視点から皆さんが思い描くことができるものとは、かなり異なるものになるでしょう。

 

 

わたし達が皆さんに数々の変化について伝える時、数多くの皆さんが、それはそれほど直ぐに起こることはあり得ない、と話します。

 

そして、相も変わらず、皆さんは、皆さんの環境に対する変化を考えています。

 

しかしわたし達は、集団的に皆さんが行わない限りそして行うまで、皆さんが確認する環境は事実通り変わることはない、と説明するために、数多くの事例でかなり苦労しています。

 

それは、皆さんの意識状態を踏まえて創り出されます。

 

それは今までいつも正しかったことであり、これからも当てはまることになるでしょう。

 

 

今、皆さんは誰も変えることはできません。本当に?

 

皆さんは誰を変えることができますか?

 

そして次に、百万ドルの質問として、皆さんはどのように変わることができますか?

 

わたし達は、皆さんにひとつの秘密を伝えることにしましょう。

 

それはわたし達が隠してきた秘密ではありませんが、しかしそれにもかかわらず、それは、皆さんから隠されてきました。

 

 

その原因となる段階、あらゆる物事を変えてきたその段階は、既に行われています。

 

人類である皆さんは、既に今後皆さんが世界を変えることを、決断しています。その変化は迅速で避けられないものでした。

 

それはただ、身体の中にいる皆さんが、皆さんの意識の中でひとつの転換点に到達し、それが結果として皆さんの世界が今まで目撃した中で最も大きな変化になる、という事態のままです。

 

 

素晴らしい!と皆さんは話します。

 

しかしその時、わたしは何ができるのか?

 

 

さて、皆さんは、わたし達が上で話した招待状を作ることができます。

 

何故なら、わたし達が話したことは、次元上昇の定義そのものになるからです。

 

たとえただ意図と誠意ではいと話すことによることだけだとしても、その招待状を作ってください。

 

行うべき沢山の物事があります。

 

しかし皆さんがする必要があるのは、それが起こることを認めることだけです。

 

そして皆さんは、皆さんが実際にその最後の結果を確認し始めることさえできない時にそれを糾弾する代わりに、おそらくそれが起こる時に変化を歓迎することを望むことができます。

 

結局のところ、皆さんがひとつのオムレツを作っている時、皆さんは、嗚呼、この馬鹿卵が壊れた、と話すことはありません。




There are two published books available on Amazon that contain the collected messages received by Ron Head (that’s me). The first is The Wisdom of Michael, available HERE, and the second is It Rings True, available HERE. A third book is being compiled now.

Copyright [コピーライト] Ronald Head. All Rights Reserved. You may copy and redistribute this material so long as you do not alter it in any way, the content remains complete, and you include this copyright notice and link:http://ronahead.com/

http://ronahead.com/2017/06/22/the-council-the-invitation/










翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

コメント(0) 
前の10件 | -